浅田彰のおすすめランキング

浅田彰のおすすめランキングのアイテム一覧

浅田彰のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『構造と力―記号論を超えて』や『逃走論―スキゾ・キッズの冒険 (ちくま文庫)』や『必読書150』など浅田彰の全115作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

構造と力―記号論を超えて

987
3.49
浅田彰 1983年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 日本におけるポストモダンの代表作、1983年に上梓された「構造と力」。学生時代はチンプンカンプンでしたが、今読み返すととても面白いです。まあ、とはいえ、... もっと読む

逃走論―スキゾ・キッズの冒険 (ちくま文庫)

448
3.28
浅田彰 1986年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドゥルーズ&ガタリとかマルクスとか難しいのきたと思ったら簡単なのも もっと読む

必読書150

371
3.38
柄谷行人 2002年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本の本 文学 読書 もっと読む

科学的方法とは何か (中公新書)

117
3.25
浅田彰 1986年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サイエンス もっと読む

ヘルメスの音楽 (ちくま学芸文庫)

115
3.43
浅田彰 1992年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[ 内容 ] 〈交通〉の神ヘルメスの名のもとに、音楽や絵画をめぐりながら、〈意味〉と〈情念〉の罠をくぐり抜け、〈外〉へと軽やかに〈逃走〉する、20世紀末... もっと読む

「歴史の終わり」を超えて (中公文庫)

102
3.48
浅田彰 1999年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

80年代末〜90年代前半の対談録。議論の水準は非常に高いこともさることながら、対話される議題はほとんど現代に通じていて、色々と考えさせられた。 もっと読む

逃走論―スキゾ・キッズの冒険

74
3.36
浅田彰 1984年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分の思想を言い当てられた。 スキゾという思想。 もっと読む

天使が通る (新潮文庫)

70
3.17
浅田彰 1992年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

浅田彰と島田雅彦の対談集。 もっと読む

早稲田文学増刊π(パイ)

57
3.20
川上未映子 2010年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一箱古本市 もっと読む

「歴史の終わり」と世紀末の世界

56
3.25
浅田彰 1994年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高橋基樹「開発と国家 アフリカ政治経済論序説」に本書におけるフランシス・フクヤマのインタビューからの一節が引用されていたので、読んでみた。 フクヤマは日本... もっと読む

映画の世紀末

55
3.35
浅田彰 2000年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鵜飼哲先生との対談「パレスチナから遠くはなれて」がとても面白く、勉強になった。アウシュビッツを撮り損ねてしまったことが、戦後の映画において、どれだけのダメ... もっと読む

20世紀文化の臨界

49
3.42
浅田彰 2000年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バタイユ、コクトー、ピンチョン、ピナ・バウシュなど、全部で10人の様々な作家やアーティストについて対談をしていく浅田彰の対談集。読んでいて色々な表現に触れ... もっと読む

ビルディングの終わり、アーキテクチュアの始まり―10 years after Any

45
3.56
磯崎新 2010年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

磯崎新と浅田彰の論考集。 なら100年会館が磯崎新の中で結構重要な作品だったってのは意外だった。 繋がりで「モル的メタボリズムから分子的メタボリズ... もっと読む

憂国呆談

34
3.33
浅田彰 1999年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久々の再読でも面白かった。世の中で起こったあんなことやこんなことに対して、著者の二人が言いたい放題なところが好き。でも一部の文化人の言われようは、少しかわ... もっと読む

天使が通る

32
3.31
浅田彰 1988年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

尊敬すべき新時代の思想家2人による貴重な対談。 ヴェンダースをとりあげているところも良い。 こちら、再読してからちゃんとレビュー書きます。 もっと読む

都市の変異―TNプローブ連続レクチャー「ニュー・アーバン・コンディションズ--都市を変える力」から

30
3.46
浅田彰 2002年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コールハースの言葉が印象的。建築をアートやモラルの表象とみてその解釈に骨をおる評論家。しかしコールハースはモラルに関する回答は控え、いい建築とはクライアン... もっと読む
全115アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする