深水黎一郎のおすすめランキング

プロフィール

1963年、山形県生まれ。2007年に『ウルチモ・トルッコ』で第36回メフィスト賞を受賞してデビュー。2011年に短篇「人間の尊厳と八〇〇メートル」で、第64回日本推理作家協会賞を受賞。2014年、『最後のトリック』(『ウルチモ・トルッコ』を改題)がベストセラーとなる。2015年刊『ミステリー・アリーナ』で同年の「本格ミステリ・ベスト10」第1位、「このミステリーがすごい!」6位、「週刊文春ミステリーベスト10」4位となる。

「2020年 『詩人の恋』 で使われていた紹介文から引用しています。」

深水黎一郎のおすすめランキングのアイテム一覧

深水黎一郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『最後のトリック (河出文庫)』や『ミステリー・アリーナ (講談社文庫)』や『ミステリー・アリーナ (ミステリー・リーグ)』など深水黎一郎の全102作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

最後のトリック (河出文庫)

2294
2.63
深水黎一郎 2014年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「お父さん、これ面白いよ。読んでみる?」 中学生の次男坊から勧められて手に取った。 「犯人は読者である」 ミステリーの歴史の中で出し尽く... もっと読む

ミステリー・アリーナ (講談社文庫)

336
3.21
深水黎一郎 2018年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミステリーのあるあるが盛りだくさん。どうなるのか最後まで予想がつきません。終盤のたたみかけは、私は、大いに笑わせてもらいました。 もっと読む

ミステリー・アリーナ (ミステリー・リーグ)

323
3.39
深水黎一郎 2015年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

推理闘技場というテレビ番組の問題としてミステリーのテキストが順次披露され、それに回答する形で犯人を当てるという流れで話しが進む.司会者の樺山が大げさなナレ... もっと読む

ウルチモ・トルッコ 犯人はあなただ ! (講談社ノベルス)

306
3.01
深水黎一郎 2007年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2014.3.5再読 処分 メフィスト賞受賞作。 「読者が犯人」という究極のトリックに挑戦した作品。 読後数年経っても忘れられないインパクトがある。 残... もっと読む

美人薄命

270
3.62
深水黎一郎 2013年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<あらすじ> 孤独に暮らす老婆と出会った、大学生の総司。家族を失い、片方の目の視力を失い、貧しい生活を送る老婆は、将来を約束していた人と死に別れる前日のこ... もっと読む

美人薄命 (双葉文庫)

213
3.63
深水黎一郎 2016年4月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020/05/24読了 #このミス作品25冊目 純愛ミステリ。 長きに渡る時を越えた老婆の想い。 ミステリの概念を無視して読みたい。 著者の文章や表現... もっと読む

人間の尊厳と八〇〇メートル

179
3.47
深水黎一郎 2011年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。 タイトルが上手で、興味をそそられた。 もっと読む

五声のリチェルカーレ (創元推理文庫)

167
3.30
深水黎一郎 2010年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

深水黎一郎による、学芸タッチの中編ミステリ。 デビュー作から考えると、特異な起承転結はないが、代わりに文体や表現、セリフ等で所々個性を滲ませている感じが... もっと読む

エコール・ド・パリ殺人事件 レザルティスト・モウディ (講談社文庫)

161
3.48
深水黎一郎 2011年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読者への挑戦状も付いてて、久しぶりに血がたぎったんですが、うーん…これはちょっとアンフェアくさいぞ(笑)。 肝心のミステリーも「芸術蘊蓄」に比べると... もっと読む

花窗玻璃 シャガールの黙示 (講談社ノベルス)

137
3.38
深水黎一郎 2009年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

161004読了。 トリックのイメージはあったが、、実行は難しそうだ。 美術に関する知識に、好奇心をそそられる。 特に教会建築ゴシック建築はきちんと勉強し... もっと読む

倒叙の四季 破られたトリック (講談社ノベルス)

123
3.44
深水黎一郎 2016年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

倒叙ものの本格ミステリ連作集です。 四作品入っていますが、いずれも、実行から始まり、捜査の過程でサスペンスが盛り上がり、解決編で終わる。美しいミステリ連作... もっと読む

人間の尊厳と八〇〇メートル (創元推理文庫)

121
3.28
深水黎一郎 2014年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このこぢんまりとした酒場に入ったのは、偶々(たまたま)のことだ。 そこで初対面の男に話しかけられたのも、偶然のなせるわざ。 そして、異様な “賭け”を... もっと読む

ジークフリートの剣

116
3.69
深水黎一郎 2010年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

知識が無いのでオペラパートが読みづらかったものの、とにかく美しいラスト! もっと読む

エコール・ド・パリ殺人事件 レザルティスト・モウディ (講談社ノベルス)

113
3.43
深水黎一郎 2008年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

暁画廊の社長、暁宏之が邸宅の自室で死体として発見される。貴重な絵画は手つかずで、閂のかかった窓には意味ありげに血が何層もに重ね塗りされていた。いわゆる「密... もっと読む

言霊たちの夜

108
2.87
深水黎一郎 2012年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これまでの深水作品とは大きく雰囲気を変えたユーモア感覚あふれる非ミステリ短篇集。次から次へと繰り出される言葉遊びがくだらないけど、いやくだらないからこそ面... もっと読む

トスカの接吻 オペラ・ミステリオーザ (講談社ノベルス)

107
3.24
深水黎一郎 2008年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

オペラ薀蓄は良かったが、後味の悪さが・・・ http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/13231230.html もっと読む

犯人選挙

101
3.00
深水黎一郎 2019年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

深水さんの新しい試みミステリ、好き。 「誰が犯人の世界を読みたいか」のマルチエンディングストーリー。「え?そんな理由?」っていう若干苦しいオチに感じるのも... もっと読む

虚像のアラベスク

100
3.11
深水黎一郎 2018年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まんまと騙された!1話目はバレエの話でかなりカタカタが多くてバレエ蘊蓄が満載。苦手なカタカタも用語もバレエ好きなので面白く読めた。そして2話目はまさに「虚... もっと読む

人狼作家

86
3.13
千澤のり子 2015年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近、初めてリアルでやったが、まったく要領を得なかったので、復習がてらに読む。 登場人物のハンドルネームが長いために、早々に誰が誰の何を指摘している... もっと読む
全102アイテム中 1 - 20件を表示

深水黎一郎の関連サイト

ツイートする
×