深沢七郎のおすすめランキング

プロフィール

大正三年(一九一四)、山梨県に生まれる。旧制日川中学校を卒業。中学生のころからギターに熱中、のちにリサイタルをしばしば開いた。昭和三十一年、「楢山節考」で第一回中央公論新人賞を受賞。『中央公論』三十五年十二月号に発表した「風流夢譚」により翌年二月、事件が起こり、以後、放浪生活に入った。四十年、埼玉県にラブミー農場を、四十六年、東京下町に今川焼屋を、五十一年には団子屋を開業して話題となる。五十六年『みちのくの人形たち』により谷崎潤一郎賞を受賞。他に『笛吹川』『甲州子守唄』『庶民烈伝』など著書多数。六十二年(一九八七)八月没。

「2018年 『書かなければよかったのに日記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

深沢七郎のおすすめランキングのアイテム一覧

深沢七郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『楢山節考 (新潮文庫)』や『〆切本2』や『言わなければよかったのに日記 (中公文庫)』など深沢七郎の全130作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

楢山節考 (新潮文庫)

1294
3.77
深沢七郎 1964年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作は姥捨山の伝説を題材にした短編。映画化されたこともありもっと長編のようなイメージだった。しかし短い中にいろんな人間の感情がものすごく濃縮されて詰まっ... もっと読む

〆切本2

385
3.53
森鷗外 2017年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一作目でお腹いっぱいだったはずなのに、二作目まで読んでしまった。 〆切りに苦しめられる作家さんたちの言い訳エッセイや詫び状たち。 私的な書簡・手紙など... もっと読む

言わなければよかったのに日記 (中公文庫)

378
3.65
深沢七郎 1987年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは深沢七郎のごく初期のエッセイ集であり、「風流夢譚」事件よりも前に書かれたものである。 「楢山節考」の作者の頭の中がどんな風になっているか、人はこの... もっと読む

庶民烈伝 (中公文庫)

152
3.86
深沢七郎 2013年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

深沢七郎のこの本を読みたいなあと思っていたら、ちょうど中公文庫が出してくれた。ありがとう。これからも深沢七郎出して下さい。 最初の「序章」と「おくま嘘歌... もっと読む

トラウマ文学館 (ちくま文庫)

145
3.30
直野祥子 2019年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

頭木弘樹・編『トラウマ文学館 』ちくま文庫。 『絶望図書館』の第2弾らしい。『絶望図書館』は未読なので、近々読んでみたいものだ。古今東西の嫌な後味を残し... もっと読む

みちのくの人形たち (中公文庫)

142
3.41
深沢七郎 2012年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不思議な文体に、うねうねと続くトンネルを這っていくような気持ちがした。 ほの暗い、それでいて湿り気のある、長くて細いトンネル。そこを進んでいくのは、まる... もっと読む

ものがたりのお菓子箱―日本の作家15人による

138
3.21

感想・レビュー

お菓子箱といっても、かなり大人でビター。 苦い味がいつまでも残ってしまうものものもあるので、寝る前に読むと消化不良を起こす危険アリ。 谷崎潤一郎の一編... もっと読む

生きているのはひまつぶし (光文社文庫)

117
3.56
深沢七郎 2010年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「人間っていうのは、みんなうすぎたないやつだよ、みんな。権威にはウンと弱くてね。」 深沢七郎を知っているとか読んだことがあるとしたら、おそらくそれは... もっと読む

笛吹川 (講談社文芸文庫)

95
4.10
深沢七郎 2011年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「流れていくなあ」と読みながら何度か思った。いや、タイトルが『笛吹川』だからではなくて本当に語りが流れて横滑りしていく。実際作中では川の流れが変りもするが... もっと読む

生きているのはひまつぶし 深沢七郎未発表作品集

87
3.45
深沢七郎 2005年7月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「未発表作品集」とはよくいったもので、実態は口述筆記の寄せ集め。出版社はうまい。 「庶民」「実感」「現実」みたいなものに後ろめたさを抱えていきる軟弱... もっと読む

人間滅亡的人生案内

70
3.08
深沢七郎 2013年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

約50年前の1967年から1969年、20歳前後の読者が多い「話の特集」に掲載された身の上相談集。日常生活のつまらなさ、退屈といった悩みに対する人間滅亡教... もっと読む

楢山節考/東北の神武たち - 深沢七郎初期短篇集 (中公文庫)

54
3.73
深沢七郎 2014年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本当は風流夢譚が読みたかった。 話自体はなんだか後味悪く怖い むしろ、巻末の三島や武田の対談が面白い もっと読む

深沢七郎コレクション 流 (ちくま文庫)

53
3.90
深沢七郎 2010年11月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

6作品収録されており、民俗を題材にした「東北の神武たち」「みちのくの人形たち」と、役者を題材にした「千秋楽」「女形」「流転の記」にざっと分けられる。『楢山... もっと読む

深沢七郎 (ちくま日本文学全集)

50
3.55

感想・レビュー

「言わなければよかったのに日記」だけ読んだ。 深沢が作家たちと話をして後悔したりしたことを書いている。ある作家の家の庭木に登って庭を偵察した話は笑った。 もっと読む

言わなければよかったのに日記 (中公文庫)

49
3.33
深沢七郎 2017年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小川洋子さんの対談本で『みちのくの人形たち』に興味を持って読んで、勢いで『楢山節考』を読んだあと、なぜかたまたま読んだ無関係な本に深沢七郎の名前が出てくる... もっと読む

深沢七郎の滅亡対談 (ちくま文庫)

47
3.94
深沢七郎 1993年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山下清との対談が、とてもよい印象を受けた。大神様と野坂昭如との対談は非常に面白かった。座談会のあたりは苦笑いしながら読み切る。一番印象に残ったのは、大江健... もっと読む

現代思想2011年11月臨時増刊号 総特集=宮本常一 生活へのまなざし

46
4.40
宮本常一 2011年10月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宮本常一をそれなりに客観的に評価している。 なかなかの本。 是非ご一読を。 もっと読む

深沢七郎コレクション 転 (ちくま文庫)

42
4.75
深沢七郎 2010年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

深沢七郎コレクション 転 (ちく 深沢七郎の文章にはものすごいオーラというか、魂というか、とにかくものすごいものがうごめいていると思った。むしろそのうごめ... もっと読む

風流夢譚

42
3.00
深沢七郎 電子書籍 2012年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和天皇の治世、1945(昭和20)年8月15日をめぐる諷刺。降伏をしていのちをたすけてやったのは天皇のおかげだぞという皇太后に対し、終戦になって命が助か... もっと読む
全130アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする