渡辺淳一のおすすめランキング

プロフィール

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち)
1933年10月24日 - 2014年4月30日
北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。1958年札幌医科大学医学部卒業。医学博士。しばらくは医者と同人誌活動を兼業。この時期1965年、『死化粧』で第12回新潮同人雑誌賞を受賞している。整形外科医師として医科大に勤務していたが、そこで行われた日本初の心臓移植手術に対し疑義を呈し、移植手術を元にした作品を記して辞職。以降、作家専任となる。その作品『白い宴』は1970年直木賞を受賞した。
1979年『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』で第14回吉川英治文学賞、1983年『静寂の声 ― 乃木希典夫人の生涯』で第48回文藝春秋読者賞、2003年菊池寛賞、2011年『天上紅蓮』で第72回文藝春秋読者賞をそれぞれ受賞。ほか、2001年アイスランド隼勲章騎士章、2003年紫綬褒章を受章している。
その他代表作に、映画化されたベストセラー『失楽園』、『愛の流刑地』、そしてエッセイ集『鈍感力』などがある。

渡辺淳一のおすすめランキングのアイテム一覧

渡辺淳一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『鈍感力』や『鈍感力 (集英社文庫)』や『新装版 雲の階段(上) (講談社文庫)』など渡辺淳一の全813作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

鈍感力

1434
2.98
渡辺淳一 2007年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

早寝早起きがなにより苦手な自分は、即寝即起き的な章に魅力を感じた。ちょっと頑張ろう、と思えたのが収穫。 もっと読む

鈍感力 (集英社文庫)

706
2.94
渡辺淳一 2010年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「鈍感力」という言葉と目の付け所は面白いけど、1冊の本にするほどのものかな。。というのが正直なところ。 同じような話を何度も何度も繰り返している感じ。内... もっと読む

新装版 雲の階段(上) (講談社文庫)

385
3.40
渡辺淳一 2013年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

http://dentlib.nihon-u.ac.jp/opac/opac_details/?lang=0&amode=11&bibid=1000072... もっと読む

新装版 雲の階段(下) (講談社文庫)

349
3.25
渡辺淳一 2013年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説には人生の続きがないからいいよね もっと読む

ぱっちり、朝ごはん (おいしい文藝)

317
3.24
林芙美子 2015年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豪華作家陣、様々な時代のいろんな朝ごはんにワクワク♪ 朝ごはんというだけあって、卵料理が多いですね。 印象に残ったのは… 角田光代さんの”朝食バイキン... もっと読む

孤舟

307
2.73
渡辺淳一 2010年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

刊行当時、書評が胸に響き、表紙だけぼんやりと覚えていた。ら、図書館で出会い即借り&即読み。 目線が、男性ですねwww 図書館で時間をつぶすくだりは、ま... もっと読む

欲情の作法

297
3.09
渡辺淳一 2009年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

13/05/30 なあ~るほど。 もっと読む

花埋み (新潮文庫)

274
3.85
渡辺淳一 1975年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女性に社会的地位のなかった明治初頭に日本初の女医となった荻野吟子の生涯を描いた一冊。 女が勉学を積み医者になるなど何事かと一掃した当時の閉鎖的な空気が恐ろ... もっと読む

愛の流刑地〈上〉 (幻冬舎文庫)

250
3.21
渡辺淳一 2007年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 以前に失楽園を読んだことがあるからある程度想像していたことではあるが、ポルノ小説を読んでいるかのような感じの描写が続く。かといって退屈するわけではなく、... もっと読む

失楽園〈上〉 (角川文庫)

231
2.96
渡辺淳一 2004年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋愛に背徳というスパイスを効かせたら、その味わいたるやこの世のものとは思えないほど。しかし、それが当たり前になり、背徳感が薄れてきたら、どうするか。 もっと読む

無影燈(上) (文春文庫)

227
3.42
渡辺淳一 1997年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ニヒルな直江医師に次々に女性が虜になっていく展開は、ある意味期待を裏切らない。ドラマでは直江医師を中居正広が演じていたが、長身の西島秀俊がイメージに近いか... もっと読む

愛の流刑地〈下〉 (幻冬舎文庫)

218
3.23
渡辺淳一 2007年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

裁判が始まってからは格別に面白くなった。 愛したが為の死と言うけれど、やはり家族はそうも言えないだろうなぁ、、とモヤモヤ。 まぁ、物語だから!... もっと読む

無影燈(下) (文春文庫)

205
3.50
渡辺淳一 1997年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

十年前くらいに読んだ本なのでボンヤリとしか思い出せませんが、十代の私はやけにドギマギしながら読んでいた記憶が。 もっと読む

失楽園〈下〉 (角川文庫)

178
2.95
渡辺淳一 2004年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

極限の愛、ここに至れり もっと読む

新装版 光と影 (文春文庫)

174
3.51
渡辺淳一 2008年2月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「光と影」実在した人物を下地にしたフィクション。主人公が、一度は優越感を抱いてしまったゆえに転落していく姿が哀しい。「サラバ!」の弟みたいな感じ。個人的に... もっと読む

天上紅蓮

173
2.66
渡辺淳一 2011年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「エロが物語世界から分離してしまった・・・ 」 平安末期、藤原公実の末子で祇園女御の養女であった璋子(たまこ)は14歳で、62歳ながらその荒淫で知ら... もっと読む

愛の流刑地〈上〉

171
2.94
渡辺淳一 2006年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

未来より今を大事にしたい菊治。女として最も成熟した年頃の冬香。★男と女が「肌が合う」とは?が描かれてある。渡辺さんの「女心をくすぐり酔わせる」えっちで、芸... もっと読む

失楽園(上) (講談社文庫)

171
3.10
渡辺淳一 2000年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あの名作を再読。 性の規制緩和とか、今読んでも爆笑表現が満載。 上巻の最後、栃木から帰れなかった日。 お昼前に東京について、そのまま仕事にも... もっと読む

阿寒に果つ (角川文庫 緑 307-2)

166
3.50
渡辺淳一 1982年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者自身をモデルにした田辺俊一という作家が、20年前に高校生だった頃に恋した時任純子という謎めいた女性の真実を知るため、彼女を知る5人の人びとから彼女につ... もっと読む

事実婚 新しい愛の形 (集英社新書)

151
2.94
渡辺淳一 2011年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2013年23冊目 事実婚の導入はなぜ日本ではされていないのか。おそらくそれを近年の離婚率低下に結びつけて論じようとした本。 構成も内容もクオリティが... もっと読む
全813アイテム中 1 - 20件を表示

渡辺淳一に関連する談話室の質問

ツイートする