牧野伊三夫のおすすめランキング

プロフィール

■牧野 伊三夫(マキノ イサオ)
画家。1964年、福岡県北九州市生まれ。
多摩美術大学グラフィック・デザイン科卒業後、広告制作会社サン・アドにグラフィックデザイナーとして入社。
1992年に退社し、画業を開始する。以降、現在まで30年以上にわたり、書籍挿画や雑誌の挿絵、広告などで活躍。
HBギャラリー、月光荘画材店等での個展多数。2012、13、17年東京ADC賞受賞。
1999年、美術同人誌「四月と十月」を創刊。故郷である北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」の編集委員。
近著に『かぼちゃを塩で煮る』(幻冬舎)、『画家のむだ歩き』(中央公論新社)、『僕は、太陽をのむ』(港の人)、『仕事場訪問』(港の人)などがある。
酒好き、風呂好き、料理好き。

「2019年 『牧野伊三夫イラストレーションの仕事と体験記 1987-2019』 で使われていた紹介文から引用しています。」

牧野伊三夫のおすすめランキングのアイテム一覧

牧野伊三夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『かぼちゃを塩で煮る』や『ちょこっと、つまみ: おいしい文藝』や『かぼちゃを塩で煮る (幻冬舎文庫)』など牧野伊三夫の全12作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

かぼちゃを塩で煮る

97
3.67
牧野伊三夫 2016年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

画家の牧野伊三夫さんが書かれた料理エッセイ集。 挿絵を見て、「あれ、どこかで見たような…」と思って調べてみると、『暮らしの手帖』の挿絵を描かれている方で... もっと読む

ちょこっと、つまみ: おいしい文藝

80
3.18
阿川佐和子 2020年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おいしく拝読しました。 檀一雄、伊丹十三、牧野伊三夫諸氏の即席おつまみ口頭レシピも楽しく、久住昌之さんには崎陽軒のシウマイ弁当買いに走りたい思いにさせられ... もっと読む

かぼちゃを塩で煮る (幻冬舎文庫)

49
4.25
牧野伊三夫 2019年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お店などで食べた料理を自宅で再現したくなる気持ち、手間がかかるのも一興 もっと読む

画家のむだ歩き (単行本)

36
3.71
牧野伊三夫 2018年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

画家が色んなところに行ってお酒を飲んだり、銭湯に入ったりするエッセイ。のんびりしてていいじゃない。 もっと読む

今宵も酒場部 飲んで描いたおとなの部活動報告

26
3.29
鴨井岳 2008年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

絵と文を書く人(牧野伊三夫)と、文を書く人(鴨井岳)が交互に記事を書くので、どっちがどっちか意識するのが面倒で途中からやめた。 行ったことのある酒場の記事... もっと読む

かぼちゃを塩で煮る (幻冬舎文庫)

3
4.00
牧野伊三夫 電子書籍 2019年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

食べ物エッセイ。 身近さとリアルさがあって とても引き込まれた。 もっと読む
全12アイテム中 1 - 12件を表示
ツイートする
×