海老坂武のおすすめランキング

プロフィール

1934年東京に生まれる。東京大学文学部仏文科卒業。同大学院(仏語・仏文学)博士課程修了。著書『フランツ・ファノン』(講談社、1981、みすず書房、2006)『パリ ボナパルト街』(ちくま文庫、1990)『記憶よ、語れ』(筑摩書房、1995)『〈戦後〉が若かった頃』(岩波書店、2002)『かくも激しき希望の歳月』(岩波書店、2004)『祖国より一人の友を』(岩波書店、2007)『サルトル』(岩波新書、2005)『戦後文学は生きている』(講談社現代新書、2012)『加藤周一 二十世紀を問う』(岩波新書、2013)『戦争文化と愛国心』(みすず書房、2018)など。訳書 ニザン『番犬たち』(晶文社、1967)ペレック『眠る男』(晶文社、1970、水声社、2016)ファノン『黒い皮膚・白い仮面』(共訳、みすず書房、1969、1998)ボーヴォワール『別れの儀式』(共訳、人文書院、1989)サルトル『植民地の問題』(共訳、人文書院、2000)『自由への道』(共訳、岩波文庫、2000)『家の馬鹿息子』1-4(共訳、人文書院、1982、1989、2006、2015)ほか多数。

「2020年 『黒い皮膚・白い仮面 【新装版】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

海老坂武のおすすめランキングのアイテム一覧

海老坂武のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『狂気の愛 (光文社古典新訳文庫)』や『自由への道〈1〉 (岩波文庫)』や『黒い皮膚・白い仮面 (みすずライブラリー)』など海老坂武の全81作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

狂気の愛 (光文社古典新訳文庫)

161
3.13

感想・レビュー

あんまり面白くなかった。 もっと読む

自由への道〈1〉 (岩波文庫)

160
4.10
サルトル 2009年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

合わなかった。 開始直後で放棄 もっと読む

黒い皮膚・白い仮面 (みすずライブラリー)

132
3.81

感想・レビュー

アンティル諸島と日本はどこか似ている。白人やヨーロッパに対する意識も。 パリでのこと。とある店で、黒人店員に差別的待遇を受けたことがある。その時、正直思... もっと読む

サルトル―「人間」の思想の可能性 (岩波新書 新赤版 (948))

110
3.19
海老坂武 2005年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『嘔吐』から─出発点(私にとっての『嘔吐』◆<人間>の思想の萌芽◆サルトルの肖像─1)◆戦争、収容所、占領─戦時下の思想形成(<奇妙な戦争>と戦中日記◆『... もっと読む

自由への道〈2〉 (岩波文庫)

83
4.22
サルトル 2009年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岩波文庫(赤) 080/I 資料ID 20102004130 もっと読む

加藤周一――二十世紀を問う (岩波新書)

73
3.59
海老坂武 2013年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

60年安保のときのノンポリとその後の留学の原因は、もしかすると中学時代、まったく友人が居なかったことに起因するのではないでしょうか。 若い頃、「たむろ」... もっと読む

自由への道(三) (岩波文庫)

73
3.33
サルトル 2009年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映像のような書き方、読むのが面倒になった。 もっと読む

自由への道(四) (岩波文庫)

61
3.67
サルトル 2010年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岩波文庫(赤) 080/I 資料ID 20102004156 もっと読む

自由への道(五) (岩波文庫)

58
3.33
サルトル 2010年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岩波文庫:赤 080/I 資料ID 2010200653 もっと読む

文学とは何か

58
3.78
J‐P・サルトル 1998年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

借り物 もっと読む

自由への道(六) (岩波文庫)

56
4.00
サルトル 2011年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岩波文庫:赤 080/I 資料ID 2011200057 もっと読む

恋する虜―パレスチナへの旅

53
3.91
ジャン・ジュネ 1994年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

濃密さ故の毒気に当てられ感想も覚束無いほど憔悴している。魅惑され囚われし者の憔悴だ。否が応でも連日のように目にする現在のガザ地区の悲惨な状況を照らして読む... もっと読む

戦後文学は生きている (講談社現代新書)

40
2.88
海老坂武 2012年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

烏兎の庭 第五部 書評 2.18.16 http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto05/bunsho/ebi.html もっと読む

いまこそ、希望を (光文社古典新訳文庫)

35
3.33

感想・レビュー

著者:ジャン=ポール・サルトル(Sartre, Jean Paul, 1905-1980、フランス・パリ、哲学)、ベニ・レヴィ(Lévy, Benny, ... もっと読む

人生を正しく享受するために 〈新〉人生論ノート (朝日新書)

26
3.33
海老坂武 2014年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【選択】何かを選ぶということは、他のものを選ばぬということ、他のものを捨てるということだ。ひとりの女を選ぶということは他の女を捨てること。一つの表現を選ぶ... もっと読む

意味と無意味

24
4.50

感想・レビュー

メルロ=ポンティ初期の論文集。セザンヌへの興味、ゲシュタルト心理学への接近は相変わらずだが、この時期はサルトルやボーヴォワールと共に雑誌をつくり、実存主義... もっと読む
全81アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×