沢木耕太郎のおすすめランキング

沢木耕太郎のおすすめランキングのアイテム一覧

沢木耕太郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『天涯 1 鳥は舞い 光は流れ (集英社文庫)』や『路上の視野〈3〉地図を燃やす (文春文庫)』や『地の漂流者たち (文春文庫 209-3)』など沢木耕太郎の全221作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

路上の視野〈3〉地図を燃やす (文春文庫)

126
3.50
沢木耕太郎 1987年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ルポライターとしての彼、そして旅人としての彼について“キラキラと輝くフラグメントを集めた”エッセイ集。少年期に読書記録をつける友人を見て、自分にはそんなマ... もっと読む

地の漂流者たち (文春文庫 209-3)

123
3.47
沢木耕太郎 1979年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あとがきを読むと沢木耕太郎が22〜23歳頃に執筆した初期のルポルタージュらしい。 1970年代前半の復帰前の沖縄の様子、公害問題に悩む都市など今となって... もっと読む

路上の視野〈1〉紙のライオン (文春文庫)

123
3.43
沢木耕太郎 1987年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者紹介によると、沢木耕太郎は“ノンフィクション作家”らしい。が、本作を読み進めると“ルポライター”なのだろうと感じる。 細かい違いは不明なので、感覚的に... もっと読む

キャパへの追走

120
3.58
沢木耕太郎 2015年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沢木耕太郎がキャパが撮った写真の場所を訪ね、同じ構図で写真を撮り比べてみたい、として文藝春秋に長期に渡り連載されたものに、新しい写真を加えてまとめたもの。... もっと読む

深夜特急 全6巻セット 文庫本

116
4.55

感想・レビュー

大学生の時、先輩にすすめられた読んだ本。 「めっちゃ面白かったから!!」とかなりの熱気だった。 かつて私は旅行に全く興味なく、周りはバイトしたお金なんか... もっと読む

246

113
3.57
沢木耕太郎 2007年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「深夜特急」を、寝不足も忘れて読みすすんだのは20年程前。地図帳片手に、一緒にユーラシアを脳内旅行しました。「246」は、深夜特急を書いていたころの沢木さ... もっと読む

激しく倒れよ (沢木耕太郎ノンフィクション)

113
3.65
沢木耕太郎 2002年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

激しく「燃える」や「戦う」ではなく、倒れよ、なのがいい。ほとんどの物語は、勝利ではなく、倒れるのが結末だ。勝利だけが礼賛されすぎている。 もっと読む

流星ひとつ (新潮文庫)

113
3.90
沢木耕太郎 2016年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30代前半の僕にとって藤圭子は、宇多田ヒカルの母親という認識以上のものは無く、この本を読むまではどのような歌を歌っていたのかすら知らなかった。 1970年... もっと読む

馬車は走る (文春文庫)

109
3.47
沢木耕太郎 1989年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分が少しでも知っている人物を扱った作品のほうが面白い。 特に面白かったのは石原慎太郎の都知事選を描いた「シジフォスの四十日」。 TVを通じて感じる彼... もっと読む

若き実力者たち (文春文庫)

105
3.51
沢木耕太郎 1979年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

凄い本を読んでしまった! 尾崎将司、唐十郎、河野洋平、秋田秋大、安達トウ子、畑正憲、中原誠、黒田征太郎、山田洋次、堀江謙一、市川海老蔵(先代)、小沢征爾... もっと読む

不思議の果実―象が空を〈2〉 (文春文庫)

105
3.31
沢木耕太郎 2000年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「会う」と「見る」に焦点をあてた軽めの作品集。 著者としては珍しく非難めいた記述が目立つ気がするので、著者の別の作品を読んでいない人にはあまりお勧めしな... もっと読む

貧乏だけど贅沢

105
3.40
沢木耕太郎 1999年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沢木耕太郎さんの対談集。生き方がかっこいい大人の男のひと達がお酒飲みながら楽しそうに話しているのを横で訊かせてもらっているような気になりました。博打と旅と... もっと読む

新装版 若き実力者たち (文春文庫)

105
3.67
沢木耕太郎 2011年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沢木耕太郎が40年以上前に当時の若手のキレ者的な人々について書いたもの。世に出てきた頃の沢木さんの筆力を感じるのも面白い。さすがに随所で若さを感じる。自ら... もっと読む

深夜特急2―マレー半島・シンガポール―(新潮文庫)

104
3.91
沢木耕太郎 電子書籍 1994年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

マレー半島・シンガポール編。地元の人や売春婦との交流など微笑ましい。 もっと読む

有名であれ無名であれ (沢木耕太郎ノンフィクション)

103
3.47
沢木耕太郎 2002年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ノンフィクション」全集2冊目は人物(短篇)。『若き実力者たち』、『馬車は走る』等からの作品です。特に堀江謙一を扱った「人魚が死んだ」、ムツゴロウさんこと... もっと読む

路上の視野〈2〉ペーパーナイフ (文春文庫)

97
3.32
沢木耕太郎 1987年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

80年代の記録として、貴重な書評集。思えば9割以上が時代の藻屑となった。 もっと読む

沢木耕太郎ノンフィクション 4

95
3.86
沢木耕太郎 2003年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沢木耕太郎の描写は本当に旅の想像力を描き立ててくれる。 初めての町に到着して、ホテルにチェックインし、周囲を目的もなく歩き始めて、安くておいしい食べ物やを... もっと読む

イルカと墜落

93
3.32
沢木耕太郎 2002年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブラジルで乗っていたセスナが墜落。まさに危機一髪の体験をした著者。それでも、半ばおいしい体験とばかりに、淡々と客観的に書いているのがいかにも沢木氏らしい。 もっと読む

シネマと書店とスタジアム

87
3.34
沢木耕太郎 2002年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本と映画とスポーツの話 スポーツは2002W杯と冬季長野五輪 もっと読む
全221アイテム中 61 - 80件を表示

沢木耕太郎に関連する談話室の質問

ツイートする