湯本香樹実のおすすめランキング

プロフィール

湯本香樹実
1959年、東京都生まれ。東京音楽大学卒。小説『夏の庭 The Friends』で日本児童文学者協会新人賞、児童文芸新人賞を受賞。同作品は10カ国以上で翻訳され、ボストングローブ・ホーンブック賞、ミルドレッド・L・バチェルダー賞などを受賞。『くまとやまねこ』(絵・酒井駒子)で講談社出版文化賞絵本賞受賞。その他に、小説『夜の木の下で』『岸辺の旅』、絵本『おとうさんは、いま』(絵・ささめやゆき)『わたしのおじさん』(画・植田真)『きつねのスケート』(絵・ほりかわりまこ)など。絵本の翻訳も手がける。

「2019年 『あなたがおとなになったとき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

湯本香樹実のおすすめランキングのアイテム一覧

湯本香樹実のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『夏の庭―The Friends (新潮文庫)』や『ポプラの秋 (新潮文庫)』や『くまとやまねこ』など湯本香樹実の全36作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

夏の庭―The Friends (新潮文庫)

11625
3.83
湯本香樹実 1994年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このお話は、読んだ人の年齢や今置かれている立場によって 感じたことや想ったことが、みんなそれぞれどこか似ているようでも 実はみんな違う...読み終えて... もっと読む

ポプラの秋 (新潮文庫)

2489
3.71
湯本香樹実 1997年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

湯本香樹実さんの作品は「夏の庭」に続いて2作目。 これはまた季節感たっぷりの秋の小説でした。「夏の庭」にも劣らない素晴らしい情緒あふれる表現が満載でした... もっと読む

くまとやまねこ

1645
4.38
湯本香樹実 2008年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「夏の庭」や「ポプラの秋」の湯本香樹実さんの絵本です。 心優しいくま。大の仲良しのことりが亡くなり、言い知れぬ喪失感に引きこもってしまいます。きのうの朝... もっと読む

春のオルガン (新潮文庫)

1105
3.37
湯本香樹実 2008年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「夏の庭」や「ポプラの秋」が良かったので読んでみました。 ...が、自分が未熟なせいか、よくわからなかった。何でだろ。 いろんな要素があり過ぎた? ... もっと読む

いじめの時間 (新潮文庫)

826
3.07

感想・レビュー

いじめの報道が毎日のように繰り返されている。 ブックオフで何気なく手に取ったこの本を読んでいる間に、 世間が(というよりメディアが)このような状況... もっと読む

夏の庭―The Friends

779
3.96
湯本香樹実 2001年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こちらもブックトークの中の一冊。 92年の刊行以来数々の賞を受賞し、映画や演劇にもなっているし、確か夏の課題図書になったことも。 今年の夏もまた、日本... もっと読む

岸辺の旅 (文春文庫)

687
3.36
湯本香樹実 2012年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

積んで置く状態だった作品に、やっと目を通した。普通の積読ではない。毎日テレビを見る時のそば机の上に積んでいて、目の端で存在を確かめながらまる4年、それでも... もっと読む

西日の町 (文春文庫)

563
3.49
湯本香樹実 2005年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

無頼という言葉を聞かなくなって久しい。 この作品には、その無頼の限りを尽くした「てこじい」なる人物が現れる。 十歳の主人公「僕」が語る、母とその父「て... もっと読む

岸辺の旅

375
3.40
湯本香樹実 2010年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北国の冬の川べりを思わせる表紙の絵が気になって手に取った。 寒々としていて、今にも暗い空から雪が舞い降りてきそうだ。 雲の切れ間から一筋の光が川面に反... もっと読む

夜の木の下で

301
3.58
湯本香樹実 2014年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

至宝のような、6つの短編集。 読んでいる間も読んだ後も、心の深い部分が静かに静かに揺さぶられる。 どの作品も出だしからすでに美しい。 ほんの数行... もっと読む

夜の木の下で (新潮文庫)

214
3.32
湯本香樹実 2017年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

例えば 深く 碧く 透明な 湖の底 穏やかで 静かで 淡々と 粛々と 水は動く 時も刻む 水底から 上を見上げれば 眩しい光 たゆたう花... もっと読む

恋する男たち (新潮文庫)

195
2.86
篠田節子 2005年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

6人の作家さんによるアンソロジー。 タイトルからして、男性目線の恋愛小説かなと思ったのですが、そう単純なものではなく。 恋という概念が様々だということな... もっと読む

春のオルガン (Books For Children)

187
3.52
湯本香樹実 1995年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「夏の庭」の次に出された95年の作品。 小学校を卒業したばかりの女の子・トモミが主人公。 短い春休みに体験したこととその心情が鮮やかに描かれる。 振... もっと読む

わたしのおじさん

179
3.43
湯本香樹実 2004年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

湯本さんはこういった感じの話をよく書く気がする。ちょっと不思議は感じ。私はこういうのより直球の小説の方が好きだなぁ。 もっと読む

西日の町

137
3.28
湯本香樹実 2002年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さらりと読めてしまいます。 もっと読む

夏の庭―The Friends(ザ・フレンズ) (Best choice)

89
3.89
湯本香樹実 1992年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子供ってどうしてこう大人をそっとしておいてあげないんだろう。子供ならではの残酷性が描かれていた気がします。 「死」を身近に感じた事のない小学生が、一... もっと読む

あの頃のこと―Every day as a child

82
3.50
湯本香樹実 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

編集がまずいんじゃないか。タイトル通りなのだが、粒が揃っていない感じ。 しかし、冒頭の川内さんの写真はそれだけで写真集にしたほうがいいクォリティだ... もっと読む

あなたがおとなになったとき (講談社の創作絵本)

80
3.35
湯本香樹実 2019年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子どもを思う母の気持ち。 痛いほど胸に刺さってきた。 私は娘が大人になった姿を見ることができるのであろうか‥ 彼女が1人でも羽ばたけて行けるまで、私... もっと読む

おとうさんは、いま (こどものとも絵本)

68
3.50
湯本香樹実 2016年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

残業でまだ帰ってこない父。しかし父はなんとガタロウに追われているのであった!父は無事娘が待つ家にたどり着けるのか!?サスペンス。 寝る前の絵本に。 もっと読む
全36アイテム中 1 - 20件を表示

湯本香樹実に関連する談話室の質問

ツイートする
×