津田守のおすすめランキング

プロフィール

津田 守
名古屋外国語大学現代国際学部教授。同大学院グローバル共生コース(多言語多文化マネジメント及び公益通訳翻訳専攻)代表。大阪大学グローバルコラボレーションセンター名誉教授。1948年、東京生まれ。青山学院大学卒業、フィリピン国立大学文理大学院社会学修士修了。同文理学部社会学科専任講師、四国学院大学社会学科助教授、大阪外国語大学フィリピン語学科主任・助教授、ハーバードロースクール客員研究員、大阪外国語大学教授(同大学院通訳翻訳専修コース担当)、大阪大学教授(大学院高度副プログラム「司法通訳翻訳」及び「医療通訳」コースを担当)を経て現職。日本通訳翻訳学会理事及び評議員を歴任。1986年以降、司法・行政(捜査、弁護、法廷、矯正等)通訳翻訳にも携わり、現在に至る。フィリピン社会研究、日比関係論のほか、通訳翻訳関連の編著書・論文多数。『15言語の裁判員裁判用語と解説(全3巻)』現代人文社、2013年(第1巻は日本語、英語、中国語[簡体字]、中国語[繁体字]、韓国・朝鮮語、モンゴル語;第2巻は日本語、英語、フィリピン語、インドネシア語、ベトナム語、タイ語:第2…

「2016年 『裁判員裁判時代の法廷通訳人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

津田守のおすすめランキングのアイテム一覧

津田守のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『泉 (ジュネコミックス)』や『法務通訳翻訳という仕事』や『セックス「産業」―東南アジアにおける売買春の背景』など津田守の全21作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

セックス「産業」―東南アジアにおける売買春の背景

7
4.67

感想・レビュー

地域によって売春の社会的背景は異なるが、 アジアにおける共通要因は女性の地位の相対的低さ、そこから搾取されやすいという点にある。こどもならば尚更である。... もっと読む

日本の役割―東南アジア6ヶ国からの直言

2

感想・レビュー

モフタル・ルビス(インドネシアの作家)は、芭蕉の俳句に流れる人間の感情に深い共感を寄せていたが、太平洋戦争下における非人間的な残虐行為を忘れることはできな... もっと読む

第二の侵略―東南アジアから見た日本

2
3.50

感想・レビュー

日本人が自覚していない日本の姿が、フィリピンからはよく見える。筆者の他の著作にも触れてみたい もっと読む
全21アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×