泡坂妻夫のおすすめランキング

泡坂妻夫のおすすめランキングのアイテム一覧

泡坂妻夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『湖底のまつり (角川文庫)』や『亜愛一郎の狼狽 「亜愛一郎」シリーズ (角川文庫)』や『亜愛一郎の逃亡 「亜愛一郎」シリーズ (角川文庫)』など泡坂妻夫の全268作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

湖底のまつり (角川文庫)

14
3.38
泡坂妻夫 電子書籍 2002年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幻想的な恋愛小説といえばいいのでしょうか。 マジックに造詣が深い著者ならではの小説かもしれません。 ちょと現実的じゃないなとは思ったのですが、まぁいい... もっと読む

亜愛一郎の逃亡 「亜愛一郎」シリーズ (角川文庫)

14
3.67
泡坂妻夫 電子書籍 2002年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

キャラクターもストーリーも漫画チックで全体的にユーモラス。この作風好きです。 最後、愛一郎君がまさかの・・・w でも、彼のずれっぷりと品の良さの理由が... もっと読む

11枚のとらんぷ (角川文庫 緑)

13
4.20
泡坂妻夫 1979年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本格推理。作中作の短編もチェスタトンみたいで楽しいです。 もっと読む

恋路吟行 (集英社文庫)

13
3.00
泡坂妻夫 1997年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少し時代繋った恋愛とマジックが加味されたミステリィ。 「黒の通信」 「仮面の恋」 「怪しい乗客簿」 「火遊び」 「恋路吟行」 「藤棚」 ... もっと読む

亜愛一郎の転倒 (角川文庫)

13
4.25
泡坂妻夫 1986年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

亜愛一郎の事件簿、2冊目。 「藁の猫」「砂蛾家の消失」「珠洲子の装い」「意外な遺骸」「ねじれた帽子」「争う四巨頭」「三郎町路上」「病人に刃物」の8編。 ... もっと読む

夜光亭の一夜 (宝引の辰捕者帳ミステリ傑作選) (創元推理文庫)

13
3.50
泡坂妻夫 2018年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宝引の辰「捕者帳」、傑作13編を収録。泡坂妻夫の捕者帳ならばハズレ無し。それぞれトリックやネタの趣向が違っていてコンパクトに纏めてくる鮮やかさ。面白いです... もっと読む

蔭桔梗

12
3.40
泡坂妻夫 1990年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

紋章上絵師の章次のもとに、かつて心を寄せあっていた女性から、二十年前と同じ蔭桔梗の紋入れの依頼があった。 あの時は事情があって下職に回してしまったのだが... もっと読む

朱房の鷹―宝引の辰捕物帳 (宝引の辰捕者帳)

12
3.00
泡坂妻夫 1999年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

謎解きだけでなく、いい話だけでなく、というのが好い。 https://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14923014.html もっと読む

湖底のまつり (双葉文庫)

12
3.40
泡坂妻夫 1989年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

確かにそうすると全ての辻褄は合う、合うけど……どう考えても気付くだろ!絶対わかるだろ!と叫びたくなるようなラスト。 色々言いたいことはありますがはしたな... もっと読む

死者の輪舞 (ミステリ名作館)

12
3.80
泡坂妻夫 1993年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

175.初、並、カバスレ、小口黄ばみ、帯付。 2010.11.3.阿倉川BF。 もっと読む

泡亭の一夜

11
3.00
泡坂妻夫 1999年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新作落語、ということになるのでしょうか?新作だけど、古典。場を古典に借りた新作。そうか、落語の歴史小説ということでしょうか。いい感じでした。実際に高座で語... もっと読む

飛奴―夢裡庵先生捕物帳 (徳間文庫―夢裡庵先生捕物帳)

11
3.33
泡坂妻夫 2005年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幕末の江戸を舞台にした捕物帖。世相が不穏な中でも江戸の町民は賑やかにたくましく生きている。最後は上野彰義隊の場面になるが、一応明治維新へハッピーエンドとい... もっと読む

乱れからくり (角川文庫)

11
4.00
泡坂妻夫 電子書籍 2002年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1978年に書かれた推理小説。 からくり人形についての知識に溢れた、半分は作者の趣味じゃないかと思うほど。 当時映画化もされましたが、結構荒唐無稽な筋に書... もっと読む

猫女 (双葉文庫)

10
2.00
泡坂妻夫 1990年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだのは確かノベルズで。 もっと読む

からくり富

10
3.40
泡坂妻夫 1996年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<table style=\"width:75%;border:0;\" border=\"0\"><tr><td style=\"border:none... もっと読む

凧をみる武士―宝引の辰捕者帳

10
3.40
泡坂妻夫 1995年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4編どれもが、予想のつかない真相にうならされる。 https://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14923014.html もっと読む

真夜中の密室 (飛天文庫)

10
3.33
山村美紗 1995年5月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3+ いずれ劣らぬビッグネームが肩を並べる、何とも豪華なアンソロジーであるが、内容の方は良く言えば安定した、悪く言えばさして刺激のないものだった。バラエ... もっと読む
全268アイテム中 101 - 120件を表示

泡坂妻夫に関連する談話室の質問

ツイートする