沼野充義のおすすめランキング

プロフィール

1954年東京生まれ。東京大学教授。著書に『亡命文学論 徹夜の塊』『W文学の世紀へ 境界を越える日本語文学』など、訳書に『ナボコフ短篇全集』(共訳)、ブロツキー『大理石』、レム『ソラリス』など。

「2017年 『ロシア革命100年の謎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沼野充義のおすすめランキングのアイテム一覧

沼野充義のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『終わりと始まり』や『砂漠の思想 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)』や『世界は文学でできている 対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義』など沼野充義の全63作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

終わりと始まり

243
4.29

感想・レビュー

地上から鳥の眼で、更に浮上して山の眼で更に、地球を宇宙の眼で視た刹那 一瞬にして地上の人間のという魂の眼 で抉り取る。破壊を、愚かしさを、悲しみを、堪え忍... もっと読む

砂漠の思想 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

198
3.44
安部公房 1993年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

安部公房のエッセイ集。安部公房の思考の傾向がわかる一冊。逆説的な論理が好きなようだ。 演劇論や映画論については、わかりにくく難しい所が多かったが、面白く... もっと読む

世界は文学でできている 対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義

177
3.87
沼野充義 2012年1月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文学とは何か、これからの文学は、文学の楽しみ方……と多岐にわたる文学講義は、元々中高生向けに開かれた(らしい)イベントでの講義を本にしたものだから、たいへ... もっと読む

ユリイカ2009年1月号 特集=米原万里

152
4.08
沼野充義 2008年12月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本当に、いろんな人々に愛されていたんだと思う。 昔働いていた職場が長くお世話になっていらした人でもあり、当時職場の長でいらした先生の同窓生であったそうで... もっと読む

世界文学大図鑑

152
4.15

感想・レビュー

出版を知ったとき、「なぜ三省堂?ブックガイドは手間がかかるのもわかるけど、結構いいお値段だこと」とちょっと不思議に思ったが、実物を見て分かった。「図鑑」の... もっと読む

8歳から80歳までの世界文学入門

125
3.29
沼野充義 2016年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小川洋子さんの所だけ4つ星。 あとは4度目のドジョウなもので繰り返し感が否めず。子どもの本という視点も熟し切れていない。 ・一つの小説を海に喩えると、... もっと読む

翻訳文学ブックカフェ2

57
3.40
堀江敏幸 2007年10月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

翻訳 文学 もっと読む

それでも世界は文学でできている 対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義3

56
4.00
沼野充義 2015年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文学の意義、可能性、使命について。 あとがきに見られる、沼野さんはいささかナイーブ過ぎる気がした。 ・詩は上から目線。小説は下から目線。 ・何回も読んで... もっと読む

世界の名作を読む 海外文学講義 (角川ソフィア文庫)

53
3.67
工藤庸子 2016年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

↓貸出状況確認はこちら↓ https://opac2.lib.nara-wu.ac.jp/webopac/BB00233158 もっと読む

ロシア革命100年の謎

47
4.00
亀山郁夫 2017年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ロシア革命より100年前〜現代まで、ロシア史を主に文学史の側面から専門家同士で対談したもの。ドストエフスキーを読むために付け焼き刃でもひとまずロシア氏の流... もっと読む

世界の食文化〈19〉ロシア

46
4.33
沼野充義 2006年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京大学農学生命科学図書館の所蔵情報 https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_details/?reqCo... もっと読む

屋根の上のバイリンガル―エッセイの小径 (白水Uブックス)

40
3.82
沼野充義 1996年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ポーランド語、イディッシュ語などマイナー言語やバイリンガルなど言語をテーマにしたエッセイ集。1985年の夏にアメリカから日本に戻ったとあるので、ちょうど自... もっと読む

東欧怪談集 (河出文庫)

40
4.00
沼野充義 1995年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヤロスラフ・オルシャ・Jr.【編】『チェコSF短編小説集』に 掲載された、チェコのSF系作品の情報が気になったので、 それらの一部を含むアンソロジーを... もっと読む

200X年文学の旅

38
3.30
柴田元幸 2005年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

繝輔ぅ繧ッ繧キ繝ァ繝ウ もっと読む
全63アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする