深町秋生のおすすめランキング

プロフィール

1975年山形県生まれ。2004年『果てしなき渇き』で第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しデビュー。同作は14年『渇き。』として映画化、話題となる。11年『アウトバーン』に始まる「八神瑛子」シリーズが40万部を突破。著書に『卑怯者の流儀』『探偵は女手ひとつ』など多数。

「2022年 『煉獄の獅子たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

深町秋生のおすすめランキングのアイテム一覧

深町秋生のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『果てしなき渇き (宝島社文庫)』や『アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 (幻冬舎文庫)』や『アウトクラッシュ 組織犯罪対策課 八神瑛子Ⅱ (幻冬舎文庫)』など深町秋生の全142作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

果てしなき渇き (宝島社文庫)

3024
2.94
深町秋生 2007年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中三春、読了。  だんだんと暗い真実が見えてくる小説です。個人的には好きだったけど、暗い話が苦手な人にはオススメしません。 もっと読む

アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 (幻冬舎文庫)

1579
3.49
深町秋生 2011年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ニューヒロインの登場です。ヤクザと組んだり、警官仲間に金を貸して、至る所に情報網を巡らし、手荒な操作も平然とやってのける美貌の刑事八神瑛子。物語が都合良く... もっと読む

アウトクラッシュ 組織犯罪対策課 八神瑛子Ⅱ (幻冬舎文庫)

973
3.67
深町秋生 2012年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み始めると、6年前に読んでいるⅠの続きのよう。 前後の経緯や人間関係が分からず、すっかり忘れているⅠを読み直してから、再度取り組み。 自殺と見做され... もっと読む

アウトサイダー 組織犯罪対策課 八神瑛子III (幻冬舎文庫)

723
3.62
深町秋生 2013年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ完結編。 前作で夫の自殺が他殺だと確信した瑛子がさらに事件の核心に迫っていく。 完結編だけに初回からガンガン飛ばしているイメージ。暴力シーンも... もっと読む

果てしなき渇き

577
2.85
深町秋生 2005年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

グロいのが、苦手なわけではない。 けど、後味悪。誉田さんの「月光」読んだ後の感じに似ている。 主人公のおっさんに何一つ共感できないまま、読み終ってしま... もっと読む

ダブル (幻冬舎文庫)

477
3.38
深町秋生 2012年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3分の2ぐらいまでは すごく良かった。 今までになかったような展開のストーリー。 警察官の佳子もボロクソにやられるし。 タバコの相手が梶かあとは思った ... もっと読む

バッドカンパニー (集英社文庫)

462
3.43
深町秋生 2016年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

型破りな人材派遣会社が舞台のアクション小説。 読み進めると、人材派遣会社というより民間軍事会社、スタッフは傭兵みたいだと感じる。 女子大生が軍用拳銃を... もっと読む

ドッグ・メーカー: 警視庁人事一課監察係 黒滝誠治 (新潮文庫)

350
3.69
深町秋生 2017年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さすが深町秋生、今回も読ませてくれました。 深町作品に登場する刑事はやることは犯罪スレスレ(いや、犯罪か(笑))でも気骨があり、思わず応援してしま... もっと読む

ダウン・バイ・ロー (講談社文庫)

327
3.13
深町秋生 2012年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いろいろ突っ込みどころはあるが、深町秋生らしい一冊。 前半から中盤は少しもどかしい位の展開。しかし、後半からラストに向けて様々な謎が明らかになる怒濤の展... もっと読む

デッドクルージング (宝島社文庫)

282
3.01
深町秋生 2011年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少しストーリが粗いかな。それにしても殺し過ぎ。 もっと読む

新装版 果てしなき渇き 上 (宝島社文庫)

268
3.01
深町秋生 2010年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まだ何も分からない。下巻へ。 もっと読む

探偵は女手ひとつ: シングルマザー探偵の事件日誌 (光文社文庫)

243
3.65
深町秋生 2019年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ふだんはほぼ便利屋と化した探偵・椎名留美の連作短編集。 元警察官の探偵が、タフに活躍するハードボイルド小説。 という設定だけなら他にもあるが、その... もっと読む

新装版 果てしなき渇き 下 (宝島社文庫)

228
2.99
深町秋生 2010年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

皆イカれてる。 思ったよりエロ描写が多かったなぁ。 読後感は悪い。 これを映画に…どこまで再現出来たんやろ…。 もっと読む

地獄の犬たち

228
3.72
深町秋生 2017年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 主人公は、窓を開けた茶の間で宿題をしていたとき銃声を聞いた。しかし真夏とあって爆竹かロケット花火の類かと思っていた。  翌日から出月家の平穏は打ち... もっと読む

ヘルドッグス 地獄の犬たち (角川文庫)

228
3.92
深町秋生 2020年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

深町秋生『ヘルドッグス 地獄の犬たち』角川文庫。 深町秋生の最高傑作と呼ぶべき超ハードなピカレスク警察小説。解説は北上次郎で、深町秋生のデビュー前の短編... もっと読む

オーバーキル バッドカンパニー2 (集英社文庫)

220
3.37
深町秋生 2018年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バッドカンパニー2作目。相変わらずのアクション満載。でも、このシリーズは他の深町作品に比べ、かなり軽いテイスト。 短編なので物足りないような気もす... もっと読む

警官の道

211
3.25
呉勝浩 2021年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

7人の作家による、7人の警官の物語。 ミステリーとしてのゾクゾク感は、 最初の短編、葉真中顕氏の「上級国民」かな? 交通事故 被害者家族のある女性。 事... もっと読む

インジョーカー

200
3.52
深町秋生 2018年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あの八神瑛子が帰ってきた。今回もアクションあり、心理戦ありの読み応え充分な出来。そして、何より登場人物のなんと魅力的なこと。 官房長を追い落と... もっと読む

ダブル

169
3.37

感想・レビュー

ハードボイルドで面白かったが心情描写が今ひとつのようにも感じた。 もっと読む

PO(プロテクション オフィサー) 警視庁組対三課・片桐美波 (祥伝社文庫)

167
3.33
深町秋生 2017年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ガッツリとした警察物が読みたくて、久しぶりに深町作品を読んでみた。 今回の主人公は身辺警護を専門とするPO(プロテクション・オフィサー)。SPは政府など... もっと読む
全142アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×