浅倉卓弥のおすすめランキング

浅倉卓弥のおすすめランキングのアイテム一覧

浅倉卓弥のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『四日間の奇蹟 (宝島社文庫)』や『君の名残を (上) (宝島社文庫 (487))』や『君の名残を』など浅倉卓弥の全56作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

四日間の奇蹟 (宝島社文庫)

4843
3.39
浅倉卓弥 2004年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第1回このミステリーがすごい!大賞の受賞作。 評価は色々あるようですが、個人的には、とても引き込まれました。面白いです。音楽用語や脳医学用語が多用されて... もっと読む

君の名残を (上) (宝島社文庫 (487))

997
3.85
浅倉卓弥 2006年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

友恵、武蔵、志郎の3人は現代から鎌倉幕府創成期にタイムスリップしてしまった。しかも、巴御前、武蔵坊弁慶、北条義時として、それぞれがその時代の主要人物であっ... もっと読む

君の名残を

841
3.90
浅倉卓弥 2004年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やはり長編はいい  物語の終わりととともに広がる寂しさ・悲しさ。。。先を読みたいが、ページが少なくなることの寂しさ 面白かった もっと読む

君の名残を (下) (宝島社文庫 (488))

829
3.94
浅倉卓弥 2006年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

木曾義仲が平家を倒し 源義経が木曾義仲を倒し 源頼朝が源義経を倒し鎌倉幕府を築いた。 この時代の主人公達を支えるべく、現代からタイムスリッ... もっと読む

四日間の奇蹟

266
3.48
浅倉卓弥 2003年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

左手薬指を失ったピアニストと知的障がいのある女の子のお話 と思いきや、死にそうな真理子さんの奇跡のお話 なんのために生きるんだろうね 誰かのために生きれ... もっと読む

雪の夜話

201
3.19
浅倉卓弥 2005年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

雪国に暮らす高校生の和樹が深夜の公園で雪と戯れながら「私が見えるのね?」と告げる少女と出会う。その後社会人としてポスターのレイアウト等をし、八年後、実家に... もっと読む

雪の夜話 (中公文庫)

200
3.14
浅倉卓弥 2007年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

試験勉強の合間、タバコを買いに出かけた雪の降る夜に主人公は少女と出会う。彼女と過ごした数時間は彼の心に何かを残す。 数年後、故郷に帰って来た主人公は... もっと読む

北緯四十三度の神話 (文春文庫)

163
3.50
浅倉卓弥 2008年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

君の名残をに感動した勢いで購入したけど、これは私にはイマイチだったな。 もっと読む

北緯四十三度の神話

147
3.27
浅倉卓弥 2005年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

祖父母と暮らす、大学で助手を務める二十八歳の菜穂子とラジオDJをしている二十七歳の和貴子姉妹の、中学時代に菜穂子に淡い想いを寄せていた初恋の同級生と和貴子... もっと読む

追憶の雨の日々

106
3.18
浅倉卓弥 2009年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初から息苦しさを感じながら読んだ。短いのですぐ読めるが、その中に小説としての良さもある。私は好きです。 もっと読む

ビザール・ラヴ・トライアングル

97
3.20
浅倉卓弥 2007年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人の死、霊に纏わるような話が多く中盤まで今ひとつの印象であったが、後半の2編は好みだった。 もっと読む

ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ

92
2.36
浅倉卓弥 2009年12月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ビートルズに不思議の国のアリス……好物の香りしかしませんっ! と手に取ったのだけど、んー、ちょっと残念。 避暑地の高原で「ぼく」が出会ったのは一頭... もっと読む

黄蝶舞う

90
3.07
浅倉卓弥 2009年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

源頼朝およびその子孫の短編集。史実というより「呪われた〜」云々に重きを置く内容だった。前置きが長いし、単語が堅苦しい。でもそこが物語の深みを出してる。幻想... もっと読む

向日葵の迷路 (幻冬舎文庫)

84
3.29
浅倉卓弥 2012年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱり浅倉さんの描写は繊細で上手い。短編なのがもったいないようなお話が多かった。 ビザール・ラブ・トライアングルがよかった☆ もっと読む

レイン・デイズ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

77
3.23
浅倉卓弥 2012年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本作とはかなり状況は違うけど、中学時代の異性の同級生に大人になってから会った時に何とも言えない甘酸っぱい気持ちになったことを思い出す。 途中まではいい感じ... もっと読む

黄蝶舞う (PHP文芸文庫)

69
3.13
浅倉卓弥 2012年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再び文庫で読みましたが、あまり記憶になかったので、新刊を読んだ感じ。 頼朝の子・孫の短編集。 永井路子の『炎環』のような感じですね。 どうせなら、三幡... もっと読む

オールド・フレンズ (上)

67
2.88
浅倉卓弥 2009年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「はるか」と「まこと」同い年の女の子の切なくほろ苦い物語。小学生から大人になるまでをそれぞれの視点で描いている。 下巻が楽しみ。 もっと読む

オールド・フレンズ (下)

63
2.79
浅倉卓弥 2009年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容が少し異質なので、あまり好まない人もいるかもしれない。私は上巻から紡がれた主要登場人物の心情表現を色々感じながら読むことができて良い本だったと思います... もっと読む
全56アイテム中 1 - 20件を表示

浅倉卓弥に関連する談話室の質問

ツイートする