津島佑子のおすすめランキング

プロフィール

津島 佑子(つしま・ゆうこ) 1947年、東京都生まれ。白百合女子大学卒業。78年「寵児」で第17回女流文学賞、83年「黙市」で第10回川端康成文学賞、87年『夜の光に追われて』で第38回読売文学賞、98年『火の山―山猿記』で第34回谷崎潤一郎賞、第51回野間文芸賞、2005年『ナラ・レポート』で第55回芸術選奨文部科学大臣賞、第15回紫式部文学賞、12年『黄金の夢の歌』で第53回毎日芸術賞を受賞。2016年2月18日、逝去。

津島佑子のおすすめランキングのアイテム一覧

津島佑子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『変愛小説集 日本作家編』や『ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語』や『狩りの時代』など津島佑子の全162作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

変愛小説集 日本作家編

233
3.00
川上弘美 2014年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでる時はパンチ力がないなあ、と感じていたが、読後、それぞれの持ち味を反芻してみると、いやいやどうしてくせものばかりです。最初の川上弘美さんが印象的だっ... もっと読む

ジャッカ・ドフニ 海の記憶の物語

94
3.75
津島佑子 2016年5月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心が震える。 雨が降るように、 まるで土砂降りの雨の中にいるよう。 本を開いている間中、私の五感はそれに全部持って行かれる。 お腹も空かないし、眠くも... もっと読む

狩りの時代

83
4.06
津島佑子 2016年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難の多い小説だった。序盤は10行に1人の勢いで増え続ける登場人物の数に圧倒され、途中からは過剰な時系列シャッフルに悩まされた。それがことさら効果的だったか... もっと読む

ヤマネコ・ドーム

80
3.06
津島佑子 2013年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読後、残ったのはしんしんと滲み入る寂しさ、悲しさ。 何やらどうにもならない運命のようなもの。 その分、人の優しさが滲みた。 みんな愛おしい。 文体が独... もっと読む

火の山ー山猿記(上) (講談社文庫)

76
3.41
津島佑子 2006年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今Booklogで検索してびっくり。これが『純情きらり』の原作?下巻を読まないとそうは分からないんだろうな。『純情きらり』よりも現実的。 ある家族の... もっと読む

快楽の本棚―言葉から自由になるための読書案内 (中公新書)

75
3.62
津島佑子 2003年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の子供時代からの読書遍歴を辿る、性をテーマにした文学作品案内。 怖いもの見たさに『怪談』や『雨月物語』に夢中になった幼い頃の好奇心は、年を重ねるにつ... もっと読む

グリムの森へ (小学館文庫 た 29-1)

65
3.06
高村薫 2015年3月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代作家によるグリム童話の再話集。作品に対する新たなアプローチというよりは、『如何に語るか』に重点を置いた再話のように感じた。 皆川博子の『青髯』が読み... もっと読む

光の領分 (講談社文芸文庫)

62
3.23
津島佑子 1993年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ろくでもない夫とようやく離婚することが出来たが、娘との生活とライブラリーとの仕事、隣人とのいざこざがあったりと大変な思いをするがそれでも生きていく。 もっと読む

寵児 (講談社文芸文庫)

60
3.48
津島佑子 2000年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言葉に装飾を施さず、話を進めるのが早い作家だと思う。その意味では読みやすい。 もっと読む

火の山ー山猿記(下) (講談社文庫)

57
3.69
津島佑子 2006年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「純情きらり」原案、なんていう帯を読まなきゃよかった。おおよその筋を除き、まったく別のストーリー。非常に現実的だけど、時にくどいようにも思う。読み応えは普... もっと読む

変愛小説集 日本作家編 (講談社文庫)

54
4.67
川上弘美 2018年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

単行本を持っているので再読。 文庫化で収録されなかったものがあるのと、文芸文庫の『群像短篇名作選』3巻とのダブりがあったのが残念ではあるのだが、このアン... もっと読む

黄金の夢の歌 (100周年書き下ろし)

52
3.00
津島佑子 2010年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

素晴らしい。本文にも触れられているチャトウィンの『ソングライン』を髣髴とさせ、津島佑子オリジナルのソングラインが凌駕しているといっても過言ではない。キルギ... もっと読む

ナラ・レポート

48
3.10
津島佑子 2004年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終えるまでに2週間。 読んでいる最中も、読み終えたあとも、どんな物語なのかがわからないままでいる…というのが正直な感想です。 奈良の地で繰り返... もっと読む

黙市(だんまりいち) (新潮文庫)

46
3.33
津島佑子 1990年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

黙市 六義園の近くに住んでいた主人公の話。さらっとしていた印象。 石を割る 女学生というべきかな。2人の友情の話。万里子はワガママだけど美しい。主人公が... もっと読む

ナラ・レポート (文春文庫)

41
2.62
津島佑子 2007年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

p179 恋しとよ 恋しとよ ゆかしとよ 逢はばや 見ばや 見ばや 見えばや… 芸術的で文芸色の強い本。 二歳の子を残して亡くなった母とその子... もっと読む

笑いオオカミ

39
3.83
津島佑子 2000年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

途中で小休止 もっと読む

あまりに野蛮な 上

35
3.42
津島佑子 2008年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ただただ必死に生きるミーチャの姿が時に痛々しく時に哀しく生々しく、いじらしい。日本が占領していた当時の台湾で結婚生活を送る女性と、その数十年のちの姪の人生... もっと読む

山を走る女 (講談社文芸文庫)

34
3.56
津島佑子 2006年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の現役作家では、津島佑子が好きだ。それこそ段違いに抜けた小説群だと思う。 シングルマザーという言葉も生まれていない時代に、私生児を育てる決意をした2... もっと読む

葦舟、飛んだ

34
3.00
津島佑子 2011年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「報告」部分が長くてストーリーがぼやけた 他人に家族のことを口出しされるのはいやだ もっと読む

半減期を祝って

32
3.25
津島佑子 2016年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

半減期?と最初すぐにピンとこなかった。それだけもうすでに忘れ去られてきて、原発事故などまるでなかったことのように風化してる。原発事故から30年後の物語はそ... もっと読む
全162アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする