泡坂妻夫のおすすめランキング

泡坂妻夫のおすすめランキングのアイテム一覧

泡坂妻夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『からくり東海道 (光文社時代小説文庫)』や『妖女のねむり (ハルキ文庫)』や『11枚のとらんぷ (1979年) (角川文庫)』など泡坂妻夫の全269作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

からくり東海道 (光文社時代小説文庫)

19
3.00
泡坂妻夫 1999年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初は手こずったが、なかなか面白かった。 昔、戸山に東海道53次を作った尾州下屋敷と箱根絡みのSF もっと読む

妖女のねむり (ハルキ文庫)

19
3.60
泡坂妻夫 1999年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中盤までは輪廻転生がテーマの幻想小説。200ページまで淡々と置き続けた数十の伏線のドミノがしかし、残り150ページで順番にパタパタ倒れだして本格ミステリと... もっと読む

11枚のとらんぷ (1979年) (角川文庫)

19
3.86
泡坂妻夫 1979年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あんまり好きではなかった。事件から謎解きまでの間が長くて飽きる。 もっと読む

花火と銃声 (講談社文庫)

18
3.50
泡坂妻夫 1992年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奇術とミステリが見事に絡み合った短編集。各短編で描写される奇術がリアリティを持って脳内で投影されます。 もっと読む

天井のとらんぷ (講談社文庫)

18
3.00
泡坂妻夫 1986年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前古本で買った積読本。あまり気にせず短編ってことだけで手に取ったけど、曽我佳城シリーズだったので全集の方で一度全て読んでるものだった……とは言え、それも... もっと読む

トリュフとトナカイ (現代ミステリー短編集 (4))

18
3.17
泡坂妻夫 2006年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 トリックとか謎解きとかはおもしろいんだけど、キャラ設定とかが面倒くさいというか…、何か鬱陶しい。  もうちょっとさっぱりしててもいいんじゃないかなぁ、て... もっと読む

泡坂妻夫 マジックの世界

18
3.00
泡坂妻夫 2006年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第1章カードの世界 ○厚川昌男/ダブルリフト/カード/12 ●厚川昌男/エースの入れ替わり/パケット/16 ●厚川昌男/4Aと4Kの出現/デック、ダ... もっと読む

夜光亭の一夜 (宝引の辰捕者帳ミステリ傑作選) (創元推理文庫)

18
3.00
泡坂妻夫 2018年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幕末の江戸。岡っ引の辰親分は、福引きの一種である“宝引”作りをしていることから、“宝引の辰”と呼ばれていた。親分は不可思議な事件に遭遇する度に、鮮やかに謎... もっと読む

花嫁のさけび (講談社文庫)

17
3.75
泡坂妻夫 1983年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一見、「レベッカ」を下敷きにしたサスペンス作品のようなのですが、実は本書は凝った仕掛けが施されている本格ミステリなのです。 私は「レベッカ」を読んではい... もっと読む

乱れからくり (1979年) (角川文庫)

17
3.60
泡坂妻夫 1979年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ごちそうさまでした。 読了後、おもわず正座して手を合わせてしまいました。 いやぁ、面白かった。堪能しました。 じつはブクログで簡潔に一行でネタバ... もっと読む

亜愛一郎の逃亡 「亜愛一郎」シリーズ (角川文庫)

17
3.67
泡坂妻夫 電子書籍 2002年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

キャラクターもストーリーも漫画チックで全体的にユーモラス。この作風好きです。 最後、愛一郎君がまさかの・・・w でも、彼のずれっぷりと品の良さの理由が... もっと読む

甦る「幻影城」〈1〉新人賞傑作選 (カドカワ・エンタテインメント)

16
3.17
村岡圭三 1997年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

平成9年8月25日、初版、並、帯無 2013.3.5.鈴鹿白子BF もっと読む

織姫かえる―宝引の辰 捕者帳

16
3.50
泡坂妻夫 2008年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズも5冊目となり、残念ながら少しシリーズの良さが失せてきている。 1冊に10編収録という短さも、良い方には作用してない。 https://blogs... もっと読む

亜愛一郎の転倒 (角川文庫)

16
4.25
泡坂妻夫 1986年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

亜愛一郎の事件簿、2冊目。 「藁の猫」「砂蛾家の消失」「珠洲子の装い」「意外な遺骸」「ねじれた帽子」「争う四巨頭」「三郎町路上」「病人に刃物」の8編。 ... もっと読む

湖底のまつり (角川文庫)

16
3.38
泡坂妻夫 電子書籍 2002年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幻想的な恋愛小説といえばいいのでしょうか。 マジックに造詣が深い著者ならではの小説かもしれません。 ちょと現実的じゃないなとは思ったのですが、まぁいい... もっと読む

旋風 (集英社文庫)

15
2.20
泡坂妻夫 1995年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

裏表紙紹介文より 若き柔道家・織口哲が鹿児島から上京し一週間、何者かによって睡眠薬を嗅が山間の崖から突き落とされた。九死に一生を得た哲は、自らの手で... もっと読む
全269アイテム中 81 - 100件を表示

泡坂妻夫に関連する談話室の質問

ツイートする