生田哲のおすすめランキング

プロフィール

生田 哲(イクタ サトシ)
薬学者/評論家
薬学博士。1955年、北海道に生まれる。がん、糖尿病、遺伝子研究で有名なシティ・オブ・ホープ研究所、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)などの博士研究員を経て、イリノイ工科大学助教授(化学科)。
遺伝子の構造やドラッグデザインをテーマに研究生活を送る。現在は日本で、生化学、医学、薬学、教育を中心とする執筆活動と講演活動、脳と栄養に関する研究とコンサルティング活動を行う。著書に、『ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く 』 (講談社+α新書)、『よみがえる脳』『脳にいいこと、悪いこと』 (以上、サイエンス・アイ新書)。『よくわかる! 脳にいい食、悪い食』『子どもの脳は食べ物で変わる』(以上、PHP研究所)など多数。

「2021年 『遺伝子のスイッチ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

生田哲のおすすめランキングのアイテム一覧

生田哲のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『食べ物を変えれば脳が変わる (PHP新書)』や『脳と心をあやつる物質―微量物質のはたらきをさぐる (ブルーバックス)』や『心の病は食事で治す (PHP新書)』など生田哲の全137作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

食べ物を変えれば脳が変わる (PHP新書)

379
3.40
生田哲 2008年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これ系の本は何冊が読んでて知ってることは多かったけど、知識の上塗りと言う意味で勉強になった。 ・血糖値を安定させることが出来ないと、血糖代謝異常が起こり... もっと読む

脳と心をあやつる物質―微量物質のはたらきをさぐる (ブルーバックス)

175
3.40
生田哲 1999年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

クラフトワークとか『銀河鉄道999』あたりで育った世代のもつ「機械のからだ」への憧れを思い起こさせる一冊。 薬学における「痛み」とは、「シグナル」と... もっと読む

心の病は食事で治す (PHP新書)

129
3.38
生田哲 2005年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

同じく、レポート作成に於いて参考にした内の一冊。 主にうつ病について書かれた部分が役立ったが、そこで述べられていた「精神病はその要因だけを除去する事だけ... もっと読む

ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く (講談社+α新書)

112
3.58
生田哲 2010年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ビタミンBが欠乏すると脚気、Cは壊血病、Dはくる病と子供の頃に習った記憶があります。現代人は慢性ビタミンC欠乏症とか。著者は、ビタミンCの効果として、次の... もっと読む

よみがえる脳 脳は環境の変化に対応し、何歳になっても、絶えず変わりつづける (サイエンス・アイ新書)

106
3.57
生田哲 2010年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脳細胞の老化を防ぐためには適度なエクササイズを続けること。脳を鍛える瞑想についてもっと知りたくなった もっと読む

砂糖をやめればうつにならない (角川oneテーマ21)

93
3.45
生田哲 2012年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

砂糖を摂りすぎると血糖をコントロールできなくなり、気分や行動を制御あるいは生起させられなくなるという。 主張を裏付ける事実が記載されていますが、いつの誰... もっと読む

脳と心を支配する物質 (サイエンス・アイ新書)

70
3.56
生田哲 2011年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

神経系に作用する薬は、離脱症状のリスクや離脱症状を生じにくくする服用の仕方について医師からも薬剤師からも説明されることなく、処方されることがある(2017... もっと読む

はじめてでも全体像がつかめる! 早わかり聖書

57
3.75
生田哲 2009年2月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を読んだ後で聖書を読み返してみると新しい発見があると思う! もっと読む

脳地図を書き換える―大人も子どもも、脳は劇的に変わる

57
3.29
生田哲 2009年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脳についての本は定期的に読みたくなる。 左側の前頭葉を活性化すれば、ポジティブ脳に! 瞑想は身につけたい技だ。 もっと読む

脳の健康―頭によいこと、わるいこと (ブルーバックス)

53
3.33
生田哲 2002年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フォトリーディング&高速リーディング。母胎のストレスが生後の男子のホモ化と関係しているとのこと。運動は脳に良い。特に大腿筋を使えば筋紡錘と言う脳に直結する... もっと読む

ドキュメント遺伝子工学 巨大産業を生んだ天才たちの戦い (PHPサイエンス・ワールド新書)

53
3.27
生田哲 2013年5月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

遺伝子工学について、漠然と授業で話していたことが詳しく書いてある。読み直して年表にまとめようと思ってたら、最後に書いてあった!助かるなあ。そして、日本人が... もっと読む

子どもの脳は食べ物で変わる

51
2.67
生田哲 2019年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脳に良い食べ物と悪い食べ物に関しては、専門的なデータをもとに書かれているので、とても参考になりました!しかし、ワクチンに関しては、ワクチン摂取が批判的に書... もっと読む

脳は食事でよみがえる 疲れた脳、心のストレスはこれで解消! (サイエンス・アイ新書)

44
3.56
生田哲 2009年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脳を活性化させ、気分よく前向きに生きる、ストレスに打ち勝つ、脳疲労から回復する、ブルーな気分を吹き飛ばす、などを項目として、脳の働きを良くすることに効果が... もっと読む

ウイルスと感染のしくみ なぜ感染し、増殖するのか!? その驚くべきナゾに迫る!! (サイエンス・アイ新書)

44
2.75
生田哲 2013年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

摂南大学図書館OPACへ⇒ https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB99545830 もっと読む

聖書のヒロインたち

42
2.76
生田哲 2004年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

旧約・新約聖書から13人の女性をピックアップして解説する。文章は読みやすくあっという間に読むことが出来る。途中にたとえ話が何回か出てくるが少々無理がある気... もっと読む

日本人だけが信じる間違いだらけの健康常識 (角川oneテーマ21)

40
3.00
生田哲 2014年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文字通り、既存の薬や健康療法で誤ってるものを著者の視点で解説した一冊。 糖質制限ダイエットについての批判など、説得力があった。 もっと読む

脳がめざめる食事 (文春文庫)

39
3.80
生田哲 2007年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

みかん食べたい もっと読む

子どもの頭脳を育てる食事 (角川oneテーマ21)

37
3.50
生田哲 2011年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

薬学博士の生田さんによるこどもに食べさせるべきものとそうでないものを解説した本。 基本的な内容なのでこの手の本が初読の方向け。サプリメント推奨だったので... もっと読む

「うつ」を克服する最善の方法 (講談社+α新書)

36
2.45
生田哲 2005年11月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん。。SSRIを真っ向から否定し、食事、サプリ、生活習慣で治そう!という本。確かに安易な薬物療法は良くないと思うし、製薬会社もビジネスしていることを頭... もっと読む

早わかり聖書―文化が見える・歴史が読める

32
3.67

感想・レビュー

神の摂理と人類歴史そのものの概要をつかむことができます。聖書の歴史は、世界史の授業では決して習わない分野です。教養として知っておいて損はないと思います。 もっと読む
全137アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×