猪瀬直樹のおすすめランキング

プロフィール

猪瀬直樹(いのせ・なおき) 1946年長野県生まれ。作家。87年『ミカドの肖像』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。96年『日本国の研究』で文藝春秋読者賞受賞。東京大学客員教授、東京工業大学特任教授を歴任。2002年、小泉首相より道路公団民営化委員に任命される。07年、東京都副知事に任命される。12年、東京都知事に就任。13年、辞任。15年、大阪府・市特別顧問就任。主な著書に『天皇の影法師』『昭和16年夏の敗戦』『黒船の世紀』『ペルソナ 三島由紀夫伝』『民警』のほか、『日本の近代 猪瀬直樹著作集』(全12巻、電子版全16巻)がある。近著に『日本国・不安の研究』など。

「2020年 『公〈おおやけ〉 日本国・意思決定のマネジメントを問う』 で使われていた紹介文から引用しています。」

猪瀬直樹のおすすめランキングのアイテム一覧

猪瀬直樹のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)』や『突破する力 (青春新書インテリジェンス)』や『思想地図β vol.2 震災以後』など猪瀬直樹の全297作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)

1982
3.95
猪瀬直樹 2010年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恥ずかしながら、僕は本書の存在を全く知りませんでした。 本書は、元東京都知事・猪瀬直樹氏によって1983年に執筆された一冊。 もう、35年以上前に書かれ... もっと読む

突破する力 (青春新書インテリジェンス)

1162
3.62
猪瀬直樹 2011年2月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分が仕事でできなかったことを鋭く突いてくる。心当たりが有るだけに厳しい。でも章の終わりで「~じゃないかな」と猪瀬さんが優しく語り掛けてくれて、何となく自... もっと読む

思想地図β vol.2 震災以後

1138
4.08
東浩紀 2011年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「震災以降」、言葉や思想はいったい何をなし得たのか、そしてなし得るのか――この問いを軸として編まれた、批評家・東浩紀による新しい言論誌「思想地図β」シリー... もっと読む

言葉の力 -   「作家の視点」で国をつくる (中公新書ラクレ)

804
3.88
猪瀬直樹 2011年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2013年2冊目。 再読だったが、改めて、「こんな教育受けてみたかった!」と思う事例が満載。 世界基準に置いていかれていることを強く感じる。 今... もっと読む

決断する力 (PHPビジネス新書)

686
3.65
猪瀬直樹 2012年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

震災に対する東京都の取り組みの紹介で、一般の人にはほとんど役には立ちません。政治家を目指す人、役人にはためになるのかもしれません。 もっと読む

東京の副知事になってみたら (小学館101新書)

661
3.65
猪瀬直樹 2010年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ふと、都知事選を前にして、なんとなく手にとってみました。 で、なんでしょうこの、「地に足の着いた信頼感」は。  「東京というこの大都市をどう成長さ... もっと読む

ニッポン2021-2050 データから構想を生み出す教養と思考法

570
3.50
落合陽一 2018年10月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

皆が注目する2020ではなくその先に目を向けようという話。恐ろしく教養レベルの高い2人の持論はたぶん間違ってないんだろうとはわかりつつも、具体的に共感でき... もっと読む

ミカドの肖像(小学館文庫)

560
3.45
猪瀬直樹 2005年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

強大な遠心力の働く日本の空虚な中心 プリンスホテルの名を冠する西武系のホテルその命名の謎、19世紀ヨーロッパを席巻したオペレッタ「ミカド」、やんごとなき... もっと読む

地下鉄は誰のものか (ちくま新書)

456
3.30
猪瀬直樹 2011年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地下鉄問題、本来これは都民始め利用者が声を大にしてアジェンダにさせないといけなかったはず。当たり前と受け入れすぎ、慣れすぎて問題を意識していなかったことを... もっと読む

リーダーの教養書 (News Picks Book)

326
3.70
出口治明 2017年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書はその分野において参考とするべき本を紹介した「本のガイドブック」だ。 題名には「リーダーの」と書かれているが、その分野を勉強してみようと思う人にとっ... もっと読む

福島第一原発観光地化計画 思想地図β vol.4-2

292
3.69
東浩紀 2013年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はっきり言おう。これは福島を自らの「思想」のもとに従属させる、極めて醜悪な計画だ。もう少し突き詰めて言うと、これは福島を永久に「原発事故」という枠に押しと... もっと読む

空気と戦争 (文春新書)

262
3.59
猪瀬直樹 2007年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京工業大学で行われた講義を再現したもの。いまも起きていることと同じような日常性が日米戦を呼び込んだのではないか、という猪瀬氏の主張に頷く。陸軍省燃料課で... もっと読む

アメリカが天皇明仁に刻んだ「死の暗号」 東條英機 処刑の日 (文春文庫)

258
3.84
猪瀬直樹 2011年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだきっかけは、「東京都は知事も副知事も作家って面白い」「でも猪瀬直樹ってどんな小説を書いているんだろう」という疑問でした。 タイトルはいかついですが... もっと読む

日本国の研究 (文春文庫)

234
3.59
猪瀬直樹 1999年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

淡々として指摘している感じが良い。 もっと読む

ペルソナ 三島由紀夫伝 (文春文庫)

220
3.38
猪瀬直樹 1999年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初猪瀬直樹さん。 東京オリンピック招致に成功した栄光から一転、カバンにお金の束と見立てた包みを、入りますっと言い切りグイグイ押し込んでいた汗だくの猪瀬直樹... もっと読む

昭和16年夏の敗戦-新版 (中公文庫 (い108-6))

204
4.39
猪瀬直樹 2020年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真珠湾攻撃により太平洋戦争に突入する8か月前に、官僚・民間ビジネスマンから幅広く選ばれた若手エリートたちで構成された「総力戦研究所」。研究テーマはただ一つ... もっと読む

人口減少社会の成長戦略 二宮金次郎はなぜ薪を背負っているのか? (文春文庫)

201
3.56
猪瀬直樹 2007年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二宮金次郎は、仕事の合間も、寸暇を惜しんで勉強しました。で、偉い人になりました。以上。 …というのが、(オレも含めて)多くの人の二宮金次郎に関する知... もっと読む

解決する力 (PHPビジネス新書)

201
3.25
猪瀬直樹 2012年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昨年末に東京都知事に就任された、猪瀬直樹さんの寄稿集となります。 石原さんの下での副都知事時代のエピソードが主体で、読み応えありました。 中でも、... もっと読む

ピカレスク 太宰治伝 (文春文庫)

173
3.59
猪瀬直樹 2007年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

非常に面白かった。太宰治の評伝であると同時に、盗作作家・井伏鱒二の告発本。自らの生を引き受け作品を作り続けた前者に対して、後者は何事もないように、嘘を重ね... もっと読む

天皇の影法師 (中公文庫)

157
3.42
猪瀬直樹 2012年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和天皇の崩御前後の、妙な空気は体験している。連日のご容態 報道、日に何度も行われるバイタル・データの発表。行き過ぎた 自粛ムードはCMの「お元気です... もっと読む
全297アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×