渡辺容子のおすすめランキング

プロフィール

1954年、東京に生まれる。早稲田大学第一文学部卒業。東京都杉並区学童クラブ指導員の後、フリーライター。筑波大学大学院(教育研究科カウンセリング専攻)修了。主な著書や個人通信に『負けるな子どもたち!──スーパーガキ大将ここにあり』(径書房)、「BURST」「もっこ橋」「暗川」「ユーカリ」「いちばんすてきな海」などがある。

「2010年 『乳がん 後悔しない治療──よりよく生きるための選択』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺容子のおすすめランキングのアイテム一覧

渡辺容子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『左手に告げるなかれ (講談社文庫)』や『エグゼクティブ・プロテクション』や『左手に告げるなかれ』など渡辺容子の全49作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

左手に告げるなかれ (講談社文庫)

447
3.19
渡辺容子 1999年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

仕事をほったらかしながら出来る女を気取る主人公も、それを認める上司も、妻が殺されたのにボンヤリしている不倫旦那も、分かりやすい探偵も、ペラペラしゃべる近所... もっと読む

エグゼクティブ・プロテクション

87
3.90
渡辺容子 2011年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あの八木薔子が帰ってきた、ということで本を手に取った。 ・・・とにかくカッコいい! ボディガードという耳にしたことはあるものの、実体は詳しく知らな... もっと読む

左手に告げるなかれ

83
3.24
渡辺容子 1996年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古かった。 懐かしいような気持ちで読めた。 しかしびっくりするほど木島が魅力なく、 主人公の男見る目なさすぎじゃ… 主人公がハードボイルドと見せかけてかな... もっと読む

ターニング・ポイント ボディガード八木薔子 (講談社文庫)

82
3.73
渡辺容子 2012年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女性版ハードボイルド小説を読んだ気分。 分かっているはずなのに途中何度か 「あれ?八木薔子って女性だよね?」と 確認した自分がいました。 ... もっと読む

死神は恋を連れてやってきた

80
3.55
渡辺容子 2012年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルからしていやな予感はしていたのだが……。 これは、本人による二次創作みたいなものなんだなと思った。 著者のブログを読んだら、「女の子向けのお話... もっと読む

無制限 (講談社文庫)

74
3.35
渡辺容子 2001年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 この作者は問答無用におもしろい もっと読む

罪なき者よ、我を撃て

74
3.66
渡辺容子 2013年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

聖書の一説を引用した題名からして、人間の存立を問う重いテーマがキーワードになるかと思いきや、装飾程度としか読めなかったが、これは読書子の浅読みか。 架空... もっと読む

当選請負人 千堂タマキ (小学館文庫)

72
3.70
渡辺容子 2014年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

選挙小説というジャンルがあるなら、この作品も、その一翼をしっかりと担うことができる。 古くは、真保裕一「ダイスをころがせ!」、それに吉田修一「平成猿蟹合... もっと読む

流さるる石のごとく (講談社文庫)

69
3.73
渡辺容子 2003年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 医師の妻で父親は大富豪という一見幸せそうな生活を送る速水圓。しかし現実は夫との関係はうまくいかず、万引きを繰り返し、アルコール依存症にも陥っている。しか... もっと読む

薔薇恋 (講談社文庫)

67
3.00
渡辺容子 2001年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

渡辺容子の描く小説に登場する女性達の会話は生々しく、リアルである。この小説の主人公・杏子と近所の主婦、友人の会話も生々しく、リアルであり、男性の立場からす... もっと読む

斃れし者に水を (講談社文庫)

54
3.19
渡辺容子 2001年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公の女性が不倫中の男性を守るために彼が犯した罪の真相解明に突き進むという物語。 渡辺氏らしくなく展開が都合よすぎたので、あまり作品に入り込むことができ... もっと読む

イン・パラダイス

53
3.31
渡辺容子 2008年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

盛り上がりそうで盛り上がり切らないもどかしさがずっとつきまとう。 主人公が元人気歌手であるという設定は、のちに婚約者と瓜二つの男と恋に落ちるための伏線な... もっと読む

劇薬 (双葉文庫)

50
3.35
渡辺容子 2014年11月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『劇薬』という本のタイトルがいまいちしっくりこない、パチンコ店で出会う軽い人間関係を劇薬(作用が激しく、使い方を誤ると生命にかかわる非常に危険な薬品)と称... もっと読む

乱歩賞作家 青の謎

41
3.04
阿部陽一 2004年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集。ミステリー もっと読む

アルジャーノンに花束を (講談社ワールドブックス)

39
4.06

感想・レビュー

本文はオリジナルの英語そのまま。 巻頭のリーダーズガイドで読解の要点、巻末のNOTESで難しい単語などが解説されています。 邦訳は何度か読んでいる... もっと読む

要人警護 (講談社文庫)

38
3.30
渡辺容子 2014年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

保安士時代から数段進化した、エリートボディガード八木薔子。 マル対の保護のため、次々と展開する状況の変化にも、正確な判断と、的確な指示を出し、自らも果敢... もっと読む

魔性 (双葉文庫)

36
3.37
渡辺容子 2010年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本格ミステリーだったらルール違反系。 選んだテーマとか人物配置とか決して悪くはないんだけど、まとまりがなくインパクトがない。設定に必然性もなく、別にそう... もっと読む

魔性

34
3.16
渡辺容子 2006年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

殺人事件が起こるミステリーで、結末はなかなか厳しいのに 自分に自信がない主人公珠世がたくましく成長していくところが好き 忘れるんじゃなくて乗り越える もっと読む

乱歩賞作家 青の謎 (講談社文庫)

33
3.15
阿部陽一 2007年7月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸川乱歩賞受賞者の作品を集めた本シリーズ.ほかに『赤の謎』、『白の謎』、『黒の謎』がある. まだ不知火京介氏の「盗み湯」しか読んでいないけど、くそ... もっと読む

蒼い月 死神と朝食を (双葉文庫)

24
3.50
渡辺容子 2015年11月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公が余りに仕事に専念できてないのにあきれていい加減に読んでしまったが、最終的にはまあまあだった。まあ、とんでもないストーリなので、まじめに受け取らずに... もっと読む
全49アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする