玉岡かおるのおすすめランキング

プロフィール

作家

「2017年 『ひこばえに咲く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

玉岡かおるのおすすめランキングのアイテム一覧

玉岡かおるのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『お家さん〈上〉 (新潮文庫)』や『お家さん〈下〉 (新潮文庫)』や『天涯の船〈上〉 (新潮文庫)』など玉岡かおるの全120作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

お家さん〈上〉 (新潮文庫)

327
4.05
玉岡かおる 2010年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鈴木商店の創始者初代岩治郎に嫁いだ鈴木よねの生まれから物語が始まります。そして岩治郎の死、金子直吉らによる樟脳の商売失敗による危機、それを乗り切り順調に拡... もっと読む

お家さん〈下〉 (新潮文庫)

254
4.14
玉岡かおる 2010年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

感想は「お家さん」上巻へ。 もっと読む

天涯の船〈上〉 (新潮文庫)

152
4.00
玉岡かおる 2005年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治、大正を異国で生き抜いた女性の大河小説。 川崎製鉄の創立時の川崎造船所や双日の源流の鈴木商店などが活躍する世界で桜賀(松方)と身代わりとして数奇な人... もっと読む

お家さん 上巻

126
3.77
玉岡かおる 2007年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

感想は下巻で もっと読む

天涯の船〈下〉 (新潮文庫)

115
3.90
玉岡かおる 2005年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女性は、内に秘められた思いや決意をかかえて、長年生きていけるものなんだと強く感じられる作品。 あとがき児玉清さんなのも感慨深い。 もっと読む

負けんとき 上: ヴォーリズ満喜子の種まく日々 (新潮文庫)

104
4.06
玉岡かおる 2014年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治から昭和を駆け抜けた夫婦の大河小説。 ハラハラドキドキはないけど、この時代を生き抜いて様々な大切なものを今の時代に残してくれた偉人に感謝。 元華族の満... もっと読む

天平の女帝 孝謙称徳

104
3.31
玉岡かおる 2015年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2度も皇位についた女帝を描く。 読み応えがあった。 皇太子から帝になった女帝がいたとは、驚き。 回想から浮かび上がる女帝が、人として魅力的。 その... もっと読む

負けんとき〈上巻〉―ヴォーリズ満喜子の種まく日々

101
3.74
玉岡かおる 2011年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近代の女子教育や福祉などの分野に携わった人は どこかで必ず一本の線でつながっているんだと 考えさせられた本。 玉岡さんの本は、デビュー作しか拝読... もっと読む

負けんとき〈下巻〉―ヴォーリズ満喜子の種まく日々

88
3.64
玉岡かおる 2011年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

概略は上巻の感想に書いたのでそちらを。 関係ないことだが…。 近江という土地は、止揚学園の福井達雨氏などの 活動拠点でもあったのだけれど、それは... もっと読む

お家さん 下巻

86
4.00
玉岡かおる 2007年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

良かった!!図書館で借りたが、買って手元に置いておこうかな、と考え中。それほど読んで良かったと思う本。 まずは語り口がいい。時には当事者としてのお家... もっと読む

負けんとき 下: ヴォーリズ満喜子の種まく日々 (新潮文庫)

85
4.09
玉岡かおる 2014年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016,5読了 どんなに尽くしても土地の人々の理解が得られず、でも負けないで生きて行く姿・・夫のメレルと、お互いを敬い思いやる姿には感動します。 もっと読む

天涯の船 上巻

78
3.93
玉岡かおる 2003年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

きれいな文体です。最初は流されてやむなく身代わりをスタートして、でも演じるうちに自分のものになる。立場が人を変えることもある。強くしなやかに。良いことも悪... もっと読む

銀のみち一条〈上巻〉 (新潮文庫)

61
4.06
玉岡かおる 2011年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018年4月22日、読み始め。 2018年5月4日、読了。 読み応えのある内容であった。 明治時代から戦前位にかけての、庶民の生活を舞台にした... もっと読む

天涯の船〈下巻〉

60
3.75
玉岡かおる 2003年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

楽しかった~~。 下巻は恋愛小説という感じでした。 正妻側が書かれていなかったので、キレイな感じで終われていて良かったなと思いました。 鷹彦の出... もっと読む

ひこばえに咲く

54
3.50
玉岡かおる 2013年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これも実在人物がモデルかな。 いつの時代かよく分からなかったが、実は最近の話か。 もっと読む

銀のみち一条〈下巻〉 (新潮文庫)

53
4.13
玉岡かおる 2011年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018年5月5日、読み始め。 2018年5月20日、読了。 著者の作品を読むのは、初めてである。 この作品を読んで、まず思ったのは、文学的とい... もっと読む

ウエディングドレス

51
3.50
玉岡かおる 2016年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

激動の時代を乗り越えた2人の女性の物語。「ウエディングドレス」のデザイナーは桂由美氏がモデル、貸衣装業を展開した実業家は架空の人物とのこと。対照的な人生で... もっと読む

をんな紋―まろびだす川 (角川文庫)

47
3.73
玉岡かおる 2000年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016年.5.3 読了 明治時代の御家のかたちが、少しだけ わかりました。 もっと読む

花になるらん: 明治おんな繁盛記

47
3.38
玉岡かおる 2017年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高島屋を今のような百貨店のイメージで花開かせる礎を築いたガガはん.いろんな困難にも明るく立ち向かっていくところが,伸びていく明治の時代と重なって、生き生き... もっと読む

夢食い魚のブルー・グッドバイ (新潮文庫)

43
3.44
玉岡かおる 1992年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

玉岡さんの最初のホンとのこと。 若い頃の恋ってあんなだっけ???? ちょっと違和感。 でもどことなく、わかっちゃいるのにどうしようもなかった私の正義... もっと読む
全120アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする