渡邉格のおすすめランキング

プロフィール

1971年生まれ。東京都東大和市出身。23歳でハンガリーに滞在。25歳で千葉大学園芸学部入学。農産物流通会社に勤務後、 31歳でパン修業を開始。2008年千葉県いすみ市で、自家製酵母と国産小麦で作るパン屋タルマーリー開業。10代にパンクバンド活動で培ったDIY精神から、起業後は自力で店を改装。2011年岡山県に移転し、野生の麹菌採取に成功。2015年鳥取県智頭町に移転。パンの技術を応用し、野生の菌だけで発酵させるビール醸造を開始。著書に『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』(講談社)、『菌の声を聴け』(ミシマ社)。

「2022年 『撤退論 歴史のパラダイム転換にむけて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡邉格のおすすめランキングのアイテム一覧

渡邉格のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』や『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 タルマーリー発、新しい働き方と暮らし (講談社+α文庫)』や『菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案』など渡邉格の全14作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」

1240
4.03
渡邉格 2013年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読了しました。 『人新世の「資本論」』(斎藤幸平)を読んで、本書の読書会を友人たちと開催した際に、パパ友より進められて、手にした本です。 本書は、著書が... もっと読む

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 タルマーリー発、新しい働き方と暮らし (講談社+α文庫)

376
3.97
渡邉格 2017年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パンとビールが好きなのと、昨年ミシマ社から出た新刊のを読みたいと思って、その前にと2013年発行(文庫化は2017年)を読んだ。 「腐らない経済」に疑問を... もっと読む

菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案

272
3.70
渡邉格 2021年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岡山から鳥取県智頭町へのタルマーリーの移転、パンからビール職人への挑戦が描かれる。 菌と対話をして、自然の素材の潜在能力を最大に活かす。わからないことを... もっと読む

撤退論 歴史のパラダイム転換にむけて (犀の教室)

213
3.42
内田樹編 2022年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内田樹さんの寄稿の依頼文をネットで読んで「撤退論」を手にした。岸田総理らの相変わらずの成長「必至」論は具体策も展望も欠くが、国民の側に立つはずの経済学者金... もっと読む

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」

29
4.11
渡邉格 電子書籍 2013年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

スローライフと、高付加高価格戦略の組み合わせパン屋の本。天然酵母をより分けるために、色とりどりのカビの山を一度口に入れるプロセス以外には特に読みどころなし... もっと読む

撤退論

19
3.43
堀田新五郎 電子書籍 2022年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2022年8月号 もっと読む

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 タルマーリー発、新しい働き方と暮らし

2
渡邉格 電子書籍 2017年3月31日 ブックライブで見る ブックライブ ¥ 790
パン屋になって考えた。劣悪な労働環境のおかしさ、腐らないパンのおかしさ。ならば自分は人と違うことをしよう。「菌本位」のパ... もっと読む

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」

渡邉格 電子書籍 2015年4月24日 ブックライブで見る ブックライブ ¥ 1300
講談社+ミシマ社三島邦弘コラボレーションによる、世にも不思議なビジネス書。人生どん底の著者を導いたのは、天然菌とマルクス... もっと読む
全14アイテム中 1 - 14件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×