河口慧海のおすすめランキング

河口慧海のおすすめランキングのアイテム一覧

河口慧海のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『チベット旅行記〈上〉 (白水uブックス)』や『チベット旅行記(1) (講談社学術文庫)』や『チベット旅行記〈下〉 (白水uブックス)』など河口慧海の全75作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

チベット旅行記〈上〉 (白水uブックス)

220
3.70
河口慧海 2004年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治30年代に、当時鎖国していたチベットに日本人として初めて入国した僧侶・河口慧海の旅行記。数年間にわたる、かなりの長旅になりますが、文章自体は現代語に直... もっと読む

チベット旅行記(1) (講談社学術文庫)

152
3.87
河口慧海 1978年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

チベットに伝わるという大乗仏典を求めて、当時外国人の入国を禁じていたチベットに単身で入国した著者の回想記です。第1巻では、明治1893年にそれまでの地位を... もっと読む

チベット旅行記〈下〉 (白水uブックス)

143
3.95
河口慧海 2004年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

下巻でやっとラサに到着。でも「やったー!着いたー!」みたいな感じじゃなくて、結構ぬるっとチベット入国しちゃってましたね(笑) ラサ到着後は比較的都会... もっと読む

チベット旅行記

95
4.25
河口慧海 電子書籍 2012年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Kindleの青空文庫もの。 こんなにハラハラ、ワクワクする内容は久しぶり。 もっと読む

チベット旅行記(2) (講談社学術文庫)

77
3.65
河口慧海 1978年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第2巻では、著者の高徳を慕うチベット人の女性から結婚を迫られ、その親戚の男たちに命を狙われたり、盗賊に持ち物を奪われるといった危機を乗り越えて、チベット第... もっと読む

チベット旅行記(3) (講談社学術文庫)

65
3.71
河口慧海 1978年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第3巻では、ラサで大学の試験を受け、学生として仏教を学び始めることになります。 ところが、腕が外れた小僧の骨接ぎをおこなったことから、著者が名医だと... もっと読む

チベット旅行記(5) (講談社学術文庫)

63
4.00
河口慧海 1978年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人であることが発覚した著者は、一人の従者を伴ってチベットからの脱出を試みます。途中、関所で足止めされる危機に見舞われながらも無事にインドにたどり着きま... もっと読む

チベット旅行記(4) (講談社学術文庫)

62
3.53
河口慧海 1978年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第4巻では、著者自身の目で確かめたことを中心に、チベットの文化、政治、宗教について紹介し、考察をおこなっています。 その後、チベットの大学で仏教の研... もっと読む

チベット旅行記(上) (講談社学術文庫)

33
4.33
河口慧海 2015年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016年9月14日 読み終わった。 明治時代に日本人として初めて チベットを訪れた河口慧海の旅行記。 もっと読む

チベット旅行記 抄 (中公文庫BIBLIO)

30
4.00
河口慧海 2004年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たいへんな野心家 ぶれない意志 だからこそ辿り着けた 今でも同じようにチベット入国する人たくさんいるのが面白い もっと読む

チベット旅行記(下) (講談社学術文庫)

23
4.33
河口慧海 2015年2月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

レビューは上巻で。 http://booklog.jp/users/pilvoj/archives/1/4062922789 もっと読む

第2回チベット旅行記 (講談社学術文庫)

17
3.17
河口慧海 1981年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1913年から14年にかけてなされた著者の第2回チベット旅行の記録です。 第1回のような冒険小説的なおもしろさはありませんが、チベットの地誌などにつ... もっと読む

チベット旅行記

12
2.67
河口慧海 1978年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

探検物語としても民族学としても面白い。慧海の人物像も面白い。時々チベット人を馬鹿にしている?と思う箇所もあるが、実際日本人には理解できない風俗も多いので、... もっと読む

チベット旅行記

5
4.00
河口慧海 電子書籍 新字新仮名 2011年10月7日 青空文庫で見る 青空文庫

感想・レビュー

大作だった。 明治時代にチベットを訪問しているというところからビックリ。 今までチベットについてあまり関心がなかったけど、とても興味が湧く内容だった。 もっと読む
全75アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする