河合香織のおすすめランキング

プロフィール

河合香織(かわい かおり)
1974年、岐阜県生まれのノンフィクション作家。神戸市外国語大学外国語学部ロシア学科卒。
2009年『ウスケボーイズ-日本ワインの革命児たち』で小学館ノンフィクション大賞を受賞。ほか、『セックスボランティア』『絶望に効くブックカフェ』などの作品がある。

河合香織のおすすめランキングのアイテム一覧

河合香織のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『セックスボランティア (新潮文庫)』や『セックスボランティア』や『絶望に効くブックカフェ (小学館文庫)』など河合香織の全18作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

セックスボランティア (新潮文庫)

958
3.39
河合香織 2006年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今まで全く考えてこなかったコトであり、衝撃を受けつつも、なんでこんな当たり前であり、人間の基本の欲望に近い性という問題について知らなかった、教えてもらえな... もっと読む

セックスボランティア

596
3.33
河合香織 2004年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 障害者の性について取材したルポルタージュ。かなり衝撃的な題材と言える。が、正直なところ、著者の力量が題材に比して不足してたと感じた。  著者の力不... もっと読む

絶望に効くブックカフェ (小学館文庫)

174
3.46
河合香織 2017年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

失ってなお、私の中に根を張る思い。 思い出になると思ったら甘かった。 執着ともちがう。ただ…。 いや、この先は書くまい。 ともかく、この本... もっと読む

帰りたくない―少女沖縄連れ去り事件 (新潮文庫)

150
3.63
河合香織 2010年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わたしはこの事件をよくおぼえている。つたえられたあらましがあまりに奇妙だったからだ。行方がわからなくなった、というのがたぶん第一報で、つれさられた、との続... もっと読む

選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子

118
3.82
河合香織 2018年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ダウン症の知り合いや、友人たちがいる。 彼ら彼女らが、この世にいなかったらと思うと恐ろしいとともに、つまらないと思う。 障がいがある子どもと生きることが... もっと読む

ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち

106
4.03
河合香織 2010年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

麻井宇介というワインコンサルタントの志を受け継いだ3人小布施ワイナリーの曽我、城戸ワイナリーの城戸、BEAU PAYSAGEの岡本が高級ワインは輸入、製造... もっと読む

誘拐逃避行―少女沖縄「連れ去り」事件

46
3.69
河合香織 2007年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誰もこの子を愛してあげられなかったのねってことが悲しい。 アビューズするばかりで。 書き方は比較的公平。 「誘った恐ろしい子」「淫婦」みたいにな... もっと読む

ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち (小学館文庫)

16
4.00
河合香織 2018年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ウスケボーイズ」 公開日:2018年10月20日 第16回小学館ノンフィクション大賞を受賞した河合香織の「ウスケボーイズ 日本ワインの革命児たち」を映画... もっと読む

選べなかった命 出生前診断の誤診で生まれた子 (文春e-book)

3
5.00
河合香織 電子書籍 2018年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

重い内容でした。出生前診断の誤診で生まれた子について,医師を訴えた夫婦を中心に,命の選別の是非,wrongful birth,wrongful life,... もっと読む

セックスボランティア(新潮文庫)

1
河合香織 電子書籍 2006年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何だかんだ言って「障害者と性」を語る上で外せない名著だろう。 もっと読む
全18アイテム中 1 - 18件を表示
ツイートする