海道龍一朗のおすすめランキング

プロフィール

作家

海道龍一朗のおすすめランキングのアイテム一覧

海道龍一朗のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『真剣―新陰流を創った男、上泉伊勢守信綱 (新潮文庫)』や『北條龍虎伝 (新潮文庫)』や『天海譚 戦川中島異聞 天佑、我にあり(上) (講談社文庫)』など海道龍一朗の全75作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

真剣―新陰流を創った男、上泉伊勢守信綱 (新潮文庫)

97
3.96
海道龍一朗 2005年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私の剣豪小説ブームはこの一冊から始まりました。 凄い。私にとって、とてつもなく面白い。 もっと読む

北條龍虎伝 (新潮文庫)

80
4.14
海道龍一朗 2008年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北條氏康と北條綱成を中心に河越夜戦までの北條家を描いている。印象としては中高生向け北條氏康物語。 もっと読む

華、散りゆけど 真田幸村 連戦記

53
4.07
海道龍一朗 2012年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

九度山での蟄居から大坂の陣までの、真田幸村を描く。 武将としての矜持を貫く姿がかっこいいったらありゃしない。 でも、 戦闘は天才的だけど部隊長どまり... もっと読む

室町耽美抄 花鏡

45
3.50
海道龍一朗 2015年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第二次讀這個作者的書,沒有讓我失望。四個短篇第一個是世阿弥元清的故事,當然因為才剛讀完杉本苑子的關係,覺得沒那麼出色。但第二個金春氏信就開始覺得還不錯,也... もっと読む

華、散りゆけど 真田幸村 連戦記 (集英社文庫)

40
4.20
海道龍一朗 2014年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真田幸村ファンにはたまらない作品。大阪の夏の陣で信繁が見たのは幻か・・・ もっと読む

悪忍 加藤段蔵無頼伝(双葉文庫)

39
3.60
海道龍一朗 2009年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これまでの私が読んだ作品からはちょっと変わって、 抜け忍加藤段蔵が自分の気分の赴くままに 戦国大名を渡り歩くお話です。 悪忍とはなんぞや、誰が一... もっと読む

天佑、我にあり

38
4.05
海道龍一朗 2010年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第4次川中島の戦い.合議制で評定を行う甲斐の信玄,越後は軍神と言われる謙信が一人で立案する.両陣営の戦略の立て方の違いがわかる.全編に手に血湧き肉躍る軍記... もっと読む

早雲立志伝 (角川文庫)

38
3.85
海道龍一朗 2013年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

後に小田原北条氏の初代・北条早雲となる伊勢盛時の若き日の失敗と苦悩を描く!! もっと読む

禁中御庭者綺譚 乱世疾走 (新潮文庫)

36
3.36
海道龍一朗 2007年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジャンプとかで、連載されててもおかしくない話。みんなそれぞれの方言で話すので大変読みにくいけど、個性がよーくわかる。特に秀吉はなに言ってるかわからない。お... もっと読む

我、六道(りくどう)を懼(おそ)れず―真田昌幸連戦記

32
3.88
海道龍一朗 2013年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

痛快時代小説ですね。真田昌幸の活躍を、信玄の小姓にあがるところから、長篠の合戦で兄2人を失うところまでが描かれる第一部。 ちょっと信玄を持ち上げすぎ(昌... もっと読む

後北條龍虎伝

28
3.81
海道龍一朗 2006年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北条氏康と今川家臣の福島正成の遺児であり、後に義弟となった北条綱成が主人公の作品です。 この本では氏康と綱成が幼少のころから、武将として成長し、河越の夜... もっと読む

早雲立志伝

26
4.00
海道龍一朗 2011年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

這本書真是超乎我意外地超級有趣!!!!遙想那本拖超級無敵久還看不完的三卷本(雖然現在的新說比較有說服力,也不盡然是那本的錯),果然把這個主題寫得有趣的還是... もっと読む

真剣 新陰流を創った漢、上泉伊勢守信綱(上) (講談社文庫)

26
4.10
海道龍一朗 2012年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

松本備前守と愛洲伊香斎に師事する主人公。十字槍の天啓を受ける胤栄。 もっと読む

北條龍虎伝(上) (講談社文庫)

26
3.89
海道龍一朗 2013年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北條氏康というと、謙信、信玄の攻撃を小田原城で防いだ守りのイメージが強かったが、若かり頃はやんちゃだっんだな。下巻に出てくるであろう、河越夜戦が楽しみ。ま... もっと読む

真剣 新陰流を創った漢、上泉伊勢守信綱(下) (講談社文庫)

24
4.30
海道龍一朗 2012年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最後の二人の闘い痺れました。もっと深くこの方の事を知りたくなりました。 もっと読む

北條龍虎伝(下) (講談社文庫)

24
3.75
海道龍一朗 2013年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

調布深大寺、分倍河原、河越など地元の地名がふんだんと出てきており、興味深かった。大将の決断、今で言う社長の決断とは、孤独なものだなと思われた。また、文庫本... もっと読む

百年の亡国 憲法破却 (講談社文庫)

20
4.14
海道龍一朗 2010年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

653ページを読み切りました。 久しぶりに本を読み泣いた。マクドナルドで人目も憚らず・・・・。 戦後、食料もない時代、主人公が銀しゃりを食し、... もっと読む
全75アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする