渡辺政隆のおすすめランキング

プロフィール

サイエンスライター、日本サイエンスコミュニケーション協会会長、東北大学特任教授。1955年生まれ。東京大学農学系大学院修了。専門はサイエンスコミュニケーション、科学史、進化生物学。著書 『科学で大切なことは本と映画で学んだ』(みすず書房)『DNAの謎に挑む――遺伝子探究の一世紀』(朝日選書)、『一粒の柿の種――科学と文化を語る』(岩波現代文庫)、『ダーウィンの夢』(光文社新書)、『ダーウィンの遺産』(岩波現代全書)ほか。訳書 フィリップス『ダーウィンのミミズ、フロイトの悪夢』、ラビノウ『PCRの誕生』、サックス/グールド他『消された科学史』(共訳、以上みすず書房)、グールド『ワンダフル・ライフ』、レジス『ウイルス・ハンター』(以上ハヤカワ文庫NF)、デズモンド/ムーア『ダーウィン』(工作舎)、ケインズ『ダーウィンと家族の絆』(共訳、白日社)、ダーウィン『種の起源』(上下)『ミミズによる腐植土の形成』(以上光文社古典新訳文庫)など多数。

「2021年 『科学で大切なことは本と映画で学んだ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺政隆のおすすめランキングのアイテム一覧

渡辺政隆のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『種の起源〈上〉 (光文社古典新訳文庫)』や『眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く』や『ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)』など渡辺政隆の全124作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

種の起源〈上〉 (光文社古典新訳文庫)

920
3.87

感想・レビュー

言わずと知れた古典。その構成は、第一部(1~5章)で自然淘汰説(自然選択説)を説明し、第二部(6~9章)でその難点を取り上げ、第三部(10~14章)で生物... もっと読む

眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く

912
3.95

感想・レビュー

眼!地球上に生命が存在するかぎり、眼は地上でもっとも美しい物の一つかもしれない。 透明な構造体こそがもっとも色彩豊かである。この逆説がまず美しい。その、... もっと読む

ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)

785
3.68

感想・レビュー

ダラダラと長い。 読んでいてだらけてしまい、読了に半年かかりました。 面白くなかった。 もっと読む

種の起源〈下〉 (光文社古典新訳文庫)

618
3.85

感想・レビュー

上下巻合わせて約15時間かけて読み終えた。用意周到で徹底的な論証を追うのはここまで大変なものなのかと肌で感じることができた。この経験は分厚い本を読むかどう... もっと読む

生命40億年全史

306
3.75

感想・レビュー

第一章があまりに厳しくて、身につまされて、ここで一回読むのが止まった そのあとはすんなり読めてる わかりやすくて面白い もっと読む

文庫 生命40億年全史 上 (草思社文庫)

177
3.68

感想・レビュー

久々に上下巻ある本の下巻まで読んだ。 古生物学の著作を読んだのは本書がはじめてだが、、おもしろい。 今この瞬間にも失われつつある証拠を調べ、物語を綴る... もっと読む

種の起源(上) (光文社古典新訳文庫)

172
3.63
ダーウィン 電子書籍 2009年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いわゆる『ダーウィンの進化論』の 現代語翻訳本です。   こういうものに評価をするのは横暴な気がしますが 取り敢えず『☆4つ』をつけておきました。... もっと読む

ビッグヒストリー入門-科学の力で読み解く世界史-

170
3.43

感想・レビュー

TEDでデビッド・クリスチャン教授のプレゼンテーションを見て。ちょっと前になるけど「銃・病原菌・鉄」や今年話題の「サピエンス全史」とか人類史をビックスケー... もっと読む

乾燥標本収蔵1号室―大英自然史博物館 迷宮への招待

142
3.87

感想・レビュー

『乾燥標本収蔵1号室』 - HONZ https://honz.jp/articles/-/2453 乾燥標本収蔵1号室 大英自然史博物館 迷宮への招待... もっと読む

ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語

138
3.79

感想・レビュー

【展示用コメント】 発見から100年超、ますます面白いカンブリア紀の海の記録 【北海道大学蔵書目録へのリンク先】 https://opac.lib.ho... もっと読む

シマウマの縞 蝶の模様 エボデボ革命が解き明かす生物デザインの起源

135
3.90

感想・レビュー

シマウマの縞 蝶の模様 エボデボ革命が解き明かす生物デザインの起源 もっと読む

文庫 生命40億年全史 下 (草思社文庫)

128
3.87

感想・レビュー

上巻で37億年分語ったので本書は残りの3億年分であるが、それでも2000年の15万倍。 パンゲア超大陸、恐竜、哺乳類、人類と、語るべきことが多すぎて一冊で... もっと読む

フルハウス 生命の全容―四割打者の絶滅と進化の逆説 (ハヤカワ文庫NF)

116
3.59

感想・レビュー

4割打者の絶滅を統計的に検証し、鋭い考察で、野球界の技術的均衡をその理由として論理展開する。4割打者の存在が生物学的にみて、突然変異的存在というわけでなく... もっと読む

地球46億年全史

112
3.56

感想・レビュー

タイトルは年代記的な地球史のようだが、中身はむしろ地質学的聖地巡礼の旅。地球史を解明するにあたって重要な知見得られた場所や、古代の地球の姿を垣間見せてくれ... もっと読む

ダーウィンの夢 (光文社新書)

98
3.44
渡辺政隆 2010年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ユーモアと読みやすさ、正確さを兼ね備えた生命史のエッセイ風入門書。この手の本にありがちな著者独自の説があまり入り込んでいないところも好感が持てる(個人的に... もっと読む

科学で大切なことは本と映画で学んだ

82
3.29
渡辺政隆 2021年2月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やはり傾向としては ミステリ小説から SF・理系ノンフィクションの本が多いので 私の好みとはちょっと違ってて ハヤカワSFぐらいしか 読... もっと読む

ダーウィンが見たもの (福音館の科学シリーズ)

72
3.61
ミック・マニング 2014年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ビーグル号での航海を中心としたダーウィンの伝記絵本です。 家族が心配するほど狩猟に没頭したり目標にしていた医者を断念したり…、偉大な学者となるまでの紆余... もっと読む

大絶滅―遺伝子が悪いのか運が悪いのか?

70
3.87

感想・レビュー

■『大絶滅―遺伝子が悪いのか運が悪いのか?』読了 ★4.5(5点満点) 三谷さんの「戦略読書」に触発され「眼の誕生」に続いて2冊目の古生物学本。 最近... もっと読む
全124アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×