田中優子のおすすめランキング

プロフィール

田中 優子(たなか ゆうこ)
1952年横浜生まれ。江戸文化研究者。法政大学社会学部メディア社会学科教授・法政大学国際日本学インスティテュート(大学院)教授。社会学部長を経て、2014年4月に法政大学総長就任。専門は日本近世文化・アジア比較文化。
1986年『江戸の想像力』により芸術選奨文部大臣新人賞、2000年『江戸百夢』でサントリー学芸賞、芸術選奨文部科学大臣賞をそれぞれ受賞。上記受賞作のほかにも、『江戸の恋』など江戸時代を紹介する一般向け啓蒙作が多い。
サントリー美術館企画委員、サントリー芸術財団理事、放送文化基金評議員、大佛次郎賞選考委員、開高健ノンフィクション賞審査委員、サントリー地域文化賞選考委員などを務めてきた。

田中優子の関連サイト

田中優子のおすすめランキングのアイテム一覧

田中優子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『江戸の恋 ―「粋」と「艶気」に生きる (集英社新書)』や『カムイ伝講義』や『江戸の想像力―18世紀のメディアと表徴 (ちくま学芸文庫)』など田中優子の全112作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

江戸の恋 ―「粋」と「艶気」に生きる (集英社新書)

160
3.43
田中優子 2002年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸の男女関係について。へ〜、現代とはずいぶん違うんだな。 もっと読む

カムイ伝講義

132
3.75
田中優子 2008年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸時代は、世界史上まれにみる平和な時代で、地方の村々の自治やら、江戸などでは庶民文化の繁栄を謳歌した時代といわれるようになった。ではあの1970年前後の... もっと読む

江戸の想像力―18世紀のメディアと表徴 (ちくま学芸文庫)

119
3.74
田中優子 1992年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とくに第一章、四章を面白く読んだ。神戸の南蛮美術展で見た、16、17世紀の大名達が好んで収集したという世界地図柄のカラフルな何枚もの屏風、そのバックグラウ... もっと読む

春画のからくり (ちくま文庫)

105
3.21
田中優子 2009年4月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸時代のことなら田中優子に聞けと、いつも吹聴していますが、これは、たとえばキリスト教・聖書のことなら田川建三に、国家論のことなら滝村隆一に、右翼思想とり... もっと読む

グローバリゼーションの中の江戸 (岩波ジュニア新書 〈知の航海〉シリーズ)

100
3.77
田中優子 2012年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大変長い引用になるが、「おわりに」に、著者の想いが十二分に綴られているので、書き写したい。 「おわりに」 私はこの本を、2011年3月11日の東日本大震... もっと読む

日本問答 (岩波新書)

96
3.63
田中優子 2017年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みながら 引っ掛かりながら 調べながら 考えながら しばし、 休息しながら 読み進めていった 知的な好奇心が これでもか と 思われ... もっと読む

地理のおさらい (おとなの楽習)

84
3.15
田中優子 2009年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやー、そういやこんなこと習ったなあ、と思いながらスイスイと進められる本。 特に新たな発見があるわけではないけれど、遠い記憶を呼び起こしてくれるのはなか... もっと読む

江戸百夢 近世図像学の楽しみ (ちくま文庫)

79
3.79
田中優子 2010年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近世の世界各地の図像から、著者の自由な想像力が展開されています。 もっと読む

大江戸生活体験事情 (講談社文庫)

78
3.58
石川英輔 2002年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

知っているようで知らないコピペの知識と 体験を咀嚼して全体観とつなげた意識まで 育て上げた熟した知識の違い まず二人が始めたのは 江戸流の時間と暦... もっと読む

未来のための江戸学 (小学館101新書 52)

77
4.05
田中優子 2009年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸時代を参考に現代との思想、哲学の違いから本質的な考えや物質社会との関わり合い方などある意味生きるヒントを提示してくれる。 また、鎖国と言われながらも... もっと読む

江戸っ子はなぜ宵越しの銭を持たないのか? 落語でひもとくニッポンのしきたり (小学館101新書)

76
3.00
田中優子 2010年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

っぺらいなー。 江戸パンフレットみたいな内容である。いいこと、理想的なことばかり述べているが人間が密集しひしめきあう江戸の暮らしがそれほど快適だったとは... もっと読む

Happy Scrapbooking~スクラップブッキングを楽しむ本

62
3.92
久米英美子 2009年5月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これはすごい。 「スクラップ」といえば、ただノートなどを写真やなんかでコラージュすることだと思っていたが、この本は「ブック」をすでに越えている。 ... もっと読む

江戸を歩く <ヴィジュアル版> (集英社新書)

61
3.66
田中優子 2005年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[ 内容 ] 東京の街を歩いてみると、身近な場所に江戸の名残を発見できる。 千住、浅草、深川、日本橋、神田、本郷、品川…。 「記憶の風景」をもとめ、... もっと読む

樋口一葉「いやだ!」と云ふ (集英社新書)

53
3.41
田中優子 2004年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国文学科の授業を思い出しました。 もっと読む

江戸はネットワーク (平凡社ライブラリー)

42
3.86
田中優子 2008年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

連(サロン)によるネットワークの話でした。 連を現代風に表現するなら、「つまり複数の人間によって「ノリ」が生じると、個々が一人で何かやる場合の数倍の力... もっと読む

大江戸ボランティア事情 (講談社文庫)

42
3.27
石川英輔 1999年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

無い物ねだりで《言葉や名前》ができる 当たり前に存在している環境に名前は付かない 例えばリサイクルやプライベートやチャリティーや 弁護士や保護司や社... もっと読む

張形と江戸女 (ちくま文庫)

41
3.64
田中優子 2013年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「女に性欲はない」「ポルノは女性差別の産物」といった通念をもののみごとにひっくりかえす、痛快にして奥深い研究書だ。 張型は、遅くとも平安時代末期には使わ... もっと読む
全112アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする