湯浅誠のおすすめランキング

プロフィール

湯浅誠

社会活動家。東京大学先端科学技術研究センター特任教授。全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長。1969年東京都生まれ。東京大学法学部卒。東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。1990年代よりホームレス支援に従事し、2009年から足掛け3年間内閣府参与に就任。内閣官房社会的包摂推進室長、震災ボランティア連携室長など。法政大学教授(2014-2019年)を経て現職。政策決定の現場に携わったことで、官民協働とともに、日本社会を前に進めるために民主主義の成熟が重要と痛感する。 著書に、『子どもが増えた!人口増・税収増の自治体経営』(泉房穂・明石市長との共著)『「なんとかする」子どもの貧困』『ヒーローを待っていても世界は変わらない』『反貧困』(第8回大佛次郎論壇賞、第14回平和・協同ジャーナリスト基金賞受賞)『貧困についてとことん考えてみた』(茂木健一郎と共著)など多数。

「2021年 『つながり続ける こども食堂』 で使われていた紹介文から引用しています。」

湯浅誠のおすすめランキングのアイテム一覧

湯浅誠のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『反貧困: 「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)』や『ヒーローを待っていても世界は変わらない』や『経済成長って何で必要なんだろう? (SYNODOS READINGS)』など湯浅誠の全69作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

反貧困: 「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)

1727
3.85
湯浅誠 2008年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

貧困になってしまうのは自己責任の部分が多いと思っていたが、この本をきっかけに必ずしもそうではないと思った。貧困になってしまうには負のスパイラルにはまりこん... もっと読む

ヒーローを待っていても世界は変わらない

460
4.23
湯浅誠 2012年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今こそ強いリーダーが必要だ、と考える人に読んでほしい本。調整はしたくない、自分の思うように独断で決めてくれるリーダーに出てきてほしい、と思っていないか?誰... もっと読む

経済成長って何で必要なんだろう? (SYNODOS READINGS)

407
3.49
芹沢一也 2009年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

メモ 経済成長が必要。貧困対策も福祉も経済成長なしに有効な手は打てない。経済のパイを大きくして、お金を確保しないと格差と貧困に対処できない。 キャ... もっと読む

どんとこい、貧困! (よりみちパン!セ)

350
4.08
湯浅誠 2009年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

貧困って他人事じゃない。ニュースで見る世界の貧困(絶対的貧困)と日本の(相対的貧困)とは少し意味合いが違うけど。予期せぬ病や事故で働けなくなり負のスパイラ... もっと読む

正社員が没落する ――「貧困スパイラル」を止めろ! (角川oneテーマ21)

240
3.59
湯浅誠 2009年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメリカや日本の貧困問題の本質に迫る良書です。 もっと読む

「なんとかする」子どもの貧困 (角川新書)

176
4.17
湯浅誠 2017年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

経済的な理由で塾に行けない子供たちを集めて勉強を教えることが将来の夢なのだが、湯浅氏の活動は大いに励みになる。自分一人ができる事はたかが知れているが、だか... もっと読む

貧困についてとことん考えてみた (NHK出版新書)

167
3.82
湯浅誠 2012年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まとめの章であるⅣが良かった。 貧困に陥った社会的弱者を自己責任で片付けず、一つの社会として、どういう救済?システムを組み上げることが出来るのか。 ... もっと読む

どんとこい、貧困! (よりみちパン!セ)

143
4.10
湯浅誠 2011年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

"溜め"という表現、なるほどなと思った。 子ども向けというより、 大人がたくさん読んだ方がいい。 どんとこい、とは言えないけれど、 貧困や、社会的に弱め... もっと読む

ヒーローを待っていても世界は変わらない (朝日文庫)

136
4.10
湯浅誠 2015年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

民主主義の面倒くささ(利害調整の拒否)を放棄するところに、強いリーダーを待望する心象が作られる。自分が何ができるか、できるところから始めなければ、上が変わ... もっと読む

風景デッサンの基本 (ナツメ社Artマスター)

131
3.73
湯浅誠 2013年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

風景デッサンといいつつ 明暗、質感、遠近法と デッサンの基本も少し触れてて 一冊である程度使える本 人体の筋肉とかまで意識しなければ だいたいのことはイ... もっと読む

つながり続ける こども食堂 (単行本)

121
4.00
湯浅誠 2021年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人をタテにもヨコにも割らない場所。行政の仕事をしている私はドキッとしました。日常的に、人を割って仕事をする私には耳が痛いフレーズです。行政は色々な制約があ... もっと読む

貧困襲来

102
4.00

感想・レビュー

湯浅氏の強い怒りを感じる1冊。 これを読むと、今年5月に起きた、生活保護をめぐるお笑い芸人へのバッシングが、「満を持して」仕組まれたものであることがよ... もっと読む

活動家一丁あがり! 社会にモノ言うはじめの一歩 (NHK出版新書)

99
3.37
湯浅誠 2011年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この新書が出たのが、ちょうど震災直前だった。よって、まったく注目されないまま五ヶ月が過ぎている。ここには湯浅誠の『活動家論』が書かれている。 それと同... もっと読む

闇の中に光を見いだす―貧困・自殺の現場から (岩波ブックレット NO. 780)

94
4.18
清水康之 2010年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

湯浅さんと清水さんの対談。本筋とは関係ないけど、割れ窓理論の例で暴走族になる前に服装が乱れているはずだという例がしっくり来た。社会福祉士関係で単語だけ覚え... もっと読む

真剣に話しましょう 小熊英二対談集

82
3.47
小熊英二 2014年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

震災後の社会と若者を古市憲寿と論じた対談は興味深かったし、高原基彰との「サヨはなぜ経済成長の夢を見るか?」上野千鶴子との「腑分けする」など、いずれも深い論... もっと読む

働けません。―「働けません。」6つの“奥の手”

73
3.93
湯浅誠 2007年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

社会的に追い詰めらた時用のハンドブック。安易な道を選ばず粘り強く制度を活用すれば今のところの日本では生きていけることがわかる刮目の書。 もっと読む

岩盤を穿(うが)つ

73
3.74
湯浅誠 2009年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本は、湯浅誠の2007年から2009年にかけての文章を集めている。 湯浅は2006年の夏ごろから急に注目されるようになったと言っている。それは私にと... もっと読む

高校生と考える日本の問題点 (桐光学園大学訪問授業)

71
4.38
内田樹 2015年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

▼配架場所・貸出状況 http://opac.hoshi.ac.jp/opac/opac_details/?lang=0&amode=11&bibid=2... もっと読む

ブラック・デモクラシー 民主主義の罠 (犀の教室)

70
3.33
藤井聡 2015年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大阪維新の会に政治プロパガンダに対抗した側からのデモクラシー論 もっと読む

子どもが増えた! 明石市 人口増・税収増の自治体経営(まちづくり) (光文社新書)

66
4.38
湯浅誠 2019年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

所得制限のない子ども施策 所得制限がないっていうのがとても重要のようだ 所得制限は納税者を蔑ろにしているから納得感がないのは頷ける 明石市には信念があ... もっと読む
全69アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×