澤地久枝のおすすめランキング

プロフィール

1930年、東京都生まれ。敗戦で旧満州より引き揚げる。中央公論社勤務を経てノンフィクション作家に。主な著書に『妻たちの二・二六事件』(中公文庫)、『火はわが胸中にあり─忘れられた近衛兵兵士の叛乱 竹橋事件』(文春文庫/岩波現代文庫)、『滄海よ眠れ─ミッドウェー海戦の生と死』(文春文庫)、『世代を超えて語り継ぎたい戦争文学』(佐高信との共著、岩波書店)、『人は愛するに足り、真心は信ずるに足る─アフガンとの約束』(中村哲との共著、岩波書店)『原発への非服従─私たちが決意したこと』(鶴見俊輔、奥平康弘、大江健三郎との共著、岩波ブックレット)、『ほうしゃせん きらきら きらいだよ──「さようなら原発1000万人署名運動」より』(鎌田慧との共編著、七つ森書館)ほか多数。憲法「九条の会」「さようなら原発1000万人署名市民の会」呼びかけ人。

「2013年 『愛の永遠を信じたく候 啄木の妻節子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

澤地久枝のおすすめランキングのアイテム一覧

澤地久枝のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『人は愛するに足り、真心は信ずるに足る――アフガンとの約束』や『密約―外務省機密漏洩事件 (岩波現代文庫)』や『妻たちの二・二六事件 (中公文庫)』など澤地久枝の全140作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

人は愛するに足り、真心は信ずるに足る――アフガンとの約束

158
3.98
澤地久枝 2010年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『あれも必要だ、これも必要だと言っていると、ほんとうに何もできない。しかしまあ、神というか、天というか、おそらく自分にはできないことまでは強制なさらないだ... もっと読む

密約―外務省機密漏洩事件 (岩波現代文庫)

144
4.00
澤地久枝 2006年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 TBSのドラマ『運命の人』を見て,ノンフィクションも読んでみた。国民に対する政府の重大な背信行為である密約問題が,ものの見事に男女の醜聞にすり替えられて... もっと読む

妻たちの二・二六事件 (中公文庫)

100
3.95
澤地久枝 1975年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何度読んでも泣ける。読み返すたびに胸が痛くなるのは、私の年齢が陸軍将校の妻たちに近くなっていくからだろう。 緻密な取材を重ねた筆者は、妻たちの声や思... もっと読む

14歳〈フォーティーン〉 満州開拓村からの帰還 (集英社新書)

94
3.23
澤地久枝 2015年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1930.9.3生まれ(俵萠子さんと同じですね)ノンフィクション作家澤地久枝さんの「14歳 満州開拓村からの帰還」(2015)を読みました。敗戦後外地から... もっと読む

日本海軍はなぜ過ったか――海軍反省会四〇〇時間の証言より

90
3.61
澤地久枝 2011年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

●:引用 →:感想 鼎談なので総論のようなものは分かるが、結論ははっきり分からなかった。 ●「海軍の失敗を過去のことと語らず、現代への教訓を探す。その... もっと読む

日本海軍はなぜ過ったか――海軍反省会四〇〇時間の証言より (岩波現代文庫)

46
3.50
澤地久枝 2015年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

澤地氏は忸怩たる思いだったでしょう。 海軍反省会が貴重な証言となったのは、反面教師的なものでしょう。 もっと読む

雪はよごれていた―昭和史の謎 二・二六事件最後の秘録

41
3.00
澤地久枝 1988年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2.26事件の関係者らを裁いた特設軍法会議の資料は戦争中に焼失したとされていたが、主席検事官であった匂坂春平氏がひそかに保管していた資料が1986年に遺族... もっと読む

琉球布紀行

36
4.00
澤地久枝 2000年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先に文庫本で読みました⇒http://booklog.jp/item/1/4101388040 もっと読む

原発への非服従――私たちが決意したこと (岩波ブックレット)

36
4.40
鶴見俊輔 2011年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

九条の会講演会の内容に加筆したもの。 4人の方の話が掲載されていますが、その中で、特に心に残ったお二人、澤地久枝さんと、大江健三郎さん、 澤地久枝... もっと読む

井上ひさしの言葉を継ぐために (岩波ブックレット)

29
4.00
井上ひさし 2010年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私には難しい内容で、細部まで理解できなかった、、、 けど、原爆のない世界のために ことばを絶やさない人がいて、 そういう活動に参加していないとしても... もっと読む

憲法九条、あしたを変える―小田実の志を受けついで (岩波ブックレット)

27
3.73
井上ひさし 2008年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いろいろと論議が繰り返されている憲法9条。 岩波ブックレットは、「憲法9条」を支持するものが多いが、それに対する言明として梅原猛や大江健三郎、井上... もっと読む

完本 昭和史のおんな

26
4.00
澤地久枝 2003年7月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「井上中尉夫人」など強烈かつ時代を考えさせられる女性と男の物語。 もっと読む

きもの箪笥

26
3.54
澤地久枝 2010年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

手仕事の価値を教えてもらった。 もっと読む

滄海(うみ)よ眠れ―ミッドウェー海戦の生と死〈2〉 (文春文庫)

25
3.70
澤地久枝 1987年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2010.08.15読了 (「BOOK」データベースより)amazon 昭和17年6月太平洋戦争開始後、日本軍が初めて大敗を喫したミッドウェー海戦。戦... もっと読む

家計簿の中の昭和

25
3.17
澤地久枝 2007年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

満州引揚げからバブルまで、様々な家計簿(決して澤地さん自身の家計簿だけの話ではありません)の中から、過ぎ去りし昭和の面影を探り出して綴ったエッセイです。 ... もっと読む

いま、憲法の魂を選びとる (岩波ブックレット)

24
3.57
大江健三郎 2013年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

我が国の法を樹に例えるならば、憲法はその幹だ。 この憲法が施工せれてから半世紀以上すぎた。確かにその内容は現代と齟齬が出ているのは事実だ。 だが、... もっと読む

希望と勇気、この一つのもの―私のたどった戦後 (岩波ブックレット)

23
4.00
澤地久枝 2008年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

政治家も裁判官も、なんと無情で、貧困な想像力しか持ち合わせていないのか。自然条件のきわめてきびしい異国で、孤立させられた女子どもだけの家族。子は親を捨て、... もっと読む

憲法九条は私たちの安全保障です。 (岩波ブックレット)

23
3.60
梅原猛 2015年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

じわじわと暗雲が垂れこめてるのが分かる。 もっと読む

家計簿の中の昭和 (文春文庫)

22
3.40
澤地久枝 2009年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

09/05/02読了。 もっと読む
全140アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする