瀬田貞二のおすすめランキング

瀬田貞二のおすすめランキングのアイテム一覧

瀬田貞二のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『母の友 2019年11月号 特別企画1「子育て中に力をくれた本'19」 特別企画2「こどもに聞かせる一日一話」』や『お父さんのラッパばなし (福音館創作童話シリーズ)』や『母の友 2017年11月号 特別企画「こどもに聞かせる一日一話」』など瀬田貞二の全207作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

母の友 2019年11月号 特別企画1「子育て中に力をくれた本'19」 特別企画2「こどもに聞かせる一日一話」

17
3.50
角野栄子 雑誌 2019年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

11月号は、毎年一日一話のお話が30日分!載っています。 新しいお話だけでなく、昔のお話再録や昔話もあったり、いろんなお話を楽しめて、だいすきな特集です。... もっと読む

お父さんのラッパばなし (福音館創作童話シリーズ)

15
4.17
瀬田貞二 1977年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お父さんの語る壮大なラッパ話はどれもとんちがきいていたり自然に優しかったりして面白いです。 もっと読む

母の友 2017年11月号 特別企画「こどもに聞かせる一日一話」

15
3.67
梨木香歩 雑誌 2017年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

11月号は毎度おなじみの 「こどもに聴かせる一日一話」号です。 そして特別記事は 「ラジオが大好き」です。 わたしも昔はよく ラジオを聞いていたのです... もっと読む

ホビットの冒険 〈上・下〉 (1979年) (岩波少年文庫)

15
4.00
J.R.R.トールキン 1979年10月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

FeBeのオーディオブックで聴いたのだが、途中で話がよく分からなくなってしまい挫折。長編の初読でオーディオブックというのは自分には難しかった。いつか文字の... もっと読む

子どもと文学

14
4.00
石井桃子 1972年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前半は、日本の近代児童文学のテクストを作家別に子細に見ていく。どのような問題や限界をはらみ、また可能性の萌芽があったのかを学術的に論考した貴重なもの。 ... もっと読む

こどものとも復刻版Aセット〈創刊号~50号〉

14
4.20
M・フラック 2005年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いそがしいあおむし 島津和子 さく もっと読む

落穂ひろい(上)・(下) (福音館の単行本)

12
3.00
瀬田貞二 1982年4月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の古い絵本がのってる もっと読む

大型絵本 三びきのこぶた (こどものとも劇場)

12
3.00
瀬田貞二 1998年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<THE THREE PIGLETS : An Old English Folktale> もっと読む

ライオンと魔女 スペシャルエディション ナルニア国ものがたり(1)

12
2.75
C.S.ルイス 1992年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画を観る前に、原作を読んでおきたいと思っていたら、図書館で発見。すぐさま借りて、さらっと読みました。 内容はファンタジー童話ですな。あまり他と... もっと読む

人形の家 (岩波少年文庫 1035)

12
3.60

感想・レビュー

2人の姉妹の元で家族として暮らす人形たち。 一家の念願は快適な「人形の家」で暮らすこと。 ある日、姉妹の親戚から古いドールハウスを譲り受ける事になった... もっと読む

こどものとも復刻版Bセット(51号~100号)

11
3.00
おのかおる 2005年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第81巻 『てんからふってきたたまご』を読みました。 もっと読む

ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり (岩波少年文庫)

10
3.00
C.S.ルイス 電子書籍 2000年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

クローゼットの奥が異世界につながっている、という斬新なワンアイディアで、ファンタジーの世界観を構築していくのは当時ではすごかったんだろうな。話的には淡々と... もっと読む

オタバリの少年探偵たち (岩波少年文庫 (2052))

10
3.86

感想・レビュー

大好きです。今までで読んだ小説の中で一番好きかもしれません。 もっと読む

絵本わらしべ長者 (大型絵本 13)

9
3.60
瀬田貞二 1972年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おはなしもおもしろいけど、えがすごくきれいだった。 もっと読む

まぼろしの子どもたち (偕成社文庫 (3109))

9
3.00

感想・レビュー

児童書もファンタジーも好きなのに、「グリーンノウ」のシリーズを読んでいなくて、ずっと気になっておりました。 で、やっと読みました。 最初のページから情... もっと読む

子どもと文学 (1967年)

8
4.00
石井桃子 1967年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前提としてこの本の初版は1967年なので、当時の日本の文学、児童文学の状況がどんなものだったかを知らないと少しわかりづらい部分や、それは今は違うのでは?み... もっと読む
全207アイテム中 121 - 140件を表示

瀬田貞二に関連する談話室の質問

ツイートする