沢村貞子のおすすめランキング

プロフィール

1908年(明治41年)東京・浅草生まれ。女優・エッセイスト。本名大橋貞子。日本女子大学在学中に新築地劇団に参加。前衛演劇運動に加わって投獄を経験する。34年、日活太秦現代劇部に入社、映画女優としてデビュー。小津安二郎監督作品をはじめとした映画、舞台、テレビで名脇役として活躍した。生涯で出演した映画は100本以上。78年には、半生をとりあげたNHK連続テレビ小説「おていちゃん」が放送された。89年に女優を引退。文筆業にも長け、77年『私の浅草』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。ほか『貝のうた』『わたしの台所』『わたしの献立日記』など著書多数。96年(平成8年)没。

「2021年 『沢村貞子の献立 料理・飯島奈美2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沢村貞子のおすすめランキングのアイテム一覧

沢村貞子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アンソロジー お弁当。』や『わたしの献立日記 (中公文庫)』や『わたしの台所 (光文社文庫)』など沢村貞子の全70作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アンソロジー お弁当。

646
3.52
武田百合子 2013年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここ数年、テレビや新聞で食育の大切さを説くニュースや記事を目にする機会が多い。 そのたびに、「なんでぇ、子育てってのは両親揃ってするもんだろ。母の手作り... もっと読む

わたしの献立日記 (中公文庫)

541
3.92
沢村貞子 2012年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

愛してやまない1冊です。 残業の帰り道、この1冊にどれ程心を癒されたことか。 献立日記の名の通り、本書の大半は著者が26年間綴り続けた献立が載っていま... もっと読む

わたしの台所 (光文社文庫)

406
4.04
沢村貞子 2006年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

完璧、 女優でありながら、とにかくすごい ここまで春、夏、秋、冬と季節を愛し 料理を愛し、生き方として最高 頭が上がらない。 鏡、お手本、 普通ここまでで... もっと読む

ひんやりと、甘味 (おいしい文藝)

327
3.34
阿川佐和子 2015年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アンソロジーは本当は苦手だ。まったく頭に入らず眠くなってしまう。 でも、こうも毎日暑いと、本にもひんやりさを求めてしまった。 「おいしい文藝」は他にも... もっと読む

わたしの献立日記 (新潮文庫)

184
3.73
沢村貞子 1997年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館から借りました  日記。エッセイ。献立本。  何を食べたかの防備録。  食に関するエッセイ。  最初は夜ご飯だけ書いていたのだが... もっと読む

私の浅草 (暮しの手帖エッセイライブラリー)

165
4.04
沢村貞子 2010年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「江戸」と「東京」とがせめぎあう、さながら汽水湖のような1920年代の浅草。その浅草に生きる人々の暮らしを、ひとりの少女の目を通して活写した素晴らしいエッ... もっと読む

私の台所

87
4.00
沢村貞子 2010年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

“キビシイお姑さん”の印象がある女優さんのエッセイ。 華やかなお仕事でありながら毎日をきちんと。 家事はどこまでも永遠で報われないように感じることがあ... もっと読む

私の浅草 (新潮文庫)

65
3.96

感想・レビュー

1996年に亡くなった役者・沢村貞子が、生まれ育った浅草の風物、 家族の思い出等、下町の暮らしを綴ったエッセイである。 なんだろう、この人の文章の... もっと読む

わたしの茶の間 新装版 (光文社文庫)

64
4.44
沢村貞子 2017年8月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大好きな作家さんの文庫が 新装版で出た時は 再読(再再読)のチャンスですよね 沢村貞子さんのエッセイを読んだあとに 「男はつらいよ」を楽しむ ... もっと読む

老いの楽しみ (ちくま文庫)

62
4.00
沢村貞子 2014年8月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ①かぞえ19で昭和を迎えた乙女は、いま、満80歳の老女になった ②最近の社会で一番いやなこと、恥ずかしいという気持ちをなくした人が多いこと。男も女も偉い... もっと読む

寄り添って老後 (ちくま文庫)

56
3.62
沢村貞子 2006年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

林真理子「20代に読みたい名作」で紹介されていた一冊。 内容は、老いを感じながら生きていく元女優の生活について。 「老い」というと暗く感じるが、彼女の... もっと読む

わたしの茶の間

55
4.07
沢村貞子 2011年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生き方は本当にかっこいい。だけどたまに若者へのただの愚痴みたいなときがある。まあそれもまた一部なんだろう。 こういうふうに生きていきたいよなー。心がけと... もっと読む

私の台所

52
4.17

感想・レビュー

私はナマケモノの主婦だけど、ついついこの本に手がのびる。さっさか掃除をして、家事や仕事を小気味よくこなす沢村さんに、「そんなことじゃだめだよ!」って言われ... もっと読む

わたしの脇役人生 (新潮文庫)

49
4.00

感想・レビュー

2017.1月。 ああ。かっこいい凛として潔ぎよくて粋で筋が通って芯があって。ファンになりました。追いかけよう。心にしまっておこう。 もっと読む

老いの道づれ―二人で歩いた五十年

48
3.76
沢村貞子 1995年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

191115*読了 美容院で読んだダ・ヴィンチで紹介されていて、心に引っかかるものがあり、図書館で借りて読みました。 旦那さんが亡くなって、貞子さんが旦那... もっと読む

精選女性随筆集 第十二巻 石井好子 沢村貞子

43
4.57
石井好子 2012年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

確かに波瀾万丈。それゆえに、読んでいて面白い。 もっと読む

わたしの献立日記

39
3.18

感想・レビュー

料理についての豆知識が得られた本。 少し手間をかけると、美味しく健康にいられそうだと感じてます。 もっと読む

貝のうた (新潮文庫)

37
4.00

感想・レビュー

『沢村貞子の献立日記』 (とんぼの本)に高橋みどりが解説をかくなど、沢村貞子のリバイバルブームであるらしい。『私の浅草』に代表される、沢村の書くものにはつ... もっと読む

老いの楽しみ

32
3.60
沢村貞子 1993年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館。トットちゃん!で沢村さんが出てきて、執筆シーンがあったので、彼女の著作を読みたくなって。 p120あたりの、沢村さんのお母様の「恥ずかしい」に対... もっと読む
全70アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×