深木章子のおすすめランキング

プロフィール

みき・あきこ1947年東京生まれ。東京大学法学部卒。元弁護士。60歳を機に執筆活動を開始、2010年に『鬼畜の家』で島田荘司選第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞。『衣更月家の一族』『螺旋の底』が第13回・第14回本格ミステリ大賞にノミネート、『ミネルヴァの報復』が日本推理作家協会賞にノミネートされるなど、注目を集めている。他の著書に、『敗者の告白』『殺意の構図』『交換殺人はいかが? じいじと樹来とミステリー』『猫には推理がよく似合う』『消人屋敷の殺人』。

「2018年 『ミネルヴァの報復』 で使われていた紹介文から引用しています。」

深木章子のおすすめランキングのアイテム一覧

深木章子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『鬼畜の家 (講談社文庫)』や『鬼畜の家 (a rose city fukuyama)』や『殺意の構図 探偵の依頼人』など深木章子の全40作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

鬼畜の家 (講談社文庫)

554
3.47
深木章子 2014年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 北川由紀名は「鬼畜の家」という形容がぴったりの歪んだ家庭環境の影響で、幼い頃から引きこもりとなった。姉の亜矢名が勉強を教えていたため、ある程度の学力は身... もっと読む

鬼畜の家 (a rose city fukuyama)

370
3.46
深木章子 2011年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

貴志祐介「黒い家」、湊かなえ「告白」。貫井徳郎「愚行録」その他、既存の作品を継ぎ接ぎしたような感じ。そんな既視感を持ちながらも、最後まで読ませる力量はある... もっと読む

殺意の構図 探偵の依頼人

163
3.45
深木章子 2013年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『殺意の構図  探偵の依頼人』       深木章子  光文社 ある冤罪事件に端を発する連続不審死事件。その発端は、放火による殺人だった。容疑者は... もっと読む

猫には推理がよく似合う

144
3.09
深木章子 2016年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サクサクと読めてあり得ない展開(猫と話をする)なのに楽しく読めたのはスコティがかわいいからか。 時刻表トリックについての酷評には笑ってしまった。 犯人... もっと読む

敗者の告白 (角川文庫)

132
3.18
深木章子 2017年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み始めてから気づきましたが親本を買って読んでいました。Kindleは同じ本を買おうとすると「既に買っています」と知らせてくれるけれど、親本と文庫は別物で... もっと読む

衣更月家の一族 (ミステリー・リーグ)

130
3.41
深木章子 2012年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

う~~~ん なんとも・・・ ちょっと・・・ わかるけどね まあいいかっておもってしまう もっと読む

衣更月家の一族 (講談社文庫)

115
2.95
深木章子 2015年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白い構成と大仕掛けのミステリーではあるが、事件の全貌が明らかになる『衣更月家の一族』からエピローグまでがやたら説明的なのが残念。動画を観ていたはずなのに... もっと読む

敗者の告白 弁護士睦木怜の事件簿

111
3.65
深木章子 2014年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初タイトルを見た時、スポーツ系ミステリ?と思ったのだけど。 子どもが被害者である二つの痛ましい事故。その事故が実は殺人であった、しかも容疑者がその家族?... もっと読む

螺旋の底 (ミステリー・リーグ)

103
3.40
深木章子 2013年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

屋敷の中央をつらぬく螺旋階段。 その底は牢獄のように暗く、厳重に施錠され、陰惨な過去を封じ込めてあるのだという。 その家に嫁いできた彼女の目的、それは... もっと読む

消人屋敷の殺人

92
3.36
深木章子 2017年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

嵐の山荘、消人屋敷、謎の覆面作家と失踪した編集者。素晴らしいガジェットてんこ盛り。 これだけあったらどこもかしこも疑って読んで、疑いすぎて最終的に騙され... もっと読む

ミネルヴァの報復 (ミステリー・リーグ)

77
3.15
深木章子 2015年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人物造詣がやや古風に感じたが、法曹界の業界話が説明臭くなく織り込まれていたのは魅力。 http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187... もっと読む

消えた断章

68
3.28
深木章子 2018年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学4年生の樹来は、妹の友人である夕夏の依頼で、元警捜査一課の刑事であった祖父に相談しに行くことに。 夕夏は10年前、誘拐されたことがあったが、断片的に... もっと読む

螺旋の底 (講談社文庫)

46
3.39
深木章子 2016年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かったが、ちょっとヒントを出しすぎかも。どんでん返し好きなミステリファンはまず目次に日付が並んでいる時点で時系列に何かあるなと思う。他にも何気ない会話... もっと読む

殺意の構図 探偵の依頼人 (光文社文庫)

44
3.43
深木章子 2016年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今、秘かに応援している推理作家、深木章子さん。 秘かにする必要などないけれど。何故もっと注目されないのかわからない。 遺産目的での義父殺害の嫌疑が... もっと読む

ミネルヴァの報復 (角川文庫)

30
3.40
深木章子 2018年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元弁護士の著者ならではの、女性弁護士が奔走する傑作本格推理!猪突猛進の戦女神ミネルヴァを思わせる弁護士・横手皐月。サポートするのは、冷静沈着な法の神・テミ... もっと読む

交換殺人はいかが? (光文社文庫)

23
3.33
深木章子 2018年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

決めセリフは「僕はそんなことじゃないと思うんだけどなあ」。元刑事の祖父に難事件の話をせがむ小学六年生が、大人顔負けの推理を語る本格ミステリー短編集。 交換... もっと読む

鬼畜の家 榊原シリーズ (講談社文庫)

9
3.60
深木章子 電子書籍 2014年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こわーーーー。 後半まさかのどんでん返しでぶったまげた。 って、真犯人が思ってた人物ではなかったことじゃなくて、 真犯人の恐ろしい程までの執念にぶっ... もっと読む

敗者の告白 (角川文庫)

5
5.00
深木章子 電子書籍 2017年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

平成30年5月29日読了 もっと読む
全40アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする