田中淳夫のおすすめランキング

プロフィール

1959年生まれ。奈良県在住。
静岡大学農学部林学科卒業後、出版社、新聞社等に勤務の後、現在はフリーランスの森林ジャーナリスト。
森林、林業、山村問題などのほか、歴史や民俗をテーマに執筆活動を行う。
著作に 『イノシシと人間――共に生きる』(共著、古今書院)、『森を歩く──森林セラピーへのいざない』(角川SSC新書)、『森林異変──日本の林業に未来はあるか』 『森と日本人の1500年』(以上、平凡社新書)、『日本人が知っておきたい森林の新常識』 『森と近代日本を動かした男 山林王・土倉庄三郎の生涯』(以上、洋泉社)、 『ゴルフ場に自然はあるか?──つくられた「里山」の真実』(電子書籍、ごきげんビジネス出版)、『樹木葬という選択──緑の埋葬で森になる』(築地書館)、『森は怪しいワンダーランド』(新泉社)など多数。

「2018年 『鹿と日本人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中淳夫のおすすめランキングのアイテム一覧

田中淳夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『森林異変-日本の林業に未来はあるか (平凡社新書)』や『割り箸はもったいない?―食卓からみた森林問題 (ちくま新書)』や『森林からのニッポン再生 (平凡社新書)』など田中淳夫の全38作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

森林異変-日本の林業に未来はあるか (平凡社新書)

99
3.90
田中淳夫 2011年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[まとめ] ・外材は国産財より高い。 ・吉野杉というブランドを活用した産地偽装 ・国産木材業界の怠慢が林業不振の理由 ・伐採禁止国の増加による世界的な木材... もっと読む

割り箸はもったいない?―食卓からみた森林問題 (ちくま新書)

89
3.39
田中淳夫 2007年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

副題「食卓からみた森林問題」~割り箸が森林を破壊している,マイ箸で世界の森林を守るなどと大上段に振りかざす声は非常に不快である。それは事実なのかどうか十分... もっと読む

新書751森と日本人の1500年 (平凡社新書)

68
3.82
田中淳夫 2014年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の森林に対する向き合い方についてかなり共感した。 もっと読む

日本人が知っておきたい森林の新常識

65
3.65
田中淳夫 2011年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

例えば、 森林は二酸化炭素を吸収しない。 森林には水源涵養機能はない。 「極相」は究極の安定した状態ではない。 ゴルフ場は自然破壊ではない。 ... もっと読む

銀座ミツバチ物語―美味しい景観づくりのススメ

62
3.89
田中淳夫 2009年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一サラリーマンが銀座のど真ん中で養蜂をはじめて、 蜂蜜がとれるようになった。 そうしたら、あれよあれよと採蜜した「銀座のはちみつ」が、 有名洋菓子店... もっと読む

田舎で起業! (平凡社新書)

47
3.08
田中淳夫 2004年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・田舎起業に必要な5つのコツ  1)地域のことを良く知る  2)何をどう売るかという戦略  3)情報を発信し、顧客の意見を集約する  4)人づきあいの... もっと読む

日本の森はなぜ危機なのか―環境と経済の新林業レポート (平凡社新書)

46
3.56
田中淳夫 2002年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どうして日本の林業が衰退してしまうのか、わかりやすくまとめてあり、勉強になる。 国産資材は高価だと思い込んでたけど、実際はそうじゃなく、システムさえ... もっと読む

森を歩く―森林セラピーへのいざない (角川SSC新書カラー版)

42
3.36
田中淳夫 2009年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ガイドをお願いしたうえで森林セラピーを受けたいと思った。森に入ればば癒されると思っていたが、それ以上の効果があるとのこと実感してみたい。 もっと読む

いま里山が必要な理由

40
3.25
田中淳夫 2011年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東京大学農学生命科学図書館の所蔵情報 https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_details/?reqCo... もっと読む

田舎で暮らす! (平凡社新書)

37
3.11
田中淳夫 2006年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

田舎暮らしの大変さがよくわかる一冊です。単純に田舎を持ち上げるのではなくて、様々なケースに言及しながら田舎暮らしのコツを教えてくれる。やっぱり、何事もそう... もっと読む

森は怪しいワンダーランド

37
3.50
田中淳夫 2016年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

森に関するいろんな エピソード。 日本のことだったり海外だったり。 もっと読む

樹木葬という選択: 緑の埋葬で森になる

30
3.67
田中淳夫 2016年2月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まずは、内容から はじめに 墓をつくって考えたこと 第1章 お墓はいらない、のか? 第2章 日本初の樹木葬墓地はいま 第3章 「緑の埋葬」先進国を... もっと読む

ゴルフ場は自然がいっぱい (ちくま新書)

28
3.80
田中淳夫 2009年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゴルフ好きの私が、府立図書館で偶然見つけて、読み終え、爽やかさが残った一冊でした。 この本の著者はまったくゴルフと縁のなかったフリーの森林ジャーナリスト... もっと読む

里山再生 (新書y)

23
3.11
田中淳夫 2003年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[ 内容 ] 里山崩壊の危機が続いている。 その打開策はあるのか? そもそも里山は純然たる自然ではなく、人が手を加えながら維持してきたシステムなのだ... もっと読む

鹿と日本人―野生との共生1000年の知恵

23
3.20
田中淳夫 2018年7月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルは大きいが、本書では主に、「奈良のシカ(本書中ではナラシカと呼ぶ)」について述べている。だがこれが「ナラシカと奈良市民」に留まる話か、といえば、後... もっと読む

だれが日本の「森」を殺すのか

22
3.20
田中淳夫 2005年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の山には、出荷を待つばかりの木材がたくさん成長しているのだが、林業不振のため山野は荒廃し、維持が出来なくなりつつある。木材価格は国産材が輸入材よりも安... もっと読む

「森を守れ」が森を殺す!

17
3.40
田中淳夫 1996年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

成長段階にある森は酸素を作っているといえるが、定常状態にある森は酸素を作らない。このことがわからない人にはお薦め。 もっと読む

「森を守れ」が森を殺す (新潮OH!文庫)

16
3.14
田中淳夫 2000年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

森林は酸素の供給源でない 保水力ではなく保土力.森林は水分蒸発度が平地よりも大きい. もっと読む

伐って燃やせば「森は守れる」

15
3.50
田中淳夫 1999年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原生林のように伸びる樹と腐る樹が安定的にバランスしている生態系では、光合成によってCO2を吸収すると同時に枯れて腐る樹が放出するCO2はトータルゼロになる... もっと読む
全38アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする