田村義進のおすすめランキング

田村義進のおすすめランキングのアイテム一覧

田村義進のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『書くことについて (小学館文庫)』や『ゴルフ場殺人事件(クリスティー文庫)』や『復讐はお好き? (文春文庫)』など田村義進の全158作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

書くことについて (小学館文庫)

1350
4.11

感想・レビュー

巨匠スティーブン・キングによる小説のお作法について書かれた本。 前半はキングの自伝、中盤以降から文章の書き方などに言及しているが、いまいち頭に入ってこな... もっと読む

ゴルフ場殺人事件(クリスティー文庫)

419
3.79

感想・レビュー

ポアロ二作目。 南米の富豪ルノーが、滞在中のフランスで惨殺された。事件発生前にルノーから"早急に来て欲しい"という手紙を受け取っていたポアロは、事件の真相... もっと読む

復讐はお好き? (文春文庫)

324
3.48

感想・レビュー

日本人にも面白さが分かる翻訳小説と言うんでしょうか?? 痛快なコメディ♪ 海外作品の「んん??」ってなるような会話のキャッチボールが凄く邦作に近くて読みや... もっと読む

探偵になりたい (ハヤカワ・ミステリ文庫)

190
3.36
パーネル・ホール 1989年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

探偵と言ってもしがない保険屋探偵の元に妙な依頼が舞い込んで・・。とにかく面白い。ダメダメ探偵の奮闘。 もっと読む

カルカッタの殺人 (ハヤカワ・ミステリ 1945)

152
3.71

感想・レビュー

とても好みの作品。 時は1919年。英国統治下のインド。 そこで起きた英国人政府高官殺人事件。 単なる行きずりの殺人事件ではない、複雑に絡み合い息を... もっと読む

アメリカン・タブロイド 下 (文春文庫)

141
3.92

感想・レビュー

1995年発表、「アンダーワールドUSA」三部作の第一弾。アメリカ現代史の闇をエルロイ独自の史観と切り口で描いた野心作だが、拡げた大風呂敷の上に混沌の種子... もっと読む

アンダーワールドUSA 上

135
3.81

感想・レビュー

<上・下二巻併せての評です> 現金輸送車襲撃事件から始まる。中に入っていたのは大量の現金とエメラルド。犯人の一人が裏切り、仲間の顔を焼いて身元を不明... もっと読む

メソポタミヤの殺人〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 12)

125
3.79

感想・レビュー

新訳版でないもの読む。間取り図を見て犯人とトリックを思い出してしまったが、それでも人間模様が面白く読んでしまう。犯人知ってる上で読むと人物描写の凄みを感じ... もっと読む

ハリウッド・ノクターン (文春文庫)

112
3.33

感想・レビュー

 なんか立派な雑誌に掲載されたみたいだけど、内容はあくまで擬古的な 読み捨て前提の三文小説、パルプフィクション( ´ ▽ ` )ノ  面白いんだけど、読... もっと読む

ヤング・シャーロック・ホームズ 1 死の煙

112
3.15

感想・レビュー

シャーロックがまだ何も知らない頃のお話。子供のシャーロックは、家庭教師としてやってきた男に様々な知識を教えてもらう。 大人のシャーロック・ホームズが「知ら... もっと読む

流れは、いつか海へと (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

110
3.46

感想・レビュー

今のこの国のように、役人や警察が民衆のために働くのでなく、自分たちの利権を守るために働くのが当たり前になってくると、頭の切れる警官なら自分が正規のルールに... もっと読む

窓際のスパイ (ハヤカワ文庫NV)

107
3.35
ミック・ヘロン 2014年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

派手さはないストーリーだが、皮肉とウィットに富んだ文で読み手を引きつける。 もっと読む

アンダーワールドUSA 下

103
3.94

感想・レビュー

<上・下二巻併せての評です> 現金輸送車襲撃事件から始まる。中に入っていたのは大量の現金とエメラルド。犯人の一人が裏切り、仲間の顔を焼いて身元を不明... もっと読む

アメリカン・デス・トリップ 下 (文春文庫 エ 4-14)

102
3.97

感想・レビュー

黒人、ロバート・ケネディ、そして女。エルロイが自らの経験を歴史へと昇華させた傑作。解説であるとおり、暗黒のLA四部作で培われたソリッドな文体や上質な群像劇... もっと読む

獣どもの街 (文春文庫)

100
3.65

感想・レビュー

素晴らしきかな、新世界。 もっと読む

ロックンロール・ウイドー (文春文庫)

91
3.38

感想・レビュー

8冊入手して切り崩すように 読んでいるカール・ハイアセンの本 6冊目 2002年の作品 この人の作品は「ダラダラ読んで楽しむ」と決めている。 あるロック... もっと読む

The 500 (ザ・ファイヴ・ハンドレッド) 〔ハヤカワ・ミステリ1861〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

90
3.48

感想・レビュー

貧乏学生のマイクはある日、ロビイスト・グループの総帥ヘンリー・デイヴィスから事務所で働かないかと誘われる。高待遇で迎えられたマイクが直面したのは、中央政界... もっと読む

迷惑なんだけど? (文春文庫)

89
3.59

感想・レビュー

8冊入手して読んでいる カール・ハイアセンの本 7冊目 主人公はシングルマザーのハニー 夕食時にかかってきたセールスの電話に 息子との大切な時間を邪魔さ... もっと読む
全158アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×