滝田賢治のおすすめランキング

プロフィール

【略歴】1946年、横浜生まれ。1970年東京外国語大学英米語学科卒業、1977年一橋大学大学院法学研究科(国際関係論専攻)単位取得満期退学。中央大学法学部専任講師、助教授、教授を経て2017年名誉教授。1991年3月より93年3月までジョージワシントン大学(ワシントンDC)中ソ研究所ヴィジティングフェロー。
【主要業績】単著『太平洋国家アメリカへの道』(有信堂、1996年)、編著EmergingGeopolitical Situations in the Asia-Pacific Region中央大学出版部、2008年)、編著『アメリカがつくる国際秩序』(ミネルヴァ書房、2014年)、共編著『国際関係学』(有信堂、2015)。

「2022年 『国際政治史講義 20世紀国際政治の軌跡』 で使われていた紹介文から引用しています。」

滝田賢治のおすすめランキングのアイテム一覧

滝田賢治のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『軍事力と現代外交―現代における外交的課題』や『パワーと相互依存』や『軍事力と現代外交―歴史と理論で学ぶ平和の条件』など滝田賢治の全20作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

軍事力と現代外交―現代における外交的課題

103
3.83

感想・レビュー

外交の古典的システムは目標と目的を共有するという特徴を持っている。 バランスオブパワー0は外交システムを崩壊さえる能力を禁じてるが、価値の共有の合意はシ... もっと読む

軍事力と現代外交―歴史と理論で学ぶ平和の条件

44
3.59

感想・レビュー

国連による最も深刻な軍事力と外交戦略の行使は国連憲章第7条の下でとられる実際の軍事行動である。 デタント政策を追求していくには、冷戦的対立の分析より... もっと読む

ハーバード流歴史活用法―政策決定の成功と失敗

15
3.25

感想・レビュー

本書では、政策決定の中で歴史から得られる学びを活かすためにはどうすればよいかということを論じている。 政策決定の過程には分析と評価が必須であり、その... もっと読む

デタントの成立と変容―現代米ソ関係の政治力学 (中央大学現代政治学双書)

14
2.50

感想・レビュー

米ソ軍拡でソ連の経済は疲弊した。 ソ連は国民に対してソ連が優越にあるような報道をしていた。現代ではそのような偽情報に騙されるような国家は北朝鮮くらいだろ... もっと読む

国際政治史講義: 20世紀国際政治の軌跡

8
5.00
滝田賢治 2022年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

OPACリンク https://opac.lib.hiroshima-cu.ac.jp/opac/volume/511499?locale=ja&targ... もっと読む

アメリカがつくる国際秩序 (Minervaグローバル・スタディーズ 2)

6
3.00
滝田賢治 2014年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

核秩序は管理された抑止ののシステムと、管理された自制のシステムという相互補完的な2つの協調的システムで構成されるものであり、1960年代に形成され始めた。 もっと読む

グローバリゼーションと国際関係理論―グレート・ディヴァイドを超えて

5

感想・レビュー

冷戦の二極構造のため、米ソ両超大国がそれぞれのブロックの安全保障認識と政策を統合していたので、世界の地域安全保障構造は機能しなかった。 国際関係を理... もっと読む
全20アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×