清水一行のレビュー数ランキング

清水一行のレビュー数ランキングのアイテム一覧

清水一行のレビュー数のランキングです。ブクログユーザがレビューをした件数が多い順に並んでいます。
『虚構大学 (光文社文庫)』や『敵対的買収 (徳間文庫)』や『動脈列島 (徳間文庫)』など清水一行の全917作品から、ブクログユーザのレビュー数が多い作品がチェックできます。

虚構大学 (光文社文庫)

38
3.93
清水一行 2006年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

社会派小説としても非常に面白く、なおかつ大学の設置認可経験者によっては、読んでいて身を熱くする話であろう。新任職員の読書推薦本として挙げても良いのかもしれ... もっと読む

敵対的買収 (徳間文庫)

22
3.57
清水一行 2008年5月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今の話かと思ったら、けっこう昔の話だった。 経営者の目線で経済の実態を描いていて、知らない世界だったので興味深かった。 最後が尻切れトンボな終わり方でもや... もっと読む

動脈列島 (徳間文庫)

36
3.38
清水一行 2005年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 荒唐無稽   現代(2012年)では到底発想できない  映画的にはおもしろいかも。 もっと読む

賭博師たち (角川文庫)

29
2.75
伊集院静 1997年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生島治郎氏の「ドボンと昏睡」と清水一行氏の「修羅場の男」を読めば、阿佐田哲也氏が、ホンモノのギャンブラーだと分かる。凄すぎます。 もっと読む

ITの踊り (光文社文庫)

31
2.38
清水一行 2004年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の本を始めて読んだ。主人公が女性を見れば即座に口説き、様々な女性と肉体関係を結ぶ。さらにはこんなエロ面した作者の写真まで載っていては、この作者は女のこ... もっと読む

迷路 (徳間文庫)

6
2.00
清水一行 1998年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある事件をモチーフにした小説。 事件をメインにというよりは、事件の前段階を小説に。 ちょっと足りてないところもあるけど。。 当時の日本に... もっと読む

小説 兜町(しま) (徳間文庫)

56
3.54
清水一行 2006年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4~5回は読んでるでしょうか。本田やソニーがベンチャーだった時代のお話。普通に配当利回り1割二分とかって話出てくるw 株式投資で稼いでるところを見たこと... もっと読む

社長の品格 (光文社文庫)

42
2.92
清水一行 2005年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正直、読んでいて、あまり、楽しくなかった。最初に登場する中沢社長のキャラクターというかイメージが良くなかったからだと思う。この著者の本、もう一冊持っている... もっと読む

女帝―小説・尾上縫

26
3.67
清水一行 1993年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

尾上縫は美貌を持って産まれ料亭で働いている時には売春もしており料亭経営始めてからは霊感占いで株を買うのに才能を発揮したという内容。どこまで事実に取材して書... もっと読む

兜町物語 (集英社文庫)

19
3.88
清水一行 1987年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつの時代も証券業界は大差ないな。 もっと読む

首位戦争 (角川文庫)

14
2.75
清水一行 1989年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホンダ・ヤマハのバイクシェアを取り合う様子を描いたノンフィクション。・・・の感覚で読み始めたが、 実際はヤマハの異常ともいえる独裁体制の中での人間関係を... もっと読む

擬制資本 (集英社文庫)

13
3.00
清水一行 1995年4月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

株を媒介として儲けようとする人間と  それに対抗する人間との読み合い。  買い占めというグループの宿命 もっと読む

時効成立 (集英社文庫)

11
2.50
清水一行 1996年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今年最後に読んだ本としてはがっかり。 昔の3億円事件をヒントに構成されているが半分ポルノ小説。 もっと読む

影法師 (光文社文庫)

8
3.00
清水一行 2005年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大富豪一族と日本屈指の有力企業での自殺。最初から不思議なドロドロ感があったのは、自分とは異なる世界の話だったからか。 もっと読む

直訴 (角川文庫)

6
3.33
清水一行 2000年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

6つの短編。それぞれおもしろかった。 オーナー経営者の決断、ライバルとの出世競争、ワンマン創業者の末路 公害企業の広報マンの苦悩・・・・ もっと読む

醜聞 (集英社文庫)

4
2.33
清水一行 1991年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『風に漂う感じの笑顔』 この表現で すべてをあらわす。 もっと読む

指名解雇 (集英社文庫)

3
3.50
清水一行 1997年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

味わい深い5編 「緑発を打て」は接待麻雀(イカサマも含む)の得意な 宗像が新任部長から受けた仕打ち(麻雀禁止令、つまらん部署への移動)に最後接待麻雀の... もっと読む

同族企業 (カッパ・ノベルス)

3
3.00
清水一行 1981年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イメージ参照(http://kentuku902.seesaa.net/article/387169054.html) もっと読む

さらに不安の闇へ―小説推理傑作選

2
3.00
赤川次郎 1998年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(収録作品)一杯のコーヒーから(赤川次郎)/影の構図(勝目梓)/砕けて殺意(日下圭介)/隠し絵(小杉健治)/黒い結晶(清水一行)/酒神(バッカス)に乾杯(... もっと読む
全917アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする