田中啓文のおすすめランキング

田中啓文のおすすめランキングのアイテム一覧

田中啓文のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『イルカは笑う (河出文庫)』や『猿猴 (講談社文庫)』や『ミミズからの伝言 (角川ホラー文庫)』など田中啓文の全268作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

イルカは笑う (河出文庫)

117
3.39
田中啓文 2015年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

田中啓文による12の物語が収められた短編集。 ジャンルはSFとホラーが多い。 地球から宇宙船に乗ってやってきた三匹のイルカ。 彼らの目的... もっと読む

猿猴 (講談社文庫)

116
2.91
田中啓文 2012年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

オチは適当になってたり、 猿の惑星で盛り上がってたり ちょいちょい雑だったけど 地底王国やら猿田彦やらムー的な、 あの頃私が夢中になったあれやこれやが い... もっと読む

ミミズからの伝言 (角川ホラー文庫)

111
2.96
田中啓文 2010年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エロ・グロ・汚物のオンパレードの短編集。もうこれは狂った漫☆画太郎先生といった世界観だ。そこにSFや伝記的なテイストも入ったりして飽きさせない。しか... もっと読む

こなもん屋うま子 大阪グルメ総選挙 (実業之日本社文庫)

111
3.26
田中啓文 2014年10月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こなもん屋うま子のB級グルメシリーズ、2作目。 大阪の財政難を救い、東京をもしのぐ大都市によみがえらせたい! 若き大阪市長の櫛田勝男(くしだかつお)は... もっと読む

辛い飴 (永見緋太郎の事件簿) (創元推理文庫)

107
3.76
田中啓文 2010年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミステリーとしての要素だけをみたら物足りないかもしれないが、ジャズと掛け合わせることで面白く感じた。 全体的に心温まる話が多く、読みやすかった。 もっと読む

ハナシはつきぬ! 笑酔亭梅寿謎解噺 5

107
3.85
田中啓文 2011年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上方落語シリーズ第5弾。 これで完結・・?なんだろうか。とりあえず最新作ではある。 本人の気付いていないところで、実は落語の才能もあり情熱もある竜... もっと読む

茶坊主漫遊記 (集英社文庫)

107
3.15
田中啓文 2012年2月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった‼︎ お話とは別に、昔ならいろんなことがあり得ただろうな〜と思うと楽しい。 もっと読む

蝿の王 (角川ホラー文庫)

106
3.19
田中啓文 2008年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

田中啓文の伝奇ホラー長編小説。 イスラエルの遺跡で日本人考古学者が大量の赤子の遺骨を発掘した時、世紀末の扉が開かれたる。 解き放たれた邪悪が日本を襲い... もっと読む

落下する緑 永見緋太郎の事件簿 (創元クライム・クラブ)

102
3.48
田中啓文 2005年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジャズピアノをやっている人にこの本を勧めたら、喜んでくれました。 ジャズってあんまり聴いたことないな、という初心者に、ジャズの雰囲気や楽しさを教えてくれる... もっと読む

道頓堀の大ダコ (鍋奉行犯科帳) (集英社文庫)

98
3.68
田中啓文 2013年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作よりも読みやすく感じた。 食道楽ばかりにスポットが当たる変わり者奉行の印象から一転、頭と舌が冴える腕っぷしの強さが散りばめられていて常に楽しい。 ... もっと読む

シャーロック・ホームズたちの冒険 (創元推理文庫)

97
2.96
田中啓文 2016年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高野秀行さんがTwitterで読んだとつぶやいていて、私も最近ホームズを読み始めたところだし、と買ってみました。 ホームズとルパンの話よりは、私は実在し... もっと読む

禍記 (角川ホラー文庫)

88
3.10
田中啓文 2008年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

田中啓文が描く伝記ホラーだから一筋縄ではないと勘繰る。タブーとされている『禍記』という謎の古書の存在を暴こうとするストーリーを軸に摩訶不思議な話の短編集... もっと読む

辛い飴―永見緋太郎の事件簿 (創元クライム・クラブ)

85
3.45
田中啓文 2008年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

永見緋太郎シリーズ第二作。 如何にもな天才キャラクター。音楽以外のことはまるでトンチンカンな永見だが、それだけに下手な先入観がなく物事を見られるというこ... もっと読む

異形家の食卓

84
3.32
田中啓文 2000年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エログロナンセンスを読みたくなって適当に探したら見つけた本。 どぎつさにクラクラしました。とにかく気持ち悪い。汚物食いにぐちゃぐちゃした粘度が高いグロの... もっと読む

天岩屋戸の研究 (講談社文庫)

75
3.74
田中啓文 2009年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

題材は好きだったのだけれど、文体が合わない、というか、・・・ちょっとふざけ過ぎてない? と思った。 でも、解説を読んだら、それが重要な“ギャグ”だったよう... もっと読む

UMAハンター馬子―完全版〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)

75
3.42
田中啓文 2005年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初の田中啓文作品。ちょっと前から名前だけは見かけていたので、1円本なのに買って読みました。年齢も1つ上なので、ネタにもやたら反応してしまいました。 しか... もっと読む

オニマル 異界犯罪捜査班 結界の密室 (角川ホラー文庫)

74
3.55
田中啓文 2014年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

陰陽師と鬼だから宿命的に意識しあうのか?それともバディを組むうちに情が移ってきただけなのか?そこの所の心情の機微が今ひとつ物足りない。それはジャンル違いと... もっと読む

笑酔亭梅寿謎解噺 5 ハナシはつきぬ! (集英社文庫)

73
3.75
田中啓文 2013年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最後の父親のオチとか、ひどすぎる。なんの伏線もない。母親もわりと引っ張っといてオチもない。 もっと読む
全268アイテム中 21 - 40件を表示

田中啓文に関連する談話室の質問

ツイートする