熊岡路矢のおすすめランキング

プロフィール

1947年、東京生まれ。現在、日本映画大学教授。法務省難民審査参与員。
日本国際ボランティア・センター(JVC)顧問、前代表(1995~2006年)、カンボジア市民フォーラム共同代表世話人。
1980年、カンボジア/インドシナ難民救援活動およびJVC創設に参加、難民キャンプでの井戸掘り、技術訓練などを始める。翌年、シンガポール国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)難民(ボートピープル)キャンプでの活動に参加。以降、アジア、アフリカ各地域での人道支援活動。 外務省との定期協議や共同評価にも携わる。東京大学大学院「人間の安全保障」客員教授、UNHCR駐日事務所アドバイザー、朝日新聞紙面審議委員等を経て、現職。
主著:『カンボジア最前線』(岩波新書、93年)。共著『NGOの挑戦』(めこん、90年)、『学び・未来・NGO』(新評論、01年)、『子どもたちのイラク』(岩波ブックレット、03年)、『グローバル化と人間の安全保障』(日本経済評論、01年)など。

「2014年 『戦争の現場で考えた空爆、占領、難民』 で使われていた紹介文から引用しています。」

熊岡路矢のおすすめランキングのアイテム一覧

熊岡路矢のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『カンボジア最前線 (岩波新書)』や『戦争の現場で考えた空爆、占領、難民: カンボジア、ベトナムからイラクまで』や『歩く学問ナマコの思想』など熊岡路矢の全4作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

カンボジア最前線 (岩波新書)

54
3.22
熊岡路矢 2003年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カンボジアの歴史や文化について調べていたけどどの本を読んでも理解できそうになかった中でこれだけは読めた。内戦の事情はかなり複雑だからこれ一冊で網羅できると... もっと読む
全4アイテム中 1 - 4件を表示
ツイートする