池田賢市の新刊情報

プロフィール

1962年、東京都足立区生まれ。中央大学文学部教員。共生や人権をめぐる諸課題について研究。専門は、フランスにおける移民の子どもおよび障害児への教育政策。著書に『フランスの移民と学校教育』(単著、明石書店、2001年)、『教育格差』(共編著、現代書館、2006年)他。

「2018年 『「特別の教科 道徳」ってなんだ?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田賢市の新刊情報のアイテム一覧

池田賢市の新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2020年4月24日発売『能力2040 AI時代に人間する』や2019年4月15日発売『学校がゆがめる子どもの心「道徳」教科化の問題点 (社会運動 No.434)』や2018年7月1日発売『主権者はつくられる』など池田賢市の全8作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

主権者はつくられる

2
桜井智恵子 2018年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東2法経図・6F開架 375.3A/I32s//K もっと読む

「特別の教科 道徳」ってなんだ?: 子どもの内面に介入しない授業・評価の実践例

11
4.00
宮澤弘道 2018年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「特別の教科 道徳」が本格的に始まった。 現場の実感としては、「評価も増えて面倒だ」「仕事量が増えた」といったネガティブな意見はあるが、本書に書かれている... もっと読む
全8アイテム中 1 - 8件を表示
ツイートする
×