獅子宮敏彦のおすすめランキング

プロフィール

奈良県生まれ。龍谷大学卒。1990年「小田原の織社」(別名義)で第29回オール讀物推理小説新人賞を受賞。2003年「神国崩壊」』で第10回創元推理短編賞を受賞。著書は『砂楼に登りし者たち』『神国崩壊』『天命龍綺 大陸の魔宮殿』『君の館で惨劇を』

「2013年 『卑弥呼の密室』 で使われていた紹介文から引用しています。」

獅子宮敏彦のおすすめランキングのアイテム一覧

獅子宮敏彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『犯人たちの部屋 ミステリー傑作選 (講談社文庫)』や『砂楼に登りし者たち (ミステリ・フロンティア)』や『神国崩壊―探偵府と四つの綺譚 (ミステリー・リーグ)』など獅子宮敏彦の全12作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

犯人たちの部屋 ミステリー傑作選 (講談社文庫)

61
3.05
石田衣良 2007年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018.8.20.アンソロジーの楽しさを堪能できた。 もっと読む

砂楼に登りし者たち (ミステリ・フロンティア)

53
3.07
獅子宮敏彦 2005年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

室町時代末期を舞台に、諸国を放浪する医師が怪事件の謎を解くという短編集。 どれも密室状況の不可能犯罪が絡んでおり、この時代背景ならではの豪快なトリックに... もっと読む

神国崩壊―探偵府と四つの綺譚 (ミステリー・リーグ)

47
3.50
獅子宮敏彦 2009年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

架空歴史小説で本格ミステリー!! どちらの意味でも面白い!!  もっと読む

君の館で惨劇を (本格M.W.S.)

31
2.79
獅子宮敏彦 2012年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸川乱歩や横溝正史を読んでいないので ピンとこない場面もあったけど 全体的には面白かったし 最後は マジかーって感じでした もっと読む

卑弥呼の密室

28
3.00
獅子宮敏彦 2013年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

後半面白く一気に読めた。 もっと読む

ヤオと七つの時空の謎

26
3.00
芦辺拓 2019年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019/11/04読了 もっと読む

上海殺人人形 (ミステリー・リーグ)

16
2.80
獅子宮敏彦 2017年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【収録作品】赤死病ドール/洛神ドール/パオマードール/魚腸剣ドール/ペルシャンドール  私にとって最大の謎はなぜ主人公だったのか。で、そこだけ見るとラノ... もっと読む

天命龍綺 大陸の魔宮殿 (講談社ノベルス)

15
2.57
獅子宮敏彦 2011年4月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古代中国風の架空世界が舞台で、著者前書きによれば”しっかりとしたミステリの骨格を持ちながら、少年少女たちの数奇な運命を描いた物語”。 大国に侵略された小... もっと読む

アジアン・ミステリー (本格ミステリー・ワールド・スペシャル)

11
2.80
獅子宮敏彦 2014年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦前に中国で起きた不可解な事件を解くダーク探偵。 中国を食いものにして私腹を肥やす人々が過去に連れ去られて象に踏み殺されたり、密室で四肢を引き裂かれたり... もっと読む

ヤオと七つの時空の謎

1
4.00
獅子宮敏彦 電子書籍 2019年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時空を旅する少女ヤオが、あるいはすれ違い、あるいは巻き込まれる。謎めいた七つの時代の物語を、複数の作者が書き綴るアンソロジー。高井忍が秋梨惟高が(しかもも... もっと読む
全12アイテム中 1 - 12件を表示
ツイートする