清水幾太郎の電子書籍(Kindleストア・BookLive他)対応一覧

清水幾太郎の電子書籍(Kindleストア・BookLive他)対応一覧のアイテム一覧

清水幾太郎の電子書籍のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で電子書籍が並んでいます。
Amazon KindleやBookLive!、ブックパスなどで発売されている『論文の書き方 (岩波新書)』や『本はどう読むか (講談社現代新書)』や『こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)』など清水幾太郎の全183作品から、ブクログユーザの本棚登録数が多い電子書籍がチェックできます。

論文の書き方 (岩波新書)

686
3.68
清水幾太郎 1959年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【閲覧係より】 学生なら一度は読んだと言われる定番。長く読み継がれるには理由があります。「いかに書くか」の前にある「いかに考えるか」を起点に力強く執筆の... もっと読む

本はどう読むか (講談社現代新書)

285
3.80
清水幾太郎 1972年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の清水幾太郎は、太平洋戦争敗戦から60年安保闘争にかけて、「日本のオピニオン・ リーダー」、「進歩的文化人」の代表と言われた社会学者・評論家。 本書... もっと読む

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

145
3.31
阿川佐和子 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018.06.10 図書館 色々な作家さんによる珈琲の思い出エッセイ。 戦前から現代まで。珈琲の香りはいつの時代も魅惑的。 おいしい文藝シリーズは... もっと読む

本はどう読むか (1972年) (講談社現代新書)

77
3.46

感想・レビュー

面白い本を読むべきだという、単純だが大切な心構えを教えてくれる。 本は大雑把に3つに分類することができる。第1に実用書。これは仕事・職業に関するものでい... もっと読む

私の文章作法 (中公文庫)

71
3.76
清水幾太郎 1995年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者が読者に語りかけるスタイルで書かれた文章作法です。「思ったとおりに書く」「見たとおりに書く」という文章観を批判し、スタイルの模倣習熟を通した文章作法を... もっと読む

倫理学ノート (講談社学術文庫)

52
3.00
清水幾太郎 2000年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[ 内容 ] ケインズ、ロレンス、ムアたちに代表される20世紀前半以来の英語圏倫理学の伝統―。 その“欺瞞”に異を唱える著者は、メタ倫理学や新厚生経済... もっと読む

流言蜚語 (ちくま学芸文庫)

52
3.57
清水幾太郎 2011年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本著は昭和12年に出版されたものだが東日本大震災を受けて復刊されたもの。 二部構成。第一部は流言蜚語について、その意味、定義等をロジカルに整理したもの。... もっと読む

愛国心 (ちくま学芸文庫)

25
3.00
清水幾太郎 2013年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私にはちょっとむずかしくて。またいずれゆっくり読み直しかな。 日本人の言う愛国心と、西洋の愛国心とはかなり違うものだった。 西洋、というかイギリスとかア... もっと読む

日本よ国家たれ―核の選択 (1980年)

15
3.50
清水幾太郎 1980年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1989.03.13読了)(1988.10.16購入) もっと読む

本はどう読むか (講談社現代新書)

15
4.00
清水幾太郎 電子書籍 1972年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本を読んでもその内容を覚えていない。読み直すと思い出すが、読み終えるとまた忘れる。今でもそうである私にとってその理由が判明した。 著者はどのような読... もっと読む

オーギュスト・コント―社会学とは何か (1978年) (岩波新書)

14
3.75
清水幾太郎 1978年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「借」(大学の図書館)。 社会学の創始者であるコントについての入門書。 コントの生涯をおいながら、「三段階の法則」や人類教などについての解説をして... もっと読む

戦後を疑う (講談社文庫)

12
3.25
清水幾太郎 1985年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦前、戦時中、戦後を生きてきた著者が、戦後30年を振り返る本。内容は治安維持法から大学教育から天皇論から様々。 著者の視点を通して新たな考え方に触れるこ... もっと読む

わが人生の断片 (上) (文春文庫 (398‐1))

10
4.00
清水幾太郎 1985年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1989.04.10読了)(1985.10.17購入) もっと読む

私の読書と人生 (1977年) (講談社学術文庫)

10
3.00
清水幾太郎 1977年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

社会学者の清水幾太郎が42歳のときに刊行した本で、著者自身が半生を振り返りながら、本との付き合い方について語っています。 「立川文庫」を読みふけった... もっと読む

戦後を疑う (1980年)

10
4.00
清水幾太郎 1980年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1988.11.30読了)(1984.06.17購入) もっと読む

愛国心 (1950年) (岩波新書〈第27〉)

9
3.25

感想・レビュー

禁忌でもある戦後愛国心の議論の原点。 卒論の研究で読んだが、「平和の愛国心」というのはじっくり考えれば一番しっくりくる考え方だと思う。翼で判断する政治の観... もっと読む

わが人生の断片 (下) (文春文庫 (398‐2))

7
4.00
清水幾太郎 1985年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1989.05.06読了)(1985.10.17購入) ☆清水幾太郎の本(1980年代に読んだ分) 「日本的なるもの」清水幾太郎著、潮新書196... もっと読む

ジョージ・オーウェル「一九八四年」への旅

6
5.00
清水幾太郎 1984年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1985.03.29読了)(1984.12.16購入) もっと読む
全183アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする