渡辺一史のおすすめランキング

プロフィール

渡辺一史(わたなべ かずふみ)
1968年、愛知県名古屋市生まれのフリーライター、ノンフィクション作家。大阪府豊中市育ち、北海道札幌市在住。北海道大学理Ⅱ系に入学し、キャンパス雑誌編集にのめり込んだことから、1991年9月北海道大学文学部行動科学科中退。
2003年、『こんな夜更けにバナナかよ』で第25回講談社ノンフィクション賞、第35回大宅壮一ノンフィクション賞をそれぞれ受賞。2012年、『北の無人駅から』で第16回林白言文学賞、第12回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞、第34回サントリー学芸賞をそれぞれ受賞。
2018年、大泉洋主演・前田哲監督で『こんな夜更けにバナナかよ』が実写映画化される。

渡辺一史のおすすめランキングのアイテム一覧

渡辺一史のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち (文春文庫 わ)』や『こんな夜更けにバナナかよ』や『北の無人駅から』など渡辺一史の全14作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち (文春文庫 わ)

681
4.28
渡辺一史 2013年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画を観たあと、この本を手に取った。順番としては、それが正しい読み方であると、読んだ後に思った。そして、既観映画の人は是非、本書を読んで欲しいと思う。 ... もっと読む

こんな夜更けにバナナかよ

557
3.99
渡辺一史 2003年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生きるということ、生きるという意味を考えずには居られなくなる好適なノンフィクションですね♪ 重篤な筋ジストロフィーながらも過去になかった自立生活を志向した... もっと読む

北の無人駅から

294
4.55
渡辺一史 2011年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北海道の過疎地を訪ね、そこで暮らす人々にじっくりと話しを聞き、その地域の現実や課題を深く掘り下げていく本。タイトルがなんか軽いんで、ありがちな、過疎って大... もっと読む

なぜ人と人は支え合うのか (ちくまプリマー新書)

197
4.13
渡辺一史 2018年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画の『こんな夜更けにバナナかよ』の作者が書いた本。 相模原の事件犯人に反論することも含めて、障害者の価値 についても書かれてある評論。 とても有意... もっと読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 (文春文庫)

128
3.88
渡辺一史 2018年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大泉洋主演映画のノベライズ。 対等であること。人そのものを受け入れること。そして、自己決定することでみんなが幸せ豊かになること。人に頼る勇気など、いくつ... もっと読む

こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち

31
4.83
渡辺一史 電子書籍 2013年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「一見「やさしさ」や「思いやり」を装った主体性への侵犯」 障がい者と聞けば弱者をイメージする。 自分では何もできない、と。 青い芝の会を知り、障... もっと読む

こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち

2
5.00
渡辺一史 電子書籍 2013年8月30日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 759

感想・レビュー

介助者との関係、人間と人間。 気づきがたくさんあった。 バイブル本になりそう。 もっと読む
大宅壮一ノンフィクション賞、講談社ノンフィクション賞ダブル受賞作! ボランティアの現場、そこは「戦場」だった――。筋ジス... もっと読む
全14アイテム中 1 - 14件を表示
ツイートする