浜田一男のおすすめランキング

プロフィール

1958年、千葉県生まれ。東京写真専門学校(現東京ビジュアルアーツ)卒業。1984年にフリーとなり、1990年写真事務所を設立。第21回日本広告写真家協会(APA)展入選。『小さないのち まほうをかけられた犬たち』(金の星社)ほか、企業広告・PR及び雑誌・書籍の撮影を手がける。数点の著書の写真から選んだ「小さな命の写真展」を各地で開催。

「2017年 『光をくれた犬たち 盲導犬の一生』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浜田一男のおすすめランキングのアイテム一覧

浜田一男のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『犬たちをおくる日―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない (ノンフィクション 知られざる世界)』や『犬に本を読んであげたことある?』や『ドッグ・シェルター―犬と少年たちの再出航(たびだち) (ノンフィクション 知られざる世界)』など浜田一男の全23作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

犬たちをおくる日―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない (ノンフィクション 知られざる世界)

234
4.43
今西乃子 2009年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本には、施設に自らペットを持ち込む飼い主とのやり取りも載っています。「これは作り話じゃないの・・・!?」と思うような会話もあります。子供のエピソードも... もっと読む

犬に本を読んであげたことある?

68
3.91
今西乃子 2006年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんな風にそばにいてくれるのが犬だよなあ。なんて優しい顔してるんだろ。うちもやったことあるけど、本読むと意外に聞いてくれる( ´ ▽ ` )ノ もっと読む

ドッグ・シェルター―犬と少年たちの再出航(たびだち) (ノンフィクション 知られざる世界)

49
3.93
今西乃子 2002年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメリカ・オレゴン州のマクラーレン少年院で行なわれているプロジェクト・プーチ。そこでは野良犬や捨て犬を保護するドッグ・シェルターの犬を、少年院の子どもたち... もっと読む

小さないのち―まほうをかけられた犬たち

29
4.10
今西乃子 2010年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

感傷的な語り口は好みじゃないけど、普通に泣きかけた。 https://taremimi.exblog.jp/ もっと読む

よみがえれアイボ―ロボット犬の命をつなげ (ノンフィクション知られざる世界)

13
4.00
今西乃子 2016年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

修理されて使われ続けるアイボと、そのアイボの修理のために(すごく残酷な?表現だけど)パーツとりのために「献体」されるアイボ。 その差はどこから来るのだろう... もっと読む

命がこぼれおちる前に―収容された犬猫の命をつなぐ人びと (感動ノンフィクションシリーズ)

12
3.25
今西乃子 2012年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何ケースか取り上げられていたが、ボランティア活動からの視点のお話だった。ボランティアに打ち込める情熱は凄い もっと読む

捨て犬 その命の行方: 救われたがけっぷち犬のその後の物語 (動物感動ノンフィクション)

12
4.33
今西乃子 2015年2月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この犬の事、記憶していました。 救われた後、人と暮らせるようになったのを喜んだ記憶があります。 ただ、その後のことは…救出劇の時のような全国放送もなく、こ... もっと読む

犬のハナコのおいしゃさん (知ることって、たのしい!)

9
4.00
今西乃子 2013年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

8分45秒☆はじめ、ハナコの足が不自由だとは思いませんでした。飼い主が家族の一員として迎えた犬を、自分の都合で捨てるなんて絶対におかしい。たくさんの人に知... もっと読む

虐待を受けた犬・ベティ―ドッグ・トレーナーと歩んだ日々 (感動ノンフィクションシリーズ)

8
3.00
今西乃子 2008年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドッグ・トレーナーの古銭さんが、紆余曲折を経て現在に至るまでの物語。 夢中になれることがなく、とりあえず就いたのは福祉の仕事だった。 ある日近所で... もっと読む

犬たちの命を救え―麻酔45分の壁

8
4.00
今西乃子 2004年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今西さんの本なので、保護に関する物語かと思いましたが、小動物(犬)の吸入麻酔開発の物語。こういう話も素晴らしいですね。ただ犬が好きなのではなく、個々の犬の... もっと読む

ぼくの夢は学校へ行くこと―バングラデシュ 紅茶畑の軒下教室から (感動ノンフィクションシリーズ)

7
3.33
今西乃子 2002年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

題名が気になりインターネットで購入した一冊。「将来の夢をえがく」ことの大切さを痛感しました。 もっと読む

チャチャはぼくのパートナー―自閉症児に光を運んでくれたセラピー犬 (感動ノンフィクションシリーズ)

5
3.00
今西乃子 2004年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

セラピー犬のチャチャと触れ合うことにより、自閉症の大樹君から怒りの心が消え、やさしさが芽生えてきた! 発達障害児トレーナー・根室先生のセラピー犬を使った指... もっと読む

ばあちゃんの笑顔をわすれない―介護を仕事にえらんだ青年 (イワサキ・ノンフィクション)

4
3.00
今西乃子 2006年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[ 内容 ] ベテランの先輩、認知症のおばあさんとその家族、そしてボランティア犬との出会い…。 老人ホームではたらく青年介護福祉士の姿を描く感動のノン... もっと読む
全23アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする