瀬戸内寂聴のおすすめランキング

プロフィール

せとうち・じゃくちょう 1922年、徳島生まれ。東京女子大学卒。1957年に「女子大生・曲愛玲」で新潮社同人雑誌賞、1961年『田村俊子』で田村俊子賞、1963年『夏の終り』で女流文学賞を受賞。1973年に平泉中尊寺で得度、法名寂聴となる(旧名晴美)。1992年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、1996年『白道』で芸術選奨、2001年『場所』で野間文芸賞、2011年『風景』で泉鏡花文学賞受賞。1998年『源氏物語』現代語訳を完訳。2006年に文化勲章を受章。他の著書に『釈迦』『死に支度』『わかれ』『求愛』『いのち』など多数。

「2018年 『花のいのち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀬戸内寂聴のおすすめランキングのアイテム一覧

瀬戸内寂聴のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『源氏物語 巻一 (講談社文庫)』や『夏の終り (新潮文庫)』や『源氏物語 巻二 (講談社文庫)』など瀬戸内寂聴の全1025作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

源氏物語 巻一 (講談社文庫)

801
3.73
瀬戸内寂聴 2007年1月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さぁ「源氏物語」にチャレンジしようと思い立ち、どの作家の現代語訳にしようかと数日かけて調べる。 瀬戸内寂聴訳は、ですます調の語り口調で中学生でも読めると... もっと読む

夏の終り (新潮文庫)

612
3.30
瀬戸内寂聴 1966年11月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実際、そばにいるときよりも離れている方が恋しいし、こっちといればあっちが恋しいとなるのは当たり前のことなのに、どうしても私たちはこれをこういうものだと割り... もっと読む

源氏物語 巻二 (講談社文庫)

350
3.72
瀬戸内寂聴 2007年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

巻一の<若紫>で壮大な期待をもたせておいて、<末摘花>で少し外してくる帖の順がイイ。<紅葉賀>の描写の美しさ、<葵>の六条御息所の純粋な愛と生き霊になる恐... もっと読む

孤独を生ききる (光文社文庫)

332
3.43
瀬戸内寂聴 1998年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

瀬戸内寂聴の作品はあまり興味が起こりませんでしたが、「孤独」と言う言葉にひかれたのか読んでみたくなりました。 ハイ、確かに「孤独」がいっぱい書かれて... もっと読む

花芯 (講談社文庫)

300
3.31
瀬戸内寂聴 2005年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作が最高に良かった!痛快と取れるようなとこもあって、声に出して笑ってしまうほど。あたしは度々「女」であることが嫌になるけど「女」でないとこの作品は理解... もっと読む

わが性と生 (新潮文庫)

281
3.51
瀬戸内寂聴 1994年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメトークの本芸人で、光浦さんがお勧めされているのを見て、手に取りました。 晴美(出家前)⇔寂聴(出家後)の手紙のやりとりという形で、幼少期から今ま... もっと読む

瀬戸内寂聴の源氏物語 (講談社文庫)

208
3.54
瀬戸内寂聴 2005年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

源氏物語全54帖のうち、『桐壷』から「宇治十帖」『浮舟』までの27帖を収録したダイジェスト版。 源氏物語は長大な作品なので、解説書を除き、1冊にまと... もっと読む

死ぬってどういうことですか? 今を生きるための9の対論 (角川フォレスタ)

200
3.65

感想・レビュー

ホリエモンも寂聴さんもあくが強くて癖があって反発を覚えることも少なくないけれど、やはり気になる存在。 そのお二人の対論(対談ではないらしい)というからに... もっと読む

奇縁まんだら

193
3.78
瀬戸内寂聴 2008年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正宗白鳥やら島崎藤村やら。 自分にとっては、もはや「教科書レベルの過去の人」の範疇である文士を、作者は直に見たことがあるかと思うと、す、すごい……。 もっと読む

寂聴 般若心経―生きるとは (中公文庫)

180
3.85
瀬戸内寂聴 1991年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

瀬戸内寂聴の個性が強く出るけど、般若心経の解説としてはとても丁寧でわかりやすいと思う。お経の内容の流れが理解できると暗記が良く進みます。 もっと読む

復興の精神 (新潮新書 422)

177
3.26
養老孟司 2011年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本の企画がいいなと思った。 有事のあとに、我々は何をするべきか、どう考えるか、、、ということを、新潮新書編集部が発したいというに対して著名人が正面から... もっと読む

生きることば あなたへ (光文社文庫)

175
3.75
瀬戸内寂聴 2009年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

“幸せはいつもそのひとの心の中にある”ことを教えてくれる一冊です。(byみやたま) (084926/914.6/Se/短大図書館) もっと読む

ぴんぽんぱん ふたり話

172
3.43
美輪明宏 2003年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和の作家達の裏話が面白い もっと読む

源氏物語 巻八 (講談社文庫)

171
3.83
瀬戸内寂聴 2007年8月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宇治十帖のうち、最初の三帖が本巻に含まれている。宇治の景色の描写があるわけではないけれど、京から宇治へ向かう途中、木幡を通ったりするあたり、千年も前の風景... もっと読む

源氏物語 巻九 (講談社文庫)

159
3.78
瀬戸内寂聴 2007年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

薫と匂宮、そして中の君と浮舟(本文にはこの名前は出て来なかったように思うが)この4人を取り巻く恋愛事情が本巻の主題というところか。光源氏から見てきて、わり... もっと読む

「利他」 人は人のために生きる

146
3.98
瀬戸内寂聴 2011年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者二人の対談形式の本。 寂聴さんのユーモラスな語り口、稲盛氏が再建までに 苦労して来た道のり、どちらも これまでのさまざまな試練を乗り越えられて来... もっと読む

死に支度

127
3.35
瀬戸内寂聴 2014年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もう瀬戸内寂聴を止めることは誰にもできない!いいのかこんなに赤裸々で! もっと読む

月の輪草子 (特別書き下ろし)

126
3.38
瀬戸内寂聴 2012年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「春はあけぼの」の一節が好きだ。 高校の授業で習った時はさしたる思いもなかった。 だが何度も何度も繰り返し読んだその文は、徐々に私の中で変化していく。... もっと読む

女人源氏物語 1 (集英社文庫)

123
3.68
瀬戸内寂聴 1992年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

瀬戸内寂聴さん訳の源氏物語です。 10年以上前に読んだこの本を本棚から引っ張り出しました。 原文に触れたのも10年以上前、かつそれほど知識もないのでこの... もっと読む

釈迦 (新潮文庫)

120
4.14
瀬戸内寂聴 2005年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たった今読み終わったので新鮮な気分。ヘッセの「シッダルタ」も読んだが、瀬戸内流の方に惹かれた。つまるところ私たちは世尊の実態には迫れない。漫画も含め色々な... もっと読む
全1025アイテム中 1 - 20件を表示

瀬戸内寂聴に関連する談話室の質問

ツイートする