深緑野分のおすすめランキング

プロフィール

深緑野分(ふかみどり のわき)
1983年、神奈川県生まれ。神奈川県立海老名高等学校卒業。パート書店員を経て、専業作家に。2010年、短編「オーブランの少女」で第7回ミステリーズ!新人賞の佳作に入選、作家デビュー。同作は2013年に単行本で刊行。2016年、『戦場のコックたち』で第154回直木賞候補、第18回大藪春彦賞候補、第13回本屋大賞候補に。2017年、第66回神奈川文化賞未来賞(奨励賞)を受賞した。2018年、『ベルリンは晴れているか』で第160回直木賞ノミネート。

深緑野分のおすすめランキングのアイテム一覧

深緑野分のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ベルリンは晴れているか (単行本)』や『戦場のコックたち』や『戦場のコックたち (創元推理文庫)』など深緑野分の全67作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ベルリンは晴れているか (単行本)

2242
3.66
深緑野分 2018年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっと読み終えた… ここのところ、なかなか読書する時間を作れなかったというのもあるが、読み進めるのが僕にとってはつらいところのある本だった。 翻訳小説っ... もっと読む

戦場のコックたち

1861
3.78
深緑野分 2015年8月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第二次世界大戦にコックとして従軍したアメリカの若者の話。 日本人作家が丁寧に描いています。 1944年、ティムの周りでも出征する人が増えてきた。 ... もっと読む

戦場のコックたち (創元推理文庫)

838
3.91
深緑野分 2019年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私は料理に凝る性分がなく、極めて雑なものしか作りません。 野菜の切り方も乱雑だし、味付けは繊細さのかけらもない。 そんな私が”コック”を冠する小説を読んだ... もっと読む

オーブランの少女 (創元推理文庫)

599
3.85
深緑野分 2016年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

外世界と遮断された美しい庭園とお揃いのワンピースの少女たち、ヴィクトリア朝時代のロンドンでの女たちの策略、客の少ない安食堂でのトマトのサラダ、昭和の女学生... もっと読む

この本を盗む者は

565
3.85
深緑野分 2020年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者名だけ見てプルーフいただいて、読み終わって感想送ろうとしたら〆切が前日まで。ホンマダメな書店員で申し訳ありません。 で、中身。予備知識が著者名だけでい... もっと読む

注文の多い料理小説集 (文春文庫)

558
3.45
柚木麻子 2020年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

料理にまつわるアンソロジー7編。 表紙を見て、「注文の多い料理店」の表紙だか挿絵だかがそっくりだったと思い出し、絶対読みたい!と思って予約。しかし、件の... もっと読む

オーブランの少女 (ミステリ・フロンティア)

413
3.64
深緑野分 2013年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやぁ~、文句ナシに面白かった! 目は熱狂して文字を追い続け、 手はページをめくるためだけのマシーンと化す喜びよ(笑) デビュー作とは思えないく... もっと読む

分かれ道ノストラダムス

253
3.29
深緑野分 2016年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1999年、初恋の人の三回忌を終えた16歳のあさぎ。どうすれば彼は死なずに済んだのかとたらればを探る過程で、本好きの少年八女と知り合う。当時の不安定な世情... もっと読む

皆川博子の辺境薔薇館: Fragments of Hiroko Minagawa

145
4.71
皆川博子 2018年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「本の雑誌」7月号で、日下三蔵氏が「小説の女王の巨大な山脈」と題して「皆川博子の十冊」を紹介している。おお、なんてタイムリーな(私には)企画、最近読んだ初... もっと読む

小説版 韓国・フェミニズム・日本

111
3.75
チョ・ナムジュ 2020年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

韓国・ジェンダーをテーマにした作品を集める。 日本人作家と韓国人作家。 文学を読んだという気持ちになった。 12作品が収録されているので、好きな作家さ... もっと読む

分かれ道ノストラダムス (双葉文庫)

86
3.40
深緑野分 2019年11月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

展開が少し画一的過ぎて、つまらない訳では決してないのだが、裏切られることなくって感じでしょうか。 現代日本以外の場所を描いた方が、映える方なのかもし... もっと読む

注文の多い料理小説集 (文春文庫)

75
3.22
柚木麻子 電子書籍 2020年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

食をテーマのアンソロジー。どれも読み応えがありました。特に一作目は、思わず話しにのめり込んでしまいました。 もっと読む

ベルリンは晴れているか

68
3.72
深緑野分 電子書籍 2018年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第二次大戦後の混乱するベルリンで起きたある殺人事件を追うミステリー。   歯磨き粉に混ぜられた毒が原因で亡くなったクリストフ・ローレンツという一人の男... もっと読む

文学ムック たべるのがおそい vol.6

56
3.25
谷崎由依 2018年10月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

通勤中にフラッと読んでるだけに、 読み飛ばしが多い。。。 今回はクール目の作品が多かったな。 もっと読む

戦場のコックたち

43
3.56
深緑野分 電子書籍 2015年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ノルマンジー作戦の悲惨さを描いた映画は「史上最大の作戦」「プライベート・ライアン」を観たことがあり、いずれも圧倒的な感動ものだった。それをティムという戦... もっと読む

戦場のコックたち (創元推理文庫)

38
4.17
深緑野分 電子書籍 2019年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日常ミステリーのつもりで読み始めたらだいぶ違った。想定よりも第二次世界大戦で、うーんうーんつらい(リアル戦争物苦手)(ノンフィクではないが)。除隊になった... もっと読む

オーブランの少女 (創元推理文庫)

34
3.75
深緑野分 電子書籍 2016年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「戦場のコックたち」が良かったので読んでみたが こちらの方が断然素晴らしい。モノクロの情景が頭の中を駆け巡る感じがした。 派手な文章ではないけれど じっく... もっと読む

飛ぶ教室第50号(2017年夏) (児童文学の大冒険)

12
tupera tupera 雑誌 2017年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

5人の作家さんによるリレー創作。とても不思議な感じがした。 誌上ワークショップはとても面白そう!! もっと読む
全67アイテム中 1 - 20件を表示

深緑野分の関連サイト

ツイートする
×