深沢七郎のおすすめランキング

プロフィール

大正三年(一九一四)、山梨県に生まれる。旧制日川中学校を卒業。中学生のころからギターに熱中、のちにリサイタルをしばしば開いた。昭和三十一年、「楢山節考」で第一回中央公論新人賞を受賞。『中央公論』三十五年十二月号に発表した「風流夢譚」により翌年二月、事件が起こり、以後、放浪生活に入った。四十年、埼玉県にラブミー農場を、四十六年、東京下町に今川焼屋を、五十一年には団子屋を開業して話題となる。五十六年『みちのくの人形たち』により谷崎潤一郎賞を受賞。他に『笛吹川』『甲州子守唄』『庶民烈伝』など著書多数。六十二年(一九八七)八月没。

「2018年 『書かなければよかったのに日記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

深沢七郎のおすすめランキングのアイテム一覧

深沢七郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『楢山節考 (新潮文庫)』や『〆切本2』や『人間滅亡的人生案内 (河出文庫 ふ 13-1)』など深沢七郎の全141作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

楢山節考 (新潮文庫)

1836
3.80
深沢七郎 1964年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1956(昭和31)年に刊行されたというから、ずいぶん昔の小説を読んだ。刊行当時、著者は42歳で本作が処女作である。もともとミュージシャンだったらしい。本... もっと読む

〆切本2

639
3.41
森鷗外 2017年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一作目でお腹いっぱいだったはずなのに、二作目まで読んでしまった。 〆切りに苦しめられる作家さんたちの言い訳エッセイや詫び状たち。 私的な書簡・手紙など... もっと読む

人間滅亡的人生案内 (河出文庫 ふ 13-1)

545
3.07
深沢七郎 2016年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『楢山節考』を久しぶりに再読したので、その流れで本書にたどり着いた。1971年初版。ということで、悩みもお返事もほぼ1960年代ということになるかと思われ... もっと読む

言わなければよかったのに日記 (中公文庫 A 99-4)

423
3.62
深沢七郎 1987年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・当時の文豪達とのおもしろエピソード・思い出話・小噺集 の3段構造。 作家の自叙伝の中ではかなり笑えた。 ピュアだったんだなあ。。。 もっと読む

トラウマ文学館 (ちくま文庫)

375
3.28
直野祥子 2019年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

頭木さん編集2冊目。「元気なときにお読みください」とあとがきにあってももう読んじゃった‥どれも強烈だが比較的好きなのは原民喜、フィリップ・K・ディック、筒... もっと読む

みちのくの人形たち (中公文庫 ふ 2-5)

340
3.52
深沢七郎 2012年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不思議な文体に、うねうねと続くトンネルを這っていくような気持ちがした。 ほの暗い、それでいて湿り気のある、長くて細いトンネル。そこを進んでいくのは、まる... もっと読む

笛吹川 (講談社文芸文庫 ふK 1)

210
4.02
深沢七郎 2011年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

分かりづらく凄いものを読んでしまった感。 表題の笛吹川に沿って、武将と農民の六代に渡る盛衰を淡々と見せられてしまう。 町田康氏の「どうにもならない」とい... もっと読む

庶民烈伝 (中公文庫 ふ 2-6)

196
3.72
深沢七郎 2013年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

んー、面白い。 別に唸る様な仕掛けも美しい表現も綺麗な締まりないが、表題通りの、当時の“庶民”の苛烈な生活がつらつらと描かれている。 序章の、“庶民”の... もっと読む

言わなければよかったのに日記 (中公文庫 ふ 2-8)

166
3.40
深沢七郎 2017年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

多分、最初に読んだのは中学生の頃だと思う。 きょう、奈良の「ふうせんかずら」で発見して嬉しくなったので、即決で入手した。 冒頭の正宗白鳥先生との思... もっと読む

ものがたりのお菓子箱

153
3.18
谷崎潤一郎 2008年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

玉石混淆というか好みのもんだいでしょうが…。 谷崎潤一郎の「魚の李太白」と小川未明の「月箭野メルヘン」が好き あとはうーん好みじゃない もっと読む

生きているのはひまつぶし (光文社文庫 ふ 22-1)

150
3.29
深沢七郎 2010年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ー おいらが気持ちいい事は、ちょっと、まあ、寂しいような時だ。シャーベットのような味がするんだ。寂しいって痛快なんだ。 楢山節考も深沢七郎もよく知らず、... もっと読む

生きているのはひまつぶし 深沢七郎未発表作品集

104
3.41
深沢七郎 2005年7月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「未発表作品集」とはよくいったもので、実態は口述筆記の寄せ集め。出版社はうまい。 「庶民」「実感」「現実」みたいなものに後ろめたさを抱えていきる軟弱... もっと読む

楢山節考/東北の神武たち - 深沢七郎初期短篇集 (中公文庫)

95
3.67
深沢七郎 2014年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今までにない読書体験だった。 深沢七郎は、言わなければよかったのに日記を読んで、楢山節考を読まなきゃとおもい、古本屋で購入。 エッセイに度々出てきていた... もっと読む

人間滅亡的人生案内

91
3.21
深沢七郎 2013年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

くそみたいな相談に、むちゃくちゃな回答。でもそんな自分には到底理解できないような考え方に対して、そういういなし方もあるのだなと思った。共感できるかどうかは... もっと読む

風流夢譚

67
3.36
深沢七郎 電子書籍 2012年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この作品の裏側に思想を持ち出すのはナンセンスじゃないかな。物語の内容としてはショッキングかも知れないけど、事件のきっかけとなった場面よりも夢の中の不条理さ... もっと読む

深沢七郎コレクション 流 (ちくま文庫 ふ 15-2)

62
3.90
深沢七郎 2010年11月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

6作品収録されており、民俗を題材にした「東北の神武たち」「みちのくの人形たち」と、役者を題材にした「千秋楽」「女形」「流転の記」にざっと分けられる。『楢山... もっと読む

深沢七郎の滅亡対談 (ちくま文庫 ふ 15-1)

59
3.94
深沢七郎 1993年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山下清との対談が、とてもよい印象を受けた。大神様と野坂昭如との対談は非常に面白かった。座談会のあたりは苦笑いしながら読み切る。一番印象に残ったのは、大江健... もっと読む

現代思想2011年11月臨時増刊号 総特集=宮本常一 生活へのまなざし

58
4.40
宮本常一 2011年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮本常一をそれなりに客観的に評価している。 なかなかの本。 是非ご一読を。 もっと読む

ちくま日本文学全集 52 深沢七郎

57
3.52
深沢七郎 1993年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「言わなければよかったのに日記」だけ読んだ。 深沢が作家たちと話をして後悔したりしたことを書いている。ある作家の家の庭木に登って庭を偵察した話は笑った。 もっと読む

書かなければよかったのに日記 (中公文庫 ふ 2-9)

50
4.00
深沢七郎 2018年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あいかわらず、なんだかとぼけた内容。 もっと読む
全141アイテム中 1 - 20件を表示

深沢七郎に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×