池田清彦のおすすめランキング

池田清彦のおすすめランキングのアイテム一覧

池田清彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『構造主義生物学とは何か―多元主義による世界解読の試み』や『ほんとうの環境白書 3・11後の地球で起きていること (単行本)』や『正しく生きるとはどういうことか―自分の欲望を上手に解放するための22章 (新潮OH!文庫)』など池田清彦の全210作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

構造主義生物学とは何か―多元主義による世界解読の試み

25
3.50

感想・レビュー

現代思想に多大な影響を与えたソシュールの言語学を下敷きにして、科学を物質と物質の関係性の記述として構築するというラディカルな構想を提案されている。私は、科... もっと読む

ほんとうの環境白書 3・11後の地球で起きていること (単行本)

25
3.29
池田清彦 2013年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はっきりと主張がある人の本を読むことで、刺激を得て、いろいろと考えることができる。それが、私の脳トレ。環境について著者の考えが述べられているが、賛同するも... もっと読む

正しく生きるとはどういうことか―自分の欲望を上手に解放するための22章 (新潮OH!文庫)

24
3.10
池田清彦 2001年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 つまり、リバタリアニズムについて解説しているらしい。基本姿勢は「人間は好き勝手にやればいい、私の知ったことではない」という感じで痛快でさえあるのだが、し... もっと読む

ゼフィルスの卵

24
2.78
池田清彦 2007年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

虫好きの池田清彦さんの面目躍如。虫好きの人は必読。虫以外のことも辛辣に書いている。 もっと読む

生命の形式―同一性と時間 (哲学文庫―叢書=生命の哲学)

24
3.63
池田清彦 2002年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ポパーさんの世界1、世界2、世界3を使って、自然界と意識と表現における同一性と時間の関係をつめてみようと書かれた本だそうである。 時間というのはわけわか... もっと読む

初歩から学ぶ生物学 (角川選書 (357))

24
3.17
池田清彦 2003年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大変読みやかった。私のように、大学受験以降生物の勉強が止まってしまってる人もいるだろう。そんな人におすすめです。しかし、生物学の世界もよくわかってないとこ... もっと読む

ナマケモノはなぜ「怠け者」なのか: 最新生物学の「ウソ」と「ホント」 (新潮文庫)

24
3.83
池田清彦 2017年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夕刊フジに2013年~2015年にかけて連載されたサイエンスエッセー「池田教授の今宵学べる生物学」を中心に、100本のエッセーを収録。 昆虫好きの著... もっと読む

ほどほどのすすめ ―強すぎ・大きすぎは滅びへの道

23
3.75
池田清彦 2018年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1947年生まれの生物学者が「ほどほど」の生き方を勧める。今の社会の流れが無理をしながら資本主義、グローバル化を進め、格差が広がリ、社会に矛盾ができている... もっと読む

ぼくは虫ばかり採っていた ―生き物のマイナーな普遍を求めて―

19
4.50
池田清彦 2018年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近の生物学ってこんな風なのか というのを知るのは とても楽しい読書でした クローンの話も とても斬新でした こういう話って 自分が学生時代から ... もっと読む

虫の目で人の世を見る―構造主義生物学外伝 (平凡社新書)

18
3.57
池田清彦 1999年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 非常に楽しく、そして昭和のノスタルジーを感じさせてほのぼのホロッとさせる虫採り(主にカミキリムシ)エッセイ。  テレビで拝見するオジサンぷりからは想像も... もっと読む

楽しく生きるのに努力はいらない―元気がわき出る50のヒント

17
3.00
池田清彦 1999年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分を行動規範を会社や他人に決めてもらっているうちは、人は真に楽しく生きることはできない。 できる範囲内で人生を楽しもう。 どんな場合でもみらいの選択... もっと読む

現代思想2010年7月号 特集=免疫の意味論 多田富雄の仕事

17
4.50
多田富雄 2010年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

多田富雄氏の免疫系の考え方が知りたくて購入した。だか、あくまでもこの号の特集は追悼・多田富雄なので、多田富雄氏の思想や考え方より関係者の追悼文が多く氏少し... もっと読む

がんばらない生き方 (中経の文庫)

17
3.75
池田清彦 2012年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まだ読んでいる途中だけれど、・・・ この著者の文章は、「ですます調」と「である調」が入り乱れていて、読みづらい。 というか、文章力に乏しい気がする。 ... もっと読む

ほんとうのエネルギー問題

14
2.50
池田清彦 2008年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

池田氏の夕学五十講(2008年12月9日)でセミナーを聞いてきました。,温暖化問題懐疑派で、ファンも結構いらっしゃる方のようです。,理論生物学に裏打ちされ... もっと読む

構造主義科学論の冒険 (知における冒険シリーズ)

14
3.60
池田清彦 1990年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

科学構造主義の入門として最適 もっと読む
全210アイテム中 81 - 100件を表示
ツイートする