清水幾太郎のおすすめランキング

プロフィール

(しみず いくたろう)
1907年東京の生まれ。東京帝国大学文学部卒業。社会学者。ジャーナリスト。讀賣新聞社論説委員、二十世紀研究所所長などを経て、学習院大学教授、清水研究室主宰。文学博士。著書に『流言蜚語』『社会的人間論』『社会学講義』『社会心理学』『論文の書き方』『現代思想』『倫理学ノート』『オーギュスト・コント』ほか。1988年歿。

「1972年 『本はどう読むか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清水幾太郎のおすすめランキングのアイテム一覧

清水幾太郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『歴史とは何か (岩波新書)』や『論文の書き方 (岩波新書)』や『社会学の根本概念 (岩波文庫)』など清水幾太郎の全223作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

歴史とは何か (岩波新書)

2603
3.69
E.H.カー 1962年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めて手に取ったのは、大学生時代(1990年代)での最初の概論でのテキストにて、 確か、1961年のカー氏の、ケンブリッジ大学での講演録を基調にしていて... もっと読む

論文の書き方 (岩波新書)

983
3.67
清水幾太郎 1959年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1 著者の清水氏は社会学者で、評論家でもあります。本書は論文の基本ルールについて、氏の経験を元に書かれています。ハウツー本とは一線を画し、高水準な内容で... もっと読む

社会学の根本概念 (岩波文庫)

809
3.27

感想・レビュー

 社会を人と人との関係として捉えた時、その関係にはどの様な物があるのか、そして関係があるとはどういうことなのかを体系的にまとめている。関係を持つ対象として... もっと読む

本はどう読むか (講談社現代新書)

401
3.82
清水幾太郎 1972年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

みなさんは蕎麦は好きですか? 僕は好きです。駅中でよくみる立ち食い蕎麦のお店によく行きます。忙しくて時間がないときでも、出てくるの速いし、完食するのにも時... もっと読む

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

400
3.12
阿川佐和子 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みたい本の、隣の本棚にあった本。 ぱっと見たとき、「こぽこぽ、珈琲」というタイトルで、ぱっと頭の中にコーヒーカップに珈琲がそそがれる絵が浮かびました。... もっと読む

社会学の根本問題―個人と社会 (岩波文庫 青 644-2)

171
3.70
ジンメル 1979年8月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本屋でたまたま手に取ったが、予想外にとても面白かった。真面目に読んでいたらページ数の割にだいぶ時間がかかってしまったが、非常に勉強になった。1章では社会を... もっと読む

哲学の改造 (岩波文庫 青 652-1)

152
3.41
ジョン・デューイ 1968年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言っていること自体は難しくないのだけど、理解するのは簡単ではない。わかりにくい思想ではないけど、なかなか伝わりづらい文体や構成をしている……というべきか。... もっと読む

愛の断想/日々の断想 (岩波文庫)

118
3.52
ジンメル 1980年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日々の断想の方がよかった。 書いてあることは結構すんなりと腑に落ちる。 もっと読む

私の文章作法 (中公文庫)

93
3.67
清水幾太郎 1995年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者が読者に語りかけるスタイルで書かれた文章作法です。「思ったとおりに書く」「見たとおりに書く」という文章観を批判し、スタイルの模倣習熟を通した文章作法を... もっと読む

本はどう読むか (1972年) (講談社現代新書)

90
3.47
清水幾太郎 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白い本を読むべきだという、単純だが大切な心構えを教えてくれる。 本は大雑把に3つに分類することができる。第1に実用書。これは仕事・職業に関するものでい... もっと読む

日本の最終講義

78
3.00
鈴木大拙 2020年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】 https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/532730 もっと読む

流言蜚語 (ちくま学芸文庫)

75
3.57
清水幾太郎 2011年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

社会 これを読む もっと読む

倫理学ノート (講談社学術文庫)

65
3.17
清水幾太郎 2000年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「倫理学ノート」清水幾太郎著、講談社学術文庫、2000.07.10 475p ¥1,365 C0112 (2020.01.14読了)(2001.05.0... もっと読む

歴史とは何か (岩波新書)

65
4.00
E・H・カー 電子書籍 1962年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 本書の有名な一節として、「歴史とは歴史家と事実との相互作用の不断の過程であり、現在と過去との間の尽きることを知らぬ対話なのであります。」というものがあり... もっと読む

政治の本質 (中公文庫プレミアム)

47
3.33

感想・レビュー

ヴェーバー「職業としての政治」とシュミット「政治的なるものの概念」。この二十世紀政治学の正典を合わせた歴史的な訳書。巻末に清水の関連論考を付す。 もっと読む

本はどう読むか (講談社現代新書)

45
3.67
清水幾太郎 電子書籍 1972年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本を読んでもその内容を覚えていない。読み直すと思い出すが、読み終えるとまた忘れる。今でもそうである私にとってその理由が判明した。 著者はどのような読... もっと読む

愛国心 (ちくま学芸文庫)

34
3.25
清水幾太郎 2013年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1 問題としての愛国心 2 愛国心とは何か 3 愛国心の歴史 4 愛国心と民主主義 5 愛国心の呪詛 6 新しい展望 『愛国心』前後 愛国心... もっと読む

論文の書き方 (岩波新書)

27
5.00
清水幾太郎 電子書籍 1959年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 清水幾太郎 (1907-1988) の『論文の書き方』 (1959) 文章を書く人々にとっての必読書である。また同時に、書くことによって、真の理解を得... もっと読む
全223アイテム中 1 - 20件を表示

清水幾太郎に関連する談話室の質問

ツイートする
×