生島遼一のおすすめランキング

生島遼一のおすすめランキングのアイテム一覧

生島遼一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『赤と黒〈上〉 (岩波文庫)』や『ボヴァリー夫人 (新潮文庫)』や『赤と黒〈下〉 (岩波文庫 赤 526-4 9』など生島遼一の全133作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

赤と黒〈上〉 (岩波文庫)

885
3.38
スタンダール 1958年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京都杉並区・武蔵野ゼミナールの根岸先生に勧められて。 もっと読む

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)

724
3.45

感想・レビュー

よく思うのですが、女性が妻となり、家庭を守るという行為は、外に出て荒波にもまれながら、家庭を同じく守る夫とは対照的な苦痛があると思うのです。 さまざまな... もっと読む

赤と黒〈下〉 (岩波文庫 赤 526-4 9

620
3.44
スタンダール 1958年8月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京都杉並区・武蔵野ゼミナールの根岸先生に勧められて。 もっと読む

三銃士〈上〉 (岩波文庫)

483
3.86

感想・レビュー

ミレディー物語…じゃないって。 ルイ13世治世下のフランス。銃士になることを夢みて単身ふるさとガスコーニュを後にしたダルタニャンは、パリで同郷の名士... もっと読む

三銃士〈下〉 (岩波文庫)

342
3.93

感想・レビュー

「アニメ三銃士」は結構見てたのだけど、アニメだけの知識ではいかんか…と思って読んでみたらアニメの方すでに結構忘れてたというオチが。でもさすが大人向け(?)... もっと読む

ドルジェル伯の舞踏会 (新潮文庫)

245
3.48
ラディゲ 1953年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

規定演技で技の出来栄えを競う、フィギュアスケートや体操競技などを観ているような印象。回転すべきところで回転し、跳躍すべきところで跳躍する、大層丁寧な演技を... もっと読む

パルムの僧院〈上〉 (岩波文庫)

237
3.58
スタンダール 1969年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

駆け引きが最も面白いところであり、この点はディケンズを越えているが、全体的には。。。。 もっと読む

感情教育〈上〉 (岩波文庫)

221
3.56
フローベール 1971年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二月革命直前のパリで、社会情勢や政治情勢が刻一刻と変転する中で、アルヌー夫人への恋に身をやつす青年フレデリックの物語。友人たちが政論で一山あてようと躍起に... もっと読む

パルムの僧院 下 改訂 (岩波文庫 赤 526-6)

188
3.56

感想・レビュー

これは素晴らしいな。面白いとは違うんだけど、読んでよかった。物語が進むにつれて高まっていくあまりに苛烈な情熱の奔流。最後の数章の高まりっぷりは本当にやばい... もっと読む

感情教育〈下〉 (岩波文庫)

158
3.78
フローベール 1971年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻の3分の2過ぎたあたりから劇的に面白くなる。若く、熱っぽく、傲慢で、不安定で、愚かで、狡くて、心弱い、ばかなフレデリック。アルヌー夫人がでてくると、革... もっと読む

三銃士〈上〉 (岩波少年文庫)

104
3.59

感想・レビュー

Les Trois Mousquetaires 1844 Alexandre Dumas(アレクサンドル・デュマ) D'Artagnan(ダルタニャン... もっと読む

第二の性 1 女はこうしてつくられる (新潮文庫 ホ 4-5)

95
3.27

感想・レビュー

(1970.07.04読了)(1969.07.25購入) *解説目録より* 第一巻「女はこうしてつくられる」性に目ざめた若い娘が次第にどのように女にな... もっと読む

三銃士〈下〉 (岩波少年文庫)

82
3.68

感想・レビュー

訳者生島遼一氏のあとがき 詩人・作家の木坂涼氏の「陰謀と勇気と恋の大ドラマ」つき 長い話を抜粋しているので物足りない感があるが、長編を全部読むほどの気力... もっと読む

赤と黒(上) (ワイド版岩波文庫)

66
3.82
スタンダール 2011年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若かりし頃読んだが、男女恋愛の細部に渡る深層心理描写に驚愕した印象を今でも忘れない。三島由紀夫の「春の雪」を彷彿させる。 もっと読む

第二の性 2 女はどう生きるか (新潮文庫 ホ 4-6)

45
3.25

感想・レビュー

(1995.09.21読了)(1970.07.04購入) 女はどう生きるか ☆関連図書(既読) 「フランスの異邦人」林瑞枝著、中公新書、1984... もっと読む

第二の性 3 自由な女 (新潮文庫 ホ 4-7)

39
3.60

感想・レビュー

(1995.09.25読了)(1979.11.18購入) 自由な女 ☆関連図書(既読) 「フランスの異邦人」林瑞枝著、中公新書、1984.01.... もっと読む

悪魔と神 (新潮文庫 赤 120D)

33
3.64

感想・レビュー

(1972.06.21読了)(1972.01.09購入) 1964年のノーベル文学賞を辞退。 *解説目録より* 十六世紀ドイツの農民戦争勃発の直前に... もっと読む
全133アイテム中 1 - 20件を表示

生島遼一に関連する談話室の質問

ツイートする
×