沼正三のおすすめランキング

プロフィール

小説家。主にSM雑誌『奇譚クラブ』(きたん社、1983年廃刊)に連載された小説「家畜人ヤプー」で知られる。覆面作家であり、その正体には諸説あるが、現在は、三島由紀夫、倉田卓次、天野哲夫ら複数の人物が関わっていたとの説が有力視されている。

「2017年 『家畜人ヤプー Again』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沼正三のおすすめランキングのアイテム一覧

沼正三のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『家畜人ヤプー〈第1巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)』や『家畜人ヤプー〈第2巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)』や『家畜人ヤプー〈第3巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)』など沼正三の全122作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

家畜人ヤプー〈第1巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

1063
3.60
沼正三 1999年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3月20日、BOOKOFFで人を待ちながら次に読みたい本を物色?!していた所、地震警報が鳴り響き、あっという間に立っていられない程の揺れに、思わずしゃがみ... もっと読む

家畜人ヤプー〈第2巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

358
3.60
沼正三 1999年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ポーリーンに連れられてクララと麟一郎が向かった二千年後の未来は、白人女権専制社会である宇宙帝国イースが支配していた。そこでヤプーは生体手術などの加工を施さ... もっと読む

家畜人ヤプー〈第3巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

292
3.68
沼正三 1999年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イース人のヤプーに対する態度は、徹底して残酷かつ非道なものだった。クララは初め、嫌悪感を示すが次第に順応していき、やがて麟一郎を私有家畜とすることを決意。... もっと読む

家畜人ヤプー〈第4巻〉 (幻冬舎アウトロー文庫)

282
3.65
沼正三 1999年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヤプーは日本人のなれの果てであり、かつての日本列島には「邪蛮(ジャバン)」と呼ばれるヤプーの国が存在していた。ヤプーの間では宗教教育の結果、白神信仰が浸透... もっと読む

家畜人ヤプー (角川文庫 (2981))

199
3.77
沼正三 1972年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

問題作らしく序盤の気持ち悪さ、中盤までの自分もその「設定」に慣れてしまう衝撃など、そこまでのテンポは良い。ただし中盤以降はややダレてしまっているような感じ... もっと読む

劇画家畜人ヤプー【復刻版】

173
3.54
石ノ森章太郎 マンガ 2010年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

途中途中に用語説明を載せてくれているけど、その説明文が毎回長すぎたので飛ばしながら読んでました。 がっつり人種差別の内容だけど、面白かったです。最後の結... もっと読む

家畜人ヤプー 1 (バーズコミックス)

146
3.15

感想・レビュー

日本人を家畜とし様々な生体家具として利用するという独自の世界観は素晴らしい。あまりにリアルなので気持ち悪くなり立ち読みをしていたらめまいを起こした。2巻の... もっと読む

家畜人ヤプー〈上 ポーリーンの巻〉

79
3.68

感想・レビュー

最後まで読んでおいて★一つはないだろうということであるが、この本の際立ち方が他の本と違うこととそれが良い方か悪い方かと問われれば、悪いほうとしか言いようが... もっと読む

家畜人ヤプー 2 (バーズコミックス)

68
3.14

感想・レビュー

原作は「戦後最大の奇書」と謳われてるそうです。 江川ールドじゃなきゃ自分は読めなさそう…。 もっと読む

家畜人ヤプー(3) (バーズコミックス)

67
3.08
沼正三 マンガ 2004年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

凄い内容である上、江川達也の洗練されたシャープな線が内容を引立てることに見事に成功している。 難を言えば、説明が多過ぎて、理解しずらい面もあるので(この... もっと読む

家畜人ヤプー(4) (バーズコミックス)

57
3.10
江川達也 マンガ 2004年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これも1〜3の画像が無かったので4巻。これはかなり好き嫌いの分かれる作品だろうなあ。私的には娯楽として面白いんだけど。地球も滅んだずっと後、イースに移り住... もっと読む

家畜人ヤプー〈下 ドリスとクララの巻〉

51
3.43

感想・レビュー

沼正三の世界観は、現代の縮図を極端にこねくりまわしたモノと云える程、理論・哲学・歴史的側面から見て思わず唸ってしまう程、日本の特性を巧みに捉えていると感じ... もっと読む

家畜人ヤプー〈中 アンナ・テラスの巻〉

50
3.65

感想・レビュー

そろそろ新語や新たな「ヤプー」の出現、仕組みにも厭きてきた…と感じるものの、何か読み進めたい情動を煽る魅力を持っている。 歴史、古典、語学、思想のあ... もっと読む

家畜人ヤプー 9 (バーズコミックス)

50
2.92
沼正三 マンガ 2007年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自虐の極北。江川達也の最高傑作になるかと思ったら8巻あたりから投げ出したように画の質が下がって打ち切りになった。この人こんなんばっかだな。 原作を読みた... もっと読む

家畜人ヤプー 6 (バーズコミックス)

48
2.82
沼正三 マンガ 2005年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

皮肉だーこれの原作っていつ書かれたんやろー凄いわー もっと読む

家畜人ヤプー 5 (バーズコミックス)

46
3.17
沼正三 マンガ 2005年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沼正三の伝説的小説のコミック版!! もっと読む

家畜人ヤプー 7 (バーズコミックス)

43
3.10
沼正三 マンガ 2006年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1巻〜7巻(未完結 もっと読む

劇画 家畜人ヤプー 宇宙帝国への招待編

35
3.67

感想・レビュー

沼正三原作、石森章太郎『劇画家畜人ヤプー』は、1971年の発行だが、その1~2年後ごろ、神田の古書店で大量に安売りしていたのを1冊買った記憶がある。調べた... もっと読む
全122アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×