浅田次郎のおすすめランキング

プロフィール

浅田 次郎(あさだ じろう)
1951年、東京都出身。
1995年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、1997年『鉄道員』で直木三十五賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、2006年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞と司馬遼太郎賞、2008年『中原の虹』で吉川英治文学賞を、2010年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、2016年『帰郷』で第43回大佛次郎賞それぞれ受賞。2015年には紫綬褒章も授与されている。
2018年現在、日本ペンクラブ会長、直木賞、柴田錬三郎賞、山本周五郎賞の選考委員を務める。2018年12月15日、『輪違屋糸里』が藤野涼子、溝端淳平、松井玲奈らの出演で映画化。

浅田次郎のおすすめランキングのアイテム一覧

浅田次郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)』や『プリズンホテル 1 夏 (集英社文庫)』や『地下鉄に乗って (講談社文庫)』など浅田次郎の全902作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

壬生義士伝 上 (文春文庫 あ 39-2)

5672
4.18
浅田次郎 2002年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近になって、人生は一般的に良し悪しを決められるものじゃなく、自身が設定した判断基準で決めるものである、ということが遅まきながら分かってきた。そしてその判... もっと読む

プリズンホテル 1 夏 (集英社文庫)

5093
3.86
浅田次郎 2001年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「奥湯本あじさいホテル」 ここは任侠団体専用ホテルであり、「プリズンホテル」と呼ばれる。 叔父が経営するこのホテルにやってきた作家・木戸孝之。 様々... もっと読む

地下鉄に乗って (講談社文庫)

4930
3.57
浅田次郎 1999年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

渋いなぁ。内容全然知らずに読んで、あらすじからしたらSFみたいになりそうなのに、ノスタルジーというか何というか。終始独特の雰囲気があり、最後まで昔の映画を... もっと読む

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)

4658
4.10
浅田次郎 2004年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【読了メモ】(140930 21:50) 浅田次郎『蒼穹の昴』(1)/講談社文庫/2004 Oct 15th/これは…!どうして今まで巡り合わなかったんだ... もっと読む

壬生義士伝 下 (文春文庫 あ 39-3)

4546
4.24
浅田次郎 2002年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻はさほど涙は出なかったが下巻に入ってからは涙なくては読めなかった。 半分を越えたあたりからは泣きすぎて全然ページをめくれない。 涙腺の緩めな私は小... もっと読む

椿山課長の七日間 (朝日文庫)

3698
3.83
浅田次郎 2005年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2013年、初泣かされ本。 突然の死から、お役所仕事な黄泉の国の判定に納得がいかず、 現世に全く別の姿で舞い戻ったデパートサラリーマン、任侠者、小... もっと読む

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)

3600
3.70
浅田次郎 2000年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

浅田 次郎著 浅田次郎さんの短編集作品を今更ながら 初めて読みました 「あなたに起こる やさしい奇跡」 後書きのところに書かれた言葉に私自身も得心した気分... もっと読む

プリズンホテル 2 秋 (集英社文庫)

3592
3.91
浅田次郎 2001年7月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

花沢支配人は青ざめた。なんの因果か、今宵、我らが「プリズンホテル」へ投宿するのは、おなじみ任侠大曽根一家御一行様と警視庁青山警察署の酒グセ最悪の慰安旅行団... もっと読む

蒼穹の昴(2) (講談社文庫)

3332
4.06
浅田次郎 2004年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

紫禁城内部の話が主になってくるから玲玲と文秀の会話、玲玲の文秀への思いが人間臭くて読むとほっと安心させられる。 もっと読む

プリズンホテル 3 冬 (集英社文庫)

3318
3.89
浅田次郎 2001年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

また一気に読んでしまいました。マリアさんカッコいいです。もう一回『きんぴか』を読んでみたくなりました。木戸孝之介、今回もなんとも始末に負えない男でまいった... もっと読む

プリズンホテル 4 春 (集英社文庫)

3287
4.01
浅田次郎 2001年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

プリズンホテル最後の一冊。勿体ないので少しずつ読もうと思ったのに一気に読んでしまいました。まったくの大団円、よかったよかった。特に服部シェフと梶板長のくだ... もっと読む

蒼穹の昴(3) (講談社文庫)

3150
4.09
浅田次郎 2004年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3巻が一番好きかもしれない。おもしろすぎてあっという間に読み終わった。僕が好きなシーンは3つある。なお、登場人物に関する説明は省かせて頂きます。 ①順桂... もっと読む

蒼穹の昴(4) (講談社文庫)

3149
4.13
浅田次郎 2004年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4巻のみ、ではなく全4巻としてのレビュー。 登場人物がどの人も魅力的。 中でも西太后。 本当の人物像がどうだったかは別として、この物語に出てくる... もっと読む

天国までの百マイル (朝日文庫)

2623
3.82
浅田次郎 2000年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私がこの本と出会ったのは閉館する図書館が古い本を無料で配っていた時でした。 無料配布の開始時間から少し遅れて行くと本棚は殆どカラ状態!残っている本の中に... もっと読む

憑神 (新潮文庫)

2588
3.53
浅田次郎 2007年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回の憑神という作品ですが、映画化もされた作品です。 主人公の武士にさまざまな神様が憑くという物語。 それも普通の神様ではありません。 ... もっと読む

珍妃の井戸 (講談社文庫)

2346
3.50
浅田次郎 2005年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミセスチャンは反則だとおもいますっ! もっと読む

日輪の遺産 (講談社文庫)

2087
3.82
浅田次郎 1997年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最良の読後感! 「真柴」のストイックな生き方と、「金原」の好対照、しかし、根元の意志は同じ。奥も深い。楽しませていただきました。 もっと読む

シェエラザード(上) (講談社文庫)

2009
3.80
浅田次郎 2002年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

浅田次郎の代表作に推す人も多いのですが、私には少し。。。 一つには読んだ条件が悪かったこともあります。なにせ米国出張先で、時差ぼけに悩まされながらでし... もっと読む

天切り松 闇がたり 1 闇の花道 (集英社文庫)

1944
4.01
浅田次郎 2002年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

浅田次郎のエンタメ炸裂! 中国史大河小説からバカエンタメまでなんでもこなす器用な作家だが、このくらいの笑いあり涙ありのエンタメが一番好きだ。 ときは... もっと読む

王妃の館(上) (王妃の館) (集英社文庫)

1912
3.54
浅田次郎 2004年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

集英社文庫の「夏の100冊」の景品がほしくて数年前に買った作品です。映画にもなるというし機は熟した。満を持しての読書。 パリって場所を聞くだけで気持ちが浮... もっと読む
全902アイテム中 1 - 20件を表示

浅田次郎に関連する談話室の質問

浅田次郎に関連するまとめ

ツイートする