津村記久子のおすすめランキング

プロフィール

1978年大阪市生まれ。2005年「マンイーター」(のちに『君は永遠にそいつらより若い』に改題)で太宰治賞を受賞してデビュー。2008年『ミュージック・ブレス・ユー!!』で野間文芸新人賞、2009年「ポトスライムの舟」で芥川賞、2011年『ワーカーズ・ダイジェスト』で織田作之助賞、2013年「給水塔と亀」で川端康成文学賞、2016年『この世にたやすい仕事はない』で芸術選奨新人賞、2017年『浮遊霊ブラジル』で紫式部文学賞、2019年『ディス・イズ・ザ・デイ』でサッカー本大賞、2020年「給水塔と亀(The Water Tower and the Turtle)」(ポリー・バートン訳)でPEN/ロバート・J・ダウ新人作家短編小説賞を受賞。ほかに『サキの忘れ物』『つまらない住宅地のすべての家』『現代生活独習ノート』など多数。

「2022年 『苦手から始める作文教室』 で使われていた紹介文から引用しています。」

津村記久子のおすすめランキングのアイテム一覧

津村記久子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『この世にたやすい仕事はない (新潮文庫)』や『ポトスライムの舟 (講談社文庫)』や『君は永遠にそいつらより若い (ちくま文庫)』など津村記久子の全135作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

この世にたやすい仕事はない (新潮文庫)

2372
3.63
津村記久子 2018年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前職で10年以上まじめに仕事を続けた結果、燃え尽き辞めてしまった30代半ばの女性が主人公。当面のつなぎとして異なる5つの仕事を経て、自分と仕事との距離感と... もっと読む

ポトスライムの舟 (講談社文庫)

2311
3.35
津村記久子 2011年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お仕事小説の津村さんだからこういう話こそ本流なのだろうけれど、今まで読んできた話とはトーンが違った。表題作は笑えるエピソードや明るい兆しの見える結末もあっ... もっと読む

君は永遠にそいつらより若い (ちくま文庫)

1825
3.92
津村記久子 2009年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一日で読み切ってしまった。 数日かけて読み終えるタイプの読書をするわたしとしてはなんとも珍しい。 夜中にYouTubeで「1200年の祈り 比叡山延暦... もっと読む

とにかくうちに帰ります (新潮文庫)

1806
3.43
津村記久子 2015年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

職場の人間関係小説。 三部構成。 「職場の作法」は、女性事務員さん達の日々の葛藤、静かなる抵抗が、思い当たるふしもあり、面白く読んだ。 「パリローチェのフ... もっと読む

つまらない住宅地のすべての家

1798
3.55
津村記久子 2021年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっと古めの住宅街に逃亡犯が来るかも‥という時点から始まる話。自警のための動きを通して住民達それぞれ抱える事情が次第に明らかになる。コミカルとまじめの絶... もっと読む

この世にたやすい仕事はない

1783
3.68
津村記久子 2015年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あなたは、『簡単な仕事』という言葉にどんなイメージを思い浮かべるでしょうか? この世には数多くの仕事があります。2011年の厚生労働省の職業分類による... もっと読む

ポトスライムの舟

1619
3.23
津村記久子 2009年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芥川賞を受賞した表題作ともう1編。 淡々と綴られる文章はトーン低めな印象、でも独特のコミカルさとはっとさせられる鋭い観察眼が感じられました。 「ポ... もっと読む

サキの忘れ物

1570
3.32
津村記久子 2020年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

津村さんの話にはよくテンション低め自分みたいな人が出てくる。「サキの忘れ物」「隣のビル」こんな出会いがあったらいいな。「喫茶店の周波数」お店であった人達と... もっと読む

ワーカーズ・ダイジェスト

1292
3.33
津村記久子 2011年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日々の他愛もないこと、でも思い出しとわーーーって叫びたくなるようなこと。色々なことに折り合いをつけて生きていく登場人物たちはすごいと思う。 もっと読む

とにかくうちに帰ります

1267
3.51
津村記久子 2012年2月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

会社から無事に家に帰るという毎日繰り返している当たり前のことがとてつもなく困難なことになる時がある。 例えば台風。 電車が動かなくなったり、ひどい混雑で乗... もっと読む

やりたいことは二度寝だけ

962
3.41
津村記久子 2012年6月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もっと二度寝に関することがかかれているのかと思っていた。 (いつもながら単純) 最後で少しでてきただけで、ああやっと(でてきた)と思ったら さっと終... もっと読む

ワーカーズ・ダイジェスト (集英社文庫)

913
3.42
津村記久子 2014年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

勤め人の毎日ってこういうものだよなあと思う。 世の中には緩急の激しい毎日を送っている人もいるだろうけど、私にとっては、特に目新しいことのない仕事をこなし... もっと読む

ミュージック・ブレス・ユー!! (角川文庫)

866
3.83
津村記久子 2011年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読むほどにハマっていく心地良さと (いやむしろ心地悪さ笑) どうしようもない連中なのに 好きになっていくこの感覚。 学校の授業より 3分... もっと読む

カソウスキの行方 (講談社文庫)

864
3.68
津村記久子 2012年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作のほかに短編が2篇。 郊外の倉庫に左遷されてやりがいのない仕事をするために毎日出勤するのは辛い。ならば職場に好きな人がいると仮定してみるとか。 ... もっと読む

現代生活独習ノート

857
3.56
津村記久子 2021年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

津村さんは疲れた人の疲れっぷりを表現するのが上手な作家さんだと毎回思う。 例えば第一話「レコーダー定置網漁」の冒頭。 『リフレッシュ休暇をもらった... もっと読む

ダメをみがく―“女子”の呪いを解く方法

854
3.51
津村記久子 2013年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

津村さんと深澤さんの仕事や家族や友人についての対談。7対3位で深澤さんの話が多いか。『ポトスライムの舟』の裏話や「精神的な通気孔」などの名言、最近読友さん... もっと読む

浮遊霊ブラジル

812
3.72
津村記久子 2016年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

津村さん2冊目。お仕事小説とは違うタイプの短編集。これも楽しかった。『給水塔と亀』私と全く違う人生を追体験させてもらう。『地獄』笑った笑った‼︎『浮遊霊ブ... もっと読む

やりなおし世界文学

790
3.53
津村記久子 2022年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中高生の頃は近代文学と呼ばれるものを読んでいましたが、最近は読みやすい現代の人気作家さんの新刊本ばかり読んでいるので、目次を見て「こんな昔の本ばかり並んで... もっと読む

考えるマナー (中公文庫)

687
3.14
赤瀬川原平 2017年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

男女問わず、作家、タレント、エッセイストなどなどのエッセイ集。 女性は、ムカッとしたりモヤッとしたりした日々の何でもないことを、割とあっけらかんと素直に書... もっと読む

ディス・イズ・ザ・デイ

675
3.78
津村記久子 2018年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

津村記久子さんの新刊ならば中身を見ずに買うので、これもサッカーのJリーグサポーターの人たちを描いた短編集ってことも知らずに買って、わたしはサッカーのことは... もっと読む
全135アイテム中 1 - 20件を表示

津村記久子に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×