澤田瞳子のおすすめランキング

プロフィール

1977年京都府生まれ。同志社大学文学部文化史学専攻卒業、同大学院文学研究科博士課程前期修了。時代小説のアンソロジー編纂などを行い、2010年『孤鷹の天』で小説家デビュー。2011年同作で第17回中山義秀文学賞を最年少受賞。2012年『満つる月の如し 仏師・定朝』で第2回本屋が選ぶ時代小説大賞、第32回新田次郎文学賞受賞。2015年『若冲』で第153回直木賞候補。2016年同作で第9回親鸞賞受賞。2019年『落花』(中央公論新社)で第32回山本周五郎賞候補および第161回直木賞候補に。2021年『星落ちて、なお』で第165回直木賞受賞。

澤田瞳子のおすすめランキングのアイテム一覧

澤田瞳子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『星落ちて、なお』や『若冲』や『若冲 (文春文庫)』など澤田瞳子の全136作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

星落ちて、なお

1227
3.50
澤田瞳子 2021年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これまで葛飾北斎の娘・応為、歌川国芳の娘・お芳の話など、有名絵師の娘の物語を読んだが、今回の作品は河鍋暁斎の娘・とよが主人公。 物語は暁斎の葬儀が行... もっと読む

若冲

1080
3.77
澤田瞳子 2015年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何かを表現する術を持ち合わせた者は、 自分の中に押しとどめられない程の深い悲しみや苦しみをも 約束事のように一緒に持ち合わせてしまうのでしょうか。 江戸... もっと読む

若冲 (文春文庫)

606
3.71
澤田瞳子 2017年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「若冲」と言えば、多彩な色彩とその美しい彩色を思い出す。「動植綵絵」は、その多色彩もさることながら、写体の生々しさの中に実物とかけ離れた幻想的な鶏、鳳凰、... もっと読む

火定

597
3.72
澤田瞳子 2017年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

天平年間、平城京における裳瘡(天然痘)の流行を扱った医療時代小説である。天然痘はウイルスが原因だ。古代何度もパンデミックが起きている。現代は根絶しているが... もっと読む

泣くな道真 大宰府の詩 (集英社文庫)

407
3.81
澤田瞳子 2014年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めての作家。文庫書き下ろしではあるが、ラノベに近い時代小説が多い中で、しっかり時代考証をしていて好感を持った。ただ、キャラは現代によせている。そのせいか... もっと読む

月人壮士 (単行本)

287
3.29
澤田瞳子 2019年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

序章からして難解であった。 聖武天皇である首(おびと)さまの崩御ではじまる。名前の読みからして難しい。人物関係も天皇家・藤原家略図とにらめっこ。この時代... もっと読む

火定(かじょう) (PHP文芸文庫)

269
4.07
澤田瞳子 2020年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

頂き本 直木賞。 天平の世のパンデミック。 おどろおどろしい表現もありますが、堅苦しくない程よいテンポでさらりと読めます。 もっと読む

落花

248
3.45
澤田瞳子 2019年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これやこの   行くも帰るもわかれつつ 知るも知らぬも逢坂の関                蝉丸 朝(あした)には落花を踏んで相伴つて出... もっと読む

能楽ものがたり 稚児桜

238
3.45
澤田瞳子 2019年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お能の曲目を下敷きにした8話短編集。 能とは全く別物になっているが、これはこれでおもしろい。元話より人間の欲望が前面に出ていて、ゾッとする。 お能の幽... もっと読む

輝山 (文芸書)

221
3.92
澤田瞳子 2021年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゆるい感じが、古き良き時代だなぁ。 澤田さんにハマってしまいそう。 もっと読む

夢も定かに (中公文庫)

216
3.85
澤田瞳子 2016年10月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奈良時代の女官たちの働きぶり。 キャラ設定がわかりやすい歴史小説です。 1300年前の平城京、聖武天皇の御世。 宮廷を支える後宮には、多くの女性... もっと読む

与楽の飯 東大寺造仏所炊屋私記

196
3.41
澤田瞳子 2015年8月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『与楽』とは、仏が与えてくれる慈悲のこと。 奈良時代、聖武天皇が発願し、東大寺に巨大な毘盧遮那仏が造立されることとなった。 全国から役夫が集められ、作... もっと読む

与楽の飯 東大寺造仏所炊屋私記 (光文社文庫 さ 35-1 光文社時代小説文庫)

184
3.85
澤田瞳子 2018年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うおー!「この設定、誰が喜ぶ?」=「この設定、誰しもが喜ぶ、楽しい!」にする力のある作家さんだ!出会えて良かった!! もっと読む

満つる月の如し 仏師・定朝

181
3.95
澤田瞳子 2012年3月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どこからがフィクションか分からないほど強烈。しかし、平安時代は奔放ですな もっと読む

なぞとき <捕物>時代小説傑作選 (PHP文芸文庫)

166
3.47
和田はつ子 2018年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女性作家の捕物時代小説アンソロジー。 「五月菓子」(和田はつ子)、「煙に巻く」(梶よう子)、「六花の涼」(浮穴みみ)、「人待ちの冬」(澤田瞳子)、「... もっと読む

日輪の賦

164
3.76
澤田瞳子 2013年3月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

持統天皇・上皇が大宝律令を定めた時代を舞台にした歴史小説です。日本史の授業で藤原京、飛鳥浄御原令、大宝律令という用語や年号は覚えたことがありましたが、その... もっと読む

孤鷹の天 上 (徳間文庫)

163
3.90
澤田瞳子 2013年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奈良時代が意外と戦乱の時代だったことを知った作品です。澤田瞳子さんの作品は、10冊以上読んでますが、これがデビュー作(だったと思う?)とは思えない傑作で、... もっと読む

日輪の賦 (幻冬舎時代小説文庫)

154
3.91
澤田瞳子 2016年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

持統天皇が大宝律令を制定するが、その際の既得権益を持っていた豪族との争いを描いた話である。 なぜ律令がいるか、それは、中央集権国家を目指すためで、百... もっと読む

恋って何ですか?: 27人がすすめる恋と愛の本 (14歳の世渡り術)

152
3.65
蒼井ブルー 2019年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本を紹介する本。そそられる本もあったけれど、少なかったかな もっと読む

腐れ梅

151
3.20
澤田瞳子 2017年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

濃かった。 梅の毒なのはまあ、序盤に分かりまして。 天神さんで梅かーーって感じでしたが。 阿鳥がこわいね。 細かい生活描写が、楽しい。 もっと読む
全136アイテム中 1 - 20件を表示

澤田瞳子のおすすめ記事

澤田瞳子に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×